※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基礎能力値

HP:78 攻撃:84 防御:78 特攻:109 特防:85 素早さ:100
タイプ:炎、飛行  特性:猛火
  • 特攻のほうが高いですが、物理でもいけるレベルです。但し、どちらかに絞って育てましょう。

性格

意地っ張り、控えめ、臆病

個性

<攻撃を上げる>
  • 暴れるのが好き
  • ケンカをするのが好き
  • 力自慢
  • 血の気が多い
  • ちょっと怒りっぽい

<特攻を上げる>
  • イタズラが好き
  • 考え事が多い
  • 好奇心が強い
  • とても几帳面
  • 抜け目がない

<素早さを上げる>
  • おっちょこちょい
  • かけっこが好き
  • 少しお調子者
  • 逃げるのが早い
  • 物音に敏感

持ち物

拘りメガネ、白いハーブ、気合の襷、ヤタピの実、カムラの実、広角レンズ など


火炎放射 (炎 威力95 命中100 PP15 単体)
タイプ一致、特殊主体のメイン技。

大文字 (炎 威力120 命中85 PP5 単体)
威力はありますが命中はやや低めです。
PPも少ないので広角レンズでカバーするなどしましょう。

オーバーヒート (炎 威力140 命中90 PP5 単体)
白いハーブを持たせれば能力変化の対処は出来ます。
が、PPと命中・道具の効果の問題などが残るため連発出来ないので、大技を入れるのであれば大文字のほうをオススメします。

エアスラッシュ (飛行 威力75 命中95 PP20 単体)
タイプ一致、特殊のメイン技として使えます。

気合玉 (格闘 威力120 命中70 PP5 単体)
カビゴンなどを相手にするときに役立ちますが、広角レンズと合わせて使ったほうが無難。

りゅうの波動 (ドラゴン 威力90 命中100 PP10 単体)
特攻が高いのでドラゴンタイプ相手には最適。
特殊のフルアタとして育てるならサブメインとして入れておくのがベスト。

ソーラービーム (草 威力120 命中100 PP10 単体)
弱点克服に使えますが、防御面の問題でターンを無駄にする余裕はないはずです。
となると『パワフルハーブ』を持たせる必要がありますが、この技にしか効果を発揮しないのでよく考えてから覚えさせましょう。

炎のパンチ (炎 威力75 命中100 PP15 単体)
タイプ一致で安定して使えます。物理主体のメイン技。

フレアドライブ (炎 威力120 命中100 PP15 単体)
反動がありますが、気にならないのであれば物理のメイン技にはコチラ。

ツバメ返し (飛行 威力60 PP20 単体)
タイプ一致、物理飛行タイプのメイン技として使えます。
ただ、威力が低いので、それが気になる方は『そろをとぶ』でも十分です。

シャドークロー (ゴースト 威力70 命中100 PP15 単体)
物理のフルアタとして育てるなら入れておけばさらにカバー出来る範囲が広がります。

ドラゴンクロー (タイプ 威力80 命中100 PP15 単体)
こちらもサブメイン向きです。
シャドークローに比べると威力が高いので、どちらか1つに絞るのであればコチラ。

剣の舞 (ノーマル PP30 自分)
物理主体でいくのであれば入れておいたほうが得。

りゅうの舞 (ドラゴン PP20 自分)
攻撃と素早さを1段階ずつアップ。
気合の襷を持たせておいて猛火を発動させた状態で炎のパンチというのも強力です。

身代わり (ノーマル PP10 自分)
木の実を持たせておけばその効果を発動させることも出来る。
但し、弱点をつかれると防御面は脆いので注意!



バトルでの型、役割

特殊フルアタ (火炎放射+りゅうの波動+エアスラッシュ+気合玉 or めざめるパワー(草))
  • 性格:控えめ or 臆病  持ち物:食べ残し or ヤタピの実
攻特殊主体で責めまくる。気合玉なら6タイプ、めざパ(草)なら8タイプに対応出来る。
アタッカーにするなら『火炎放射』『エアスラッシュ』を残して補助技×2を入れる。

物理フルアタ (炎のパンチ+シャドークロー+ドラゴンクロー+ツバメ返し)
  • 性格:意地っ張り  持ち物:食べ残し or チイラの実
物理主体で責めまくる。6タイプに対応出来る。
アタッカーにするなら『炎のパンチ』『ドラゴンクロー or ツバメ返し』を残して補助技×2を入れる。

りゅうの舞型 (炎のパンチ+りゅうの舞+ドラゴンクロー+ツバメ返し)
  • 性格:意地っ張り or 陽気 持ち物:カムラの実 or チイラの実 or 気合の襷
道具、技共に能力のアップが目的。
気合の襷とコンボにすれば猛火発動で炎のパンチで攻撃出来る。
但し、この場合は素早さを伸ばしておいたほうが良い。