|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

pmoky語辞書


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

用語
意味
まちがえずに使いましょう

プログラミング全般


「オブジェクト指向言語」
「俺って凄い言葉知っているでしょう」
もちろん、pmokyのスクリプトはオブジェクト指向ではありません。
「メソッド」
「手続」の事
主体が無いからメソッドでもなく、
帰り値がないため、関数ですらない。
しかも、定義できるのはC#でだけ。
「マクロ」
「文法」
もちろん、pmokyのスクリプトにはマクロを定義する機能なんてありません。
「手続き型プログラミング」
「構造化ブログラミング」
どうも区別が付いていない?
ひょっとして手続き型以外の言語をさわった事ないのか?

「物語処理系」
「サウンドノベルゲーム用スクリプト言語」
もちろん、物語を処理する機能なんてありません。
「フルスクラッチで文法を定義」
「関数は引数を受け取れる」
「通常の物語じゃない物語」
「変数をいっぱい使った物語」
「静的エラーチェック」
「ユーザーが書いたエーラーチェックコードを実行」

それ以外


「他の処理系にはない斬新な機能」
「俺は他のプログラミング言語なんて知りません」
「既存言語にはない概念」
「俺は他のプログラミング言語なんて知りません」
「ちょっとした解釈のゆらぎ」
(pmokyの発言の)「矛盾」
「10年間未発達」
「俺は人の研究成果なんて調べない」
「攻撃」
「pmokyのまちがいを指摘」
「ニ対一でも楽勝だな。」
「貴方達は俺を論破しました。」
「黙認」
「権利者が黙認していると考える十分な根拠があるからだ。うp即削除されないというのがその根拠だ。」