想う二人

このページを編集する    
「想う二人」


ーーーこなたの想い

夜、家でめずらしく宿題を進めているとき、ふと今日のことを思い出した。
からかったり、くっついたりすると、自分の期待通りの反応をしてくれるかがみ。

いつものように楽しく話すかがみ。
私の話題についていけず、呆れ顔のかがみ。
だらしない自分を叱ってくれるかがみ。
顔を赤らめる照れ屋さんのかがみ。
時々、すごく優しい顔を見せてくれるかがみ。
私にだけ見せてくれるツンデレのかがみ。


「…くふふ、 かがみん…」
私の顔が自然にほころぶ。

「おねえちゃん…なんだかとっても嬉しそうだね」
ゆーちゃんが尋ねてきた。
「うん~、かがみってば、クールなフリしてるのに、私の言うことにいちいち反応してくれて萌えるんだよねぇ~。ホント可愛いよかがみんは♪」
「あはは、そうなんだ~」


明日はどうやって、からかってやろうかな?
かがみは、明日どんな顔を私に見せてくれるのかな?
それを考えると、わくわくしてくるし、あったかい気持ちになる。


「宿題、もーいーや!明日、かがみに見せてもらおーっと!」
私はいろんな期待を浮かべてにやにやしながら、布団に寝込んだ。

ーーーかがみの想い

宿題を終えて、一息ついた頃。
寝る前に、ラノベを読むのが私の日課。

ベッドの上で枕を抱きながら、今日の事を思い出す。

私の頭の中に浮かぶのは、いつものようにおどけるこなたと、それに対してツッコんでいる自分。


私がいくら注意しても聞かないこなた。
私が分からないアニメの話を楽しそうに話すこなた。
調子に乗り過ぎて、私に怒られるこなた。
いっつも私をからかってくるこなた。
帰り道、私といろんな話をして盛り上がるこなた。
小さい体で、せわしく動く可愛らしい姿のこなた。
私に甘えてくるこなた。


「こなた…ちゃんと宿題やったのかしら?」


「お姉ちゃん?」
「わあっ!! …あ、なんだ…  …つかさか」
「どうしたの?」
「え…?なんでもないわよ」
「こなちゃんのことずっと呼んでたから電話してたのかと思って」
「…違うわよ。別にいっつもあいつと電話してるわけじゃないのよ」
「そうなんだ…お姉ちゃん楽しそうだったから…」
「…そ、そんなわけないでしょ!いっつもこなたに振り回されてばかりで大変なんだから!」



「別に私は…あいつのことなんて…     …友達だけど」

「…」
また、ぼーっとしてしまう。頭の中が熱くなって落ち着かない。

「あ~!今日はもう寝よっと!」
ラノベを読むのはやめにして、布団をかぶる。

「もぅ…明日は宿題忘れてくるんじゃないわよ… …こなた…」
私は枕に顔を埋めた。

コメントフォーム

名前:
コメント:
  • このくらいの距離感が一番好きです。GJ! -- 名無しさん (2008-10-02 09:17:57)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。