同じ結論と同じ喜びと、同じ結論

このページを編集する    
最近、私は悩んでばかりいる。考えれば考えるほど、結論が出てこない。
私はどうすればいいのだろう…どうしてもわからない…

私は恋をしている。多分最初で最後の恋だろう。あの人がいれば、私は幸せだ。あの人の全てをこの手に出来るなら、私はどんな犠牲を払っても悔やむことなどない。あの人が欲しい…私だけのものにしたい…あの人だけのものになりたい…
でも、この思いは決してかなわないだろう…
私の想い人…それは親友…それも同じ女性だ…

彼女と知り合えて、私は変われた。彼女と知り合えなければ、きっとこの高校時代はなんの価値も無かったと言い切れる。
私達は、もうすぐ卒業する。そうなればきっとこの関係も終わってしまうだろう。
彼女との縁が薄れてしまう…そんなのは嫌だ…一生一緒にいたい…ずっと私の一番大切な存在でいてほしい…

この気持ちを伝えるのは簡単だ。ただ一言「好き」と伝えればいい。
でも、そこで私達の関係は終わってしまうだろう。
当たり前だ。同性からの…しかも親友からの、告白。きっと気持ち悪く思われてしまうだろう。きっと縁を切られてしまうだろう。今の親友としての幸せを失ってしまうことになるだろう。

仮に私の想いを受け入れて貰えても、世間の目がある。
好奇…侮蔑…批判…そんな冷たい目に私も彼女も耐えられるだろうか?
親も友人も味方になってくれるとは限らない…むしろ、積極的に反対することだろう。
大好きな彼女に辛い想いをさせたくない。世界で一番大切な彼女には、世界で一番幸せになってほしい。

なんだ…結局私が諦めるしかないのか…私の気持ちは私にしかわからない…私が一人で泣けばいいだけなんだ…この恋を捨てて、親友として付き合おう…

何度もそう心に決めた…この恋は今日で終わりだと。
でも、朝になり彼女に会うとその気持ちは簡単に変わってしまう。
彼女と話すだけで、彼女の笑顔を見るだけで、心が躍る。心が弾んでしまう。
そしてまた、同じ悩みで夜を過ごしてしまうのだろう。
誰か…誰か私に教えてください。私はどうすればいいのですか…。私はどうすれば幸せになれるのでしょうか…。



コメントフォーム

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。