らき☆すた OVA こなかがEdition ~そのソロ狩りの裏側で~

このページを編集する    
らき☆すた OVA こなかがEdition ~そのソロ狩りの裏側で~


TUKASA:家族で温泉に行くんです。だから、ゴールデンウィークはほとんどいないと思います。

つかさのメッセージがPTチャットに表示された。
そう、私たち柊家は明日から温泉旅行に行く予定だ。

KONAKONA:あー、私もゆーちゃんつれて出かける予定。
KONAKONA:混んでなきゃいいけどねー

こなたのメッセージが表示された。
そう、こなたたちもGWは出かける。
でも、私にとってその話は初耳でもなんでも、なく1ヶ月前から聞いていたことだった。


KAGAMI:それじゃあ、明日は楽しみにしてるわ。

私はチャットにメッセージを打ち込んむ。
これは個人チャット用。つかさたちのメッセージが表示されているPTチャット画面には表示されない。
画面を切り替えて個人チャットの表示を確認する。

「よし、表示されてる。」

「個人チャットとPTチャットをいっぺんに使うときは、誤爆に気をつけないと駄目だよ。
大変な事になるからね。」
なんてこなたが言っていた事を思い出す。
確かに、これが先生達に聞かれたらまずいよな~。

さて、今日はもうお終い。
こなたたちにお別れのメッセージを打ち込み、ゲームを終了させパソコンの電源を切る。

ああ、本当に明日が待ち遠しい。


今は午後5時。つかさたちも宿に到着し、のんびり温泉にでも浸かっている頃だろう。
でも、私は一人自分の家の居間にいる。

「もうそろそろかな?」

そう思いながら、時計をもう30分以上見つめ続けている。
時間の進みの遅さに苛立ちを感じ始めた頃、ようやく幸せの音が携帯から流れ始めた。

こなただ。

「やふー、かがみん。ようやくついたから開けてよ。」
「すぐ行くから、ちょっと待ってて。」

自分の部屋ではなく、1階の居間にいた為すぐに玄関にたどり着く。
そしてドアを開けると、そこには待ちに待ったこなたが立っていた。
その横にはお泊り用の荷物を置いて。

「お待たせ、かがみ!はい、これお土産。クッキーだよ。」
「おお、いいね。後で一緒に食べよう。さあ、中に入って。夕食も作ってあるわ。」
「かがみが作ったのか…味とか大丈夫?毒見とかした?」
「あんたはそんなに私を料理下手なキャラにしたいのか?
大丈夫よ、今回は本当に自信作だから。」

うん、本当に自信作。つかさにだってきっと負けない。

「そっか。なら大丈夫だね。期待してるよ!」

こなたの笑顔に、私も笑顔でこたえた。

「つかさとかにバレなかった?」

料理を食べながら、こなたがそう聞いてきた。

「大丈夫よ、うまくいったわ。現に誰もいないでしょう。」
「それもそうだね!私の方もうまくいったから大丈夫だよ。」

話は一ヶ月前に遡る。
私がこなたに温泉旅行の話をすると、こなたが

「それじゃあさ、かがみがわざと居残れば、私たちかがみの家で二人っきりだね。」

と言い出したのが、そもそも始まり。
さすがにそれは…とも思ったのだが、こなたが
「そうすれば少し早い新婚生活を堪能できるね。」
なんて顔を赤らめて言うものだから…

それで、この計画、この結果。

私は頭が痛いと仮病を使って自分の家に残り、こなたは私の家に泊まるといってやってくる。

家族を騙すのはかなり気が引けたが、この『ふたりっきり』『新婚生活』という超魅力的な提案に、
私の常識、それに理性はどうしても打ち勝つことが出来なかった。
それに今の私は、家族の思い出よりも、こなたとの二人きりの思い出が欲しかったのも事実だ。

ちなみに、こなたが来るのが遅かったのは、昼はゆたかちゃんと遊びに出かけていたから。
そう、こなたの外出は一日だけだったのだ。
どうやら先生は勘違いしてたみたいだけど。

チャットでその事を話したら、

「別につかさと違って、GW中ずっとだなんて言ってないじゃん。先生が勘違いしただけだよ。」

という返事が返ってきた。
まあ、それもそうよね。

「はい、かがみ。あ~ん」
こなたはそういって、箸を私の口の前に差し出した。

「ええっ!ちょっと恥ずかしいわよ!」
「いいじゃん、誰もいないんだし。それに新婚生活だよ!」
「…それもそうね。」

そう、今日はだれもいない。だから思う存分イチャイチャしていいのだ。

「そうだよ。はい、あ~ん」
「あ~ん。」

私はこなたが差し出した料理を食べる。自分が作った料理ながらおいしいわ。
さて、それではこっちもお返ししなければ。

「それじゃあ、こなたも。あ~ん」

こなたがやったのと同じように、私もこなたに料理を料理を差し出す。

「あ~ん。」

そして、こなたも私と同じように差し出した料理を食べる。

「おいしい?」
「うん、かがみの作った料理なら何でもおいしいけど、今日のは特においしいよ!」

なんて、とびきりの笑顔で答えてくれるもんから、こちらの顔もついにやけてしまう。

…ああ、柊かがみ。今とても幸せです。

しかも今日一日の幸せじゃないんだ。
そう、黄金の週間はまだ始まったばかりなんだから。






コメントフォーム

名前:
コメント:
  • 新婚生活っぽいこなかがはすごく良いです!! -- 名無しさん (2010-07-24 23:23:06)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。