らき☆すた OVA こなかがEdition ~それぞれの感情~

このページを編集する    
らき☆すた OVA こなかがEdition ~それぞれの感情~



「…あんたは平和そうでいいわね。つかさは携帯落とすし、
こなたは時間過ぎてるのに、相変わらず連絡も来ないし。」

そうやって犬に語りかけている私こと、柊かがみは怒っている。

つかさが携帯を落としたから?違う。

犬がのんきそうに寝そべっているから?もちろん違う。

怒っている理由はただ一つ。誰でもない、私の恋人、泉こなたのせいだ。

みゆきの家に遊びに行こうと約束をしたのに、約束の時間にやってこない。
しかも約束してきたのは、あいつから。
なにが「みんなで集まって一緒に行こうよ!」だ。

けど、遅れるのいい。それはいつもの事だし許しもしよう。

私が怒っているのは後者のほうだ。
恋人である私には電話どころか、メールすら送ってこないとはどういうことか?
恋人を待たせているのだから、連絡くらいするだろう普通!
…そりゃあ、両思いになったのはついこの前だから、
ここら辺の感覚は友達感覚なのかもしれないけど…
けど、やっぱり不満よ!

「ああっ、もう!」

そんなことを思いながら、携帯を探しにいったつかさを追いかける。
とりあえず、こなたより目先のつかさの携帯探しだ。


…はやくこなた来ないかな。



「いいえ、わたしは、さそり座の女~」

私こと、泉こなたは上機嫌だ。
何しろ私の手には二つのアクセサリーがある。
路上販売で売っていたものを購入したものだが、非常に気に入っている。
値段が手ごろだったし、何しろデザインがいい。
アクセサリーなどまったく興味がないが、このアクセサリーだけはどこか惹かれた。
きっとこのアクセサリーが、私ではなくかがみに似合うと思ったからだ。
そう、この二つのアクセサリー。一つが私の分で、もうひとつはかがみの分だ。

私たちが両思いになったのはついこの前のことだから、当然と言えば当然なのだけど、
私はかがみにプレゼントなんかをあげたことがない。

いや、友達としてなら何度かあげたことはあるけど。
なんというか、友達のプレゼントと、恋人のプレゼントは違うような気がする。
だからこのアクセサリーを見たとき、チャンスだと思った。

そんなこともあって、さっそくそのアクセサリーを購入した訳なんだけど、
そのせいでかがみたちとの約束の時間に遅れてしまった。

まあ、つかさから「先に行く」っていうメールが届いてたから、
いまこうして一人でみゆきさんの家に向かっているのだけど。

ああ、かがみはこれ見たらなんていうかな?
恋人からの始めてのプレゼントで、しかもペアルックだよ。
きっとすごいデレが見られるよね~。

想像するだけで顔がにやける。

オラ、わくわくしてきたぞ~
なんてね。

うん、足取り軽く、スキップなんてしちゃおうか。

みゆきさんの家まであと少しだ。


ああ、はやくかがみに会いたいね。





コメントフォーム

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。