転校生

このページを編集する    
「今日転校生くるらしいぜ、ちびっこ」

「ふーん…」

みさきちが私に話しかける。
今はまだ朝のHRが始まる前。

「しかもな、なんと双子なんだと。双子なんて見たことねーから今からワクワクしてるんだ~」

「そうなんだ」

「なんだよ、全然興味なさそーじゃん。またネトゲーか?」

あったりー♪眠くて仕方ない。
昨日は先生と一緒に頑張っちゃったからね~。

今は6月、梅雨の時期。
雨が降っている日は少し憂鬱かな?

「その転校生は双子揃ってうちのクラスに入るの?」

「それはねーんじゃね?やっぱりわけるもんなんじゃねーかな」

どんな人か気にならないなんて言えば嘘だ。
でもぶっちゃけ、どっちでもいいかな…。

つくづく冷めた人間なんだよね、私。
ゲームとか自分が好きなことには熱いトコあるかもしれないけど。

みさきちと私が喋っていると、担任の黒井先生が入ってきた。

「おーす、みんな席付きな~」

みさきちは自分の席に戻っていった。

「えー、今日はみんなに大事なお知らせがある。知ってる人おるやろうけど、今日からクラスメートが1人増えることになったんや」

クラスがざわつく。

「先生、女の子ですかー?」

白石が先生に聞く。
転校生が女の子、そんで美少女ならお約束だねぇ。

「女の子や」

なんと。これ何フラグ?

「そいじゃ、入ってきな~」

ドアが開く。入ってきたのは…

ツインテールの女の子だった。

しかも、…美少女だった。

これなんてギャルゲ?

若干つり上がった目、整った顔立ち。
淡く桃色で、天使の足跡のような唇。
艶やかで天使の輪がある、長い髪。

――見とれてしまった。

…って、私。なに女の子に見とれてるんだ?全く。

だがその美少女の発した声は、当然かのように輝く。
教会の鐘の音のような神聖さを帯びた彼女の音色は、教室を優しく羽ばたいた。

「柊かがみと言います…親の都合で引っ越してきました。よろしくおねがいします…」

クラスが一瞬、静まり返る。
だれかが拍手したのをキッカケにクラスの人たちは拍手喝采。
よろしくー、なんてちらほら言ったりしてて。

しっかし、美人だ。
頭も良さそうな雰囲気。
天は2物を与えるんだね…なんてね。



HRが終わると直ぐに人だかりができた。
勿論中心は転校生、柊かがみさんだ。

「どっから来たの?」

「出身中学は?」

柊さんは質問責めにあっていた。
男子なんか目の色変えて聞く。自重しなよー。

彼女の席は窓際で後ろ。
私は廊下側、つまり柊さんから離れたところだ。

隣のクラスには彼女の妹、つかささんが転入したみたい。

私はみさきちとまた話していた。
今はあやのとも一緒。

「ちょっとあれかわいそーじゃね?」

人だかりの中、嬉しいけどちょっと困った表情の柊さん。

「確かにね~。あやの、委員長として守ってやれば?」

「そうしようかな?」

柊さんは正直困っているだろう。

「じゃ私、柊さんのとこ行ってみるね」

あやのが救助に入ろうとした。
私はとっさに言った。

「私もいくよ」

2人は意外そうな顔をした。

「めずらしーじゃんかよ、ちびっこ。自分からアクション起こすなんて」

確かに。
私から何かをすることなんて滅多にない。

「いやね…なんとなくかな」


人だかりの輪の中に入る。
あやのは言う。

「ほらほらー、柊さん困ってるよー?順番に、ね?」

柊さんはこちらを見て、助かったよって目で伝えてきた気がした。

…やばい。凄く、綺麗。



お昼になった。
1人で食べようとしていた柊さんを私たち3人は誘った。

実は発起人は私。

「本当にどうしたんだよ、ちびっこ!?熱でもあるんじゃねーの?」

みさきちに言われた。

「まあまあ、みさちゃん。1人の柊さん仲間に入れるのは良いことなんだし、ね?」

「まあなー。しっかしどうしたんだよー」

正直、自分でも驚いてる。
なんで誘おうとしたのかな。

4人で囲う机。

「朝は本当にありがとう。助かったよ」

柊さんはお礼を言った。
みさきちが開口。

「気にしないでいーんだよ。あやのは委員長なんだし、なー」

私も口を開く。

「困った時はお互い様だよ、柊さん」

お昼を喋りながら食べる。なんの変哲もない、いつもの光景。ちょっと違うのは、柊さんがいることだけで。

なぜだか私の心はワクワクしていた。
新しい友達ができてからかな。
だから私は柊さんに近づいたのかな。

チョココロネを食べる私を見て、何か言いたげな柊さん。

「なに、どうしたの?」

「いや…それだけで足りるのかな~って」

「私は小食だからね。あんまり食べないんだよ。柊さんは大食い?」

「いやいやいや、違うよ?そんなに食べないからね」

苦笑い気味。
柊さんは本当に美人だ。
私はこんなに綺麗な人を知らない。
多分今頃、男子たちは大変な騒ぎだろう。現にこっち見てる人、結構いる。

「てゆーか、自己紹介まだだったよなー」

みさきちが突然言う。確かに。

「私、みさお。日下部みさお。よろしくなー」

じゃ私たちからも言わなきゃね。
あやのがこっちを見る。先言っていいよ。

「私は峰岸あやの。よろしくね」

最後に私。

「私は泉こなた。よろしく♪」

柊さんは嬉しげな表情を浮かべて言った。

「みんな、よろしく。私、来ていきなりこんなに沢山友達できて本当に嬉しいよ」

柔和な笑み。
シロツメグサのような儚さと、向日葵のような力強さ。そしてなにより、桜が咲くような美しさ。

「泉さん」

「え!?な、何!?」

柊さんに突然私は呼ばれた。
私はまたも見とれていたらしい。

「珍しい名前だね。こなた、って名前。かわいいね♪」

かわいいね。言われた言葉が脳内で山びこ現象のように響く。
かわいいね。かわいいね。かわいいね…

ドキッとした。
天使のような微笑みが、私の心の扉を叩いた。

「いやいやいや、かわいい名前じゃないよ~!」

「そうかなー。わたしは良いなって思うよ」

「いやー。でもありがとう、柊さん。柊さんみたいな美人さんにそう言われると照れちゃうなぁ」

「確かにべっぴんさんだよな、柊さん。」

みさきちが同意した。

柊さんは、

「そんなことないって。私、美人じゃないよ…」

といって手をふる。顔が赤らむ。

やばい。滅茶苦茶、可愛らしい。



本日の学校生活は終わりを告げた。
みさきちは部活で、あやのは委員会。

「一緒に帰る?柊さん」

誘ってみた。一緒に帰りたかった。

「うん。帰ろう♪」

初日からこんなに仲良くなれるのは稀なんじゃないのかな。

帰りは柊さんの妹さんとも一緒に帰った。
こっちはこっちで凄く可愛い。子犬のようだ。ゆーちゃんと近いかわいらしさ。

「お姉ちゃん凄いな~、もうお友達できたんだ~」

「うん…まあね。困ってた私を助けてくれたんだ」

「いやいや、助けるなんてもんじゃ…」

私は言った。

「ううん。すっごく助かったよ。ありがとう、泉さん」

いやだね。私、照れてる。デレデレ。
だって、こんな美人なんだよ?
ならない方がおかしい。

「いやぁ、照れちゃうからやめてよ、柊さん…」

言って気づく。

「どっちも柊さんだね」

「そうだね。区別つけづらいなら名前で呼んでね。不便だよね」

柊さんは言った。
私は言ってみた。

「じゃ、かがみさんとつかささん?」

そうしたら柊さんとつかささんが口を開いた。

「呼び捨てでいいよ~♪さん、なんていいよ」

「私も呼び捨てでいいからね。泉さん」

「じゃ、つかさと…かがみ?」

2人が頷いた。

1つ、提案が残った。
私は言った。

「私も名前で呼んでよ。こっちだけ呼び捨てなんて気が引けちゃうよ~」

すると柊さん…いや、かがみは言った。

「じゃ、私も…こなた、って呼ぶね。こなた」

…こうして、私たちは名前で呼び会うようになった。



私は2人と別れて1人になった。

1人の帰路。ものすごく、寂しく感じた。
いつも、1人なのに。

今日の私はなんだか私じゃないみたいだ。

社交性だって今までなかったのに。
なのになんで初対面の人にここまで積極的になれたんだろう?

転校生だって全然興味なかったし、外ばかり眺めていた。

変だね、私。
どうしちゃったんだろ…。

私はまだ、知らない。

――今の自分の、気持ちを。


コメントフォーム

名前:
コメント:
  • こうゆうのって…、どうして夜中に読みたくなるんだろ…不思議。とにかく続編を期待しています。 -- 名無しさん (2009-05-18 10:19:27)
  • 続編待ってます! -- 名無しさん (2009-02-25 15:04:23)
  • いつでも餌を待つ犬の如く
    『待て』の状態で待ってます -- 無垢無垢 (2009-01-12 00:57:07)
  • 続き待ってます! -- 名無しさん (2008-12-20 02:55:47)
  • これは続編を激しく期待しなければなるまい…
    早速、夜な夜な枕元に向かわねば…(ニヤリ -- にゃあ (2008-12-02 04:11:28)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。