夢と幻を越えて

このページを編集する    
あの子は一人ぼっちだった。

まるで他人を受け入れないかのような様相をしていて。
まるで一人でいる事が当然かのような振る舞いをする。

眼は、冷たく。
まるで他者の全てを拒絶するかのような目をして‥。

――どうして、そんなに悲しそうな眼をしてるの‥?


私には、
なんだかそれがとても寂しそうなものに見えたんだ.....




…『夢と幻を越えて』…





静かな静寂‥。

家族の寝静まった夜に、こっそりと明かりが灯る。

立ち込める甘い匂い。錯乱するボウルやら泡立て器。
深夜の台所で一人、慣れない事を始める。

私には、妹みたいな器用さはない。
同じように作っているのに同じように出来やしない。
上手くいかない型取り。上手く冷えない固まり方。
ようやく綺麗に仕上がったと思っても、口に入れてみると味がイマイチだったり。

‥私はどうしてこんなに不器用なんだろう?
この手も、この心も…素直になれないでいる。
自分の気持ちを正直に渡せないから、妹のチョコレートに便乗して。
…妹が作ってたから、私も作っただけという言い訳を用意して…‥

何度目か解らない冷やしてる間の時の間。
型取った物が冷蔵庫の中で固まるのを静かに待つ。

時計の針が、カチ、カチ、と規則的なリズムを作り、静寂の中に響き渡る‥‥
全てが暗く寝静まった台所で一人、椅子に座りながら物思いに深く耽る。


――『ねぇ、かがみ。ずっと一緒にいてくれる‥?』


あの言葉には、どれくらいの意味があったのだろう?
こなた、大丈夫だよ‥。私は何処にも行かないよ‥。


何度目かの失敗の後、
それは、ようやく綺麗に出来ていた‥。



‐‐‐‐‐


朝の陽差しが眩しい。
青く澄み渡る大空に、真っ直ぐ射し込むような太陽の直線光。
寒波は未だ消えず、コートを脱ぐ季節には早い。

凍える空気が吐息を白くする。
眩しさに溶け込んで息が霞んで見えてる。
吐息は、そして消えて行く‥。


――私は、一人の女の子を見付けた。
でもその子は、誰も寄せ付けない眼をしていた。

そこから・・・私は・・・

――何をしたんだっけ・・?


「かっがみーん♪」
「のわっ!!」

急に抱き付いて来た親友に、私の身体は大きく反り返る。
同時に迫り来る、甘い匂いと…暖かい感触の温もり。
私たちの朝。いつもの通学路のやり取り。

「かがみん、おはよ~♪」
「まったく、いきなり飛び付かないでよ‥」

こなたの顔が綻んでいた。
白く小さな吐息を出しながら、小さな身体で私に構ってきていた。
朝日が眩しく、空が澄んでいる中で、私達は戯れている。
青空に、私達の笑い声が弾み上げている...


「でね、その女の子がね………」
「まったく、あんたはアニメの話ばかり……」



あの日から――約束を交わした日から…コイツは私にとても懐くようになった。
私の教科書を借りに来たり、帰り道を一緒に合わせようとしたり、、。
いつも私の傍にいるようになり、私といる時間を作ろうとしていた。


『寂しいんだったら、いつでも甘えて来ていい』
『私が傍にいてあげるから――‥‥』

そう言ったから。
こなたは、本当は寂しい想いを隠してるんじゃないかと、私は思ったから。


私達は、特別な約束を交わして、世界で1番の親友だと誓っていた。

‥だけど、本当はもっと違う思いもあったのかもしれない。
私は素直に自分の気持ちを表せなかった。
今だって、抱き付くこなたの腕を振り解こうとしている。
嬉しい癖に、口では仕方ないといった事ばかり言っている。
やれやれ、といった態度ばかり取っている‥。



‐‐‐‐‐‐



「ハッピーバレンタイン、こなちゃん!はいコレ♪」

異様な程に作り込まれたハート型のチョコがこなたの手に受け取られていく。
つかさの凝り性は天下一品で、市販の物なんかより遥かに出来がいい。
ラッピングだけで心が暖まるような、そんな仕上がりになっている。

「つかさ…義理でも男の子にはあげない方がいい。絶対勘違いされるから!」

全く同意見だ。見ただけで心が篭ってるのがわかる。
きっと中身も…私のなんかよりずっと美味しく作っているのだろう。
やっぱり駄目だ、私には・・・・

「とりあえず、ハイこれ」

タイミングは今しか無かった。
つかさのついでだと、言い訳できるタイミング。
今この瞬間を逃すと渡せる勇気はもう無いだろう。。

「かがみが!?私にチョコぉ!?」

私が見せたのは、形も悪く、バラバラになっているチョコだった。
ラッピングも適当だった………
それでも、目を輝かせて嬉しさを表現するこなた。

「つかさがやってたから、ついでに作っただけよ」

言い訳は完璧だった。
そう…それが私の限界だった。

…そのチョコは、ついでに作ったものだ。
本当に時間を掛けたハート型のチョコは、鞄の中に眠っている…。



――こんなに、つかさが渡せる雰囲気を作ってくれているのに…
――私はそれでも、渡す事が出来なかった…

……

「お~~~……」

私のチョコをまじまじと見つめるこなた。
一体何を考えているのだろう‥?


『柊が作ってくれたってのが大事なんじゃないか』
『バ、バカ…だからそんなんじゃないってば』


「・・とかいうのは無いの?」

「ねーよ。いいから黙ってしまえって!」


……あるわけないでしょ、このバカ。


‐‐‐‐‐‐‐


夕焼けが赤く溶けた空に、綿飴の雲が浮かぶ。
いつもの帰り道、長い影が2人の足元から伸びている。
遠くで踏切の音が聞こえ、慣れた音を響かせていた。

――こなたの声が聞こえる。

「かがみ~!今日の宿題写させてー!!」
「少しは自分でやりなさいよ!まったく、もぅ…」


空が澄んでいた。

黒い何かが襲うように、空を包み込んでいた。
夕日が精一杯の抵抗をしていて、赤く染まる空を作っていた。
それがいつか終わる色だとしても、私の眼にはこの瞬間を焼き付けているだろう。

「私はね~‥…」
「はいはい、またあんたの事だから‥…」

遠くで車の走る音も、遠くの電車の音も、全てが夕焼けに溶けていく。
隣のコイツが、夕日に溶け込む中で笑いかける。


――何か、とても懐かしい…。


私は、あんたがいて本当に良かった。
つまらない日常を輝かせる太陽のような存在。
この学校に来て、あなたと出会わなければ…私は‥‥


「ねぇ、こなた」
「なにカナ~?」

‥コイツはオタクで、不真面目で、勉強嫌いで…
宿題もやらなければ授業もノートに写さないでいる。
ゲームを沢山やりたいのならば、もっと別の高校でも良かったはずなのに…‥


「あんたは、さ・・・なんでこの学校に来たの‥?」



少しだけ、緊張が私の身体を走り抜けていた。

一瞬だけ景色が止まったような感覚に襲われる。
吹き来る風が止み、聞こえていた雑音が、遠くなる....



「…‥かがみに会うためだよ~?」

コイツは、そう言った。
そう、小さく微笑みながら。



…同じ質問を、昔に尋ねた事がある。
入学して間もない頃に聞いた答えも、そうだった。
コイツがこんな進学校に来る理由なんて何一つ無かったのに。
本当は、どんな理由で……


「かっがみーん?もう別れ道だよ?」

「うん、あのね…こなた‥」

――どうして私は素直になれないんだろう。


「また、明日ね!」
「うん、またね~!かがみん♪」


‥‥‥。
――私は結局、あのチョコを渡せないでいた‥‥。


‐‐‐‐‐‐


‥寂しかった。

一人で帰る道は、虚ろな物しか映らせない。
全ての景色が無になったように、何も感じない。
こんな事、前にもあったかもしれない・・・・

私は忘れている、何かを。
でもそれが何なのか、わからないでいる。


沈みゆく太陽の光が、私に最後の夕焼けを映し出す。
氷のような大気が、やがて空を支配するだろう。
凍える冬風に紺色のコートを身に纏い、それを防ぐための着こなしをする。

‥私は、家に帰らない。
アイツの元に、向かう。
恥ずかしくても何でもいい。
このチョコを、受け取って貰おう。

――深い意味なんてなくていい。
――ただ、私が寂しいから。
――受け取ってくれないと、私が壊れちゃいそうだから‥……



.....


「こなたなら、まだ帰って来てないよ」

こなたのお父さんが玄関で呟く。

「そう…ですか‥‥」

私はそれを聞いて、肩を落とした。

暗闇の星空の下で、玄関から零れる光が微かに広がっていた。
どこの家も、明るさを灯していて、家族で賑わっている。
こなたは、この暖かい家の中にいるはずだった。
外の寒い空気から逃げて、ここに辿り着いているはずだった。

――あなたの帰る場所は、何処なの・・?


「かがみちゃん」

明るい玄関から、そうじろうさんが言葉を紡いでいく。
それはとても大事な事のような話、あるいは意味のある話。
私は、それを一言も逃さないように聞き耳を立てる。

「こなたは…かがみちゃんの事をずっと待っていた」

穏やかな声で、諭すように。
そうじろうさんの話は、
よくわからなかったけれど・・・

「今もきっと、待っている…。
 だから、探して来てくれないか‥?」


でも私は、ただ「ハイ」と答えるだけだった‥。



‐‐‐‐‐‐



探していた。

夜の街に、彩るネオンの灯り…そして笑い声を上げる人々。
真っ暗な世界に街の電気が溢れ、飲食店が賑わいを見せている。
信号が青く点灯すると、昼間とは違う人々が横断している。
逢いたい人は幻のような遠い、途方も無い彼方にいるような気がした。


――こなた、あんたは何処にいるの…?


一緒に連れていかれた場所を思い出す。
アニメショップ、ゲーマーズ、ゲームセンター…

2人で来た場所に、順を追って探し始める。
煌めく街を駆け抜けて、人々の喧騒を掻き分けて…。


……こなた、お願いだから――私の前に現れて…


思い当たる場所を手当たり次第探し、逢いたい人を探す。
想う気持ちが、この街を巡り馳せていく。
私の身体が、走り抜けていく――。


…‥遠い昔にも、同じような事をしていたような気がする。
こうやって、誰かを探すのはたぶん初めてじゃないのだろう。
あの時はアテも何も無かったけれど・・・。

アテといえば……



「もしかして…」

私は財布に取り付けたキーホルダーを見る。


たとえ世界が崩壊しようとも、離れ離れにならないように…
そんな想いが込められた、大切なキーホルダー...


もしかして・・・
アイツは、あの場所にいるのかもしれない。


‐‐‐‐‐‐


空は黒く、街の灯りが遠く離れた世界に感じた。
公園には、誰もいない。


この前は、雪が積もり広がっていた。
だから夜でも白く染まっていて、視界はぼんやりとしていたけれど‥‥
今は、どうしようもないくらい暗闇が深い。

街灯だけが規則的に光を並び、道を誘う標となっていた。
小さな灯りの導かれるがままに歩みを委ねていく。
その先に、アイツがいると信じて――‥‥‥


冷たく、凍てつくような大気が夜空に澄んで透き通っていた。
ざわめく木々が身の毛をよだらせ、静けさを余計に感じさせる。
肌寒く、物悲しい静寂が辺りを支配している。


灯りの導く先には、小さな光が溢れていた。
そして浮かび上がる小さなシルエットの影。

それは……私の逢いたい人の姿形をしていた...


こなたが、いた。
噴水の光に背を向けて、座っていた。

まるでこの世界に独りぼっちでいるかのように…
まるで、全てを虚ろに見るような冷たい眼をしていて――…‥‥

こなたの、隠していた悲しみを垣間見た気がした…。



「かがみ…?」

こなたが、私に気付く。
信じられない、といった表情をして。

「あは…‥私は夢でも見ているのカナ‥」

私を見て、こなたが呟く。
…何よ、なんであんたはこんな場所で独りぼっちでいるのよ。

「夢じゃないわよ‥!」

…許せなかった。
私達は親友だと、誓っていたのに。
目の前に寂しそうにしているこなたがいる事に。

「だったら、幻でも見てるのカナ‥?」

「幻なんかじゃ、ないわよっ・・!」

こなたの元へ駆け寄る。
小さな体を抱きしめる。
その姿が、何処かへ消えてしまわないように…。

「かがみ…! 私、私は…かがみに凄く会いたかった…!!
 そしたら、かがみが現れてくれた…。 奇跡でも起きたのカナ‥」

「ばかっ…何が奇跡よ‥‥」

ぎゅう、と体を包み込む。
あなたは、一人ぼっちじゃないと伝えるために。
この寒い世界から、あなたを守るように‥。


‐‐‐‐‐‐‐


夜空には星が輝いていた。
月が小さな円を描き、彼方に浮かんでいる。


「あんたの家に行っても、帰って来てないから…そうじろうさんに頼まれたのよ」

冷たい風が吹いていた。
まだ春には遠く、凍てつく大気が肌を震わせる。

「そっかー、それで此処まで捜してくれたんだね‥」

こなたの身体は酷く冷えていた。
いつもはもっと暖炉のように温かい身体をしている。
それが今は、とても冷たく落ち着いてしまっている…。

「バカね……親友なんだから、捜すのは当たり前じゃない」

手を取って、はぁ…と息を吹き掛けた。
こなたの顔が少し紅くなって、とても可愛かった。

「バカね…こんなに冷たくしちゃって‥」

氷のように近付いた体温の手を暖める。
小さな手が、感覚を取り戻せるように。
私の両手で包み、手の平の熱を分け与える。

「…かがみは、やっぱり優しいね」

顔を赤らめたこなたが、そう言った。
私もそれに連られて、頬に紅い色が染まり浮き出る。
…今なら言えるだろう。もう恥ずかしいものは無い。

「あのね、コレ…作ったのよ」

ハート型のチョコを鞄から取り出す。
『こなたへ』とデコレーションしてあるチョコレート。
私が時間を掛けて作ったチョコレートだ。

「つかさが作っていたから…私もハート型で作ってみたのよ」

…恥ずかしかったから渡せなかったけどね、と付け加えて。


「そっか、つかさが…」

こなたは、胸を一杯にしたような笑みを浮かべる。
その瞳には、幸せに満ちた表情が描かれていた。
…渡して良かったと思う。

「‥よく考えたら、私とあんたの間柄で遠慮なんてする必要無かったよね」

その表情を見ていると、恥ずかしがっていたのが馬鹿らしくなってくる。
わざわざ偽物のチョコレートを用意して、街を捜し回って・・・・
一人で勝手に寂しい思いを募らせて………

「かがみ、はいコレ」

こなたが私の手に小さな箱を差し出してきた。
『かがみへ』と書かれた紙が添えてある。
中身を推測するには、それは充分すぎる箱だった。

「私もね、作ってたんだけど…恥ずかしくて渡せなかったんだよネ‥」

頬を掻きながら、こなたが言う。
真っ赤に染まりながら照れている様子だった。
私の胸が満たされていく……。

「バカね……そんなの、さっさと渡しなさいよ・・」

『バカ』と、もう一度だけ小さく呟いた。

本当は、寂しかった。
自分だけがチョコを作っているのかと思っていた。
こなたも、私のために作ってくれていた。
それが嬉しくて、溢れて零れてしまいそうになる。

――本当は、私は・・・


「食べると太っちゃうかもね」
「ふん、ちょっとぐらい構いやしないわよ!」

胸が溢れるほど、愛おしいと思う。
コイツが傍にいる事が、私にとって特別な事だった。

だけど、私は素直になれない……

「かがみ…」
「‥何?」

チョコをくれた事に対しても、素直にありがとうと言えない。
いつも私に構ってくれる事も、感謝してるのに気持ちを伝えられない。
この感情も、伝えることは出来ない……

「踊ろうか?」

こなたがクルッと回る。
まるで猫みたいな身のこなしで。
私の好きな、その愛しい仕草を魅せてくる。

「あんた、踊れるのか?」

噴水が湧き上がる。
色の付いた様々な光を漏らしている。
こなたは、星空を眺めていた。


髪が靡く。
月の光に溶け込むように。

――雰囲気が、変わった‥?

「私はバイト先でいっつも踊ってるんだよ」

そう云うこなたは、とても綺麗だった。
まるで景色を背景に、自分の存在を魅せるように。
その姿に、私は惹かれていく…。

「ダイエットのためにちょっと運動しようよ」

それは一種の魔法のように見えた。
本当は、もしかして何かの特別な力を使っているんじゃないだろうか。
私がプレゼントしたOVAのアニソンを口ずさみながら、私に手を差し出す。

「まったく…あんたのバイト先とやらを一度見てみたいわね…」


私はその手を、掴んだ‥



‐‐♪♪‐‐♪♪‐‐♪‐‐♪♪‐‐♪♪‐‐♪‐…



…かがみ、私に合わせて。
…こ、こうかな?


…うん、そう‥その調子。
…あ、ありがとう‥。


…ホラ、回るよ?
…ちょっ、ちょっと‥!!



――私の手を取って、私を導くように踊っている。
――私達の髪が軌道に乗りながらクルッと舞い廻った。


…くるーり、くるーり。
…はぁ、あんた踊るの上手いんだな‥。

…ふふ、バイト先だとコスプレしながら踊ってるんだよ。
…なんだそりゃ‥。

…かがみも今度、来てみるといいよ。
…そうね、お邪魔じゃないのなら‥。



――輝く星空に見守られていた。
――寒い空の下で、私達は踊り続ける。。
――こなたは、私を見つめて語りかけてくる‥。



…この場所にはね、昔、大きな木が立っていたんだ。

…木?

…そう、でもね‥木は消えちゃった。

…………。

…代わりに、この噴水が出来たんだよ?

…そう、なんだ‥。


――その話は、なんだか胸に染みるような話だった。
――なぜだろう、私はその木を知っている気がする‥。



…噴水の色が変わって、水の勢いが増す。
…それに合わせるように、私達のステップも早くなる。


‐‐♪♪‐‐♪♪‐‐♪♪♪‐‐♪♪♪‐‐♪♪‐…



…あのチョコね‥。
…うん。

…ほんとは、つかさがチョコをくれた時に、私も出そうと思ったんだ。
…そう、なんだ‥。


…つかさは、不思議な子だね。
…そうかもね‥。

…いつか、ちゃんとお礼しなくちゃ。
…お礼、ね‥。


‐‐‐♪♪♪‐‐♪♪‐‐‐♪♪♪‐‐♪♪‐‐‐…


…いつか、さ。
…うん。

…こうやって、みんなで踊れる日が来るといいね。
…また、あんたって奴は‥。

…だって楽しそうジャン?
…ふふ、そうかもね‥。



――こなた、本当はね・・
――私は、つかさがいなくても、あなたにチョコを作っていたよ。


…放課後にみんなで残ってさ、ワイワイと練習とか。
…いいわね、そういうの‥。

…そうだ、チアガールのコスプレをしようよ!
…おい、それはコスプレって言うのか‥?

…はっちゃけた音楽を流してさ、大勢の前で踊るの。
…まったく、あんたといると退屈しないわね‥。


――私は、あなたのお父さんに頼まれていなくても、あなたを捜していた。
――あなたがいないと聞いた時から、捜そうって決めていた。

――あなたは、私の大切な人だから・・・・



‥星空が遠く遥かに無数の点線絵画を描く。
暗闇に包まれた世界に、小さな噴水の輝きがこの場所に溢れている。
まるで私達だけが、この世界にいるような感覚になる。

こなたは、この瞬間を奇跡みたいだと言う。
私は、その言葉を深く胸に刻み込んだ‥。



コメントフォーム

名前:
コメント:
  • 凄く心を打たれました! -- 名無しさん (2010-11-15 22:20:55)
  • じんときた…なんだろう、この儚げで温かいようなSSは… -- 名無しさん (2008-11-20 13:26:29)
  • なんて素敵な関係の二人。かがみは昔こなたと会っていたということを思い出せるのかな…氷の結晶のような美しい文章に引き込まれました。 -- 名無しさん (2008-11-14 13:59:24)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。