初めてのデート【午後Ⅰ】

このページを編集する    
初めてのデート【午後Ⅰ】


こなたが泣いた。
あの、こなたが…。

今こなたは私の前にはいない。
どこに言ったの…?

私は走ってあいつを探す。と言っても、だいたい場所なら検討はつく。

…すぐ行くよ、こなた。

女子トイレに入ったら…やっぱり、いた。
入り口に背を向けて立ちながら、両手で涙を目から拭っていた。
肩が、震えている。

こなた…!!

すぐに、抱きしめた。後ろから、ギュッと。

「っ!…グスン、か、かがみ……」

「こなた…。泣かないでよ…。別に怒ってなんかないのよ…?」

「でも、わ、私…、」

「いいから。…ね?」

「…グスン…グス…」

抱きしめてて、わかった。
今日という日を、特別の日にしたかったんだね。
初めてのデートだから、今日を最高にしたかったんだね。

だからそんなに涙が流れたんだよね?

「私は別にこなたが間違えようがなかろうが、今日は最高の1日なんだよ?」

「…ほ、ほんとに?」

「ほんともなにも…あんたとデートしてるだけでもう特別なんだから」

こなたがこっちを向いて、私の胸に顔をうずめた。

「かがみ…ごめんね…」

私は愛しくなって頭を撫でた。
私がこんなに大切に思える人なんて、他に一生現れないんじゃないかな。

しばらく、時は私たちを流れた。
こなたは静かに言った。

「かがみ…」

「…なぁに?」

「結構、胸あるんだね…」

「…!な、何言ってるのよ」

またも予想外な発言。
顔を上げたこなたは、ニマニマしていた。いつのまにか、いつも通りのこなたになっていたみたいだ。

「せっかくのいい雰囲気なのに…セクハラ発言はやめないか?」

「別にセクハラしてるわけじゃないよ?ただそうゆうとかがみが照れて可愛いんだもん」

「あんたってやつは…もう」

全く。滅多に泣かないやつだから一大事だと思えば、すぐにいつものペースだ。
ま、落ち着いてくれてよかったけど。

「あんたが泣くなんて意外だったわよ」

「か、かがみん…言わないでほしいかな、それは…」

意外にも、こなたが恥ずかしがっていた。
か、可愛い…。

滅多に見れないこなたに今日は2つも遭遇した。泣くこなた、恥じらうこなた。

また、知らないこなたに会えた。

付き合い出してわかることって、こうゆうこと。

恋人じゃなきゃ、わからなかったこと。
お互いに好きだから。
大切だから。

だから、新しいこなたに出会える。

こなたも新しい私に出会っているのかな?

だとしたら、どんな私なのかな…?

「ねぇ、かがみ…つかさやみゆきさん、みさきちとかに、私が泣いたこと言わないでね?」

なんと、こなたがこんなことを言うなんて。
いつもと立場が逆転している気がした。
ついからかいたくなっちゃった。
少しくらいなら、いいよね…?

「どうしよっかなぁ~?珍しいからなぁ…」

無論他言する気はない。ただ、からかってみただけ。

「ひ、酷いよかがみ…」

…なんかいたたまれなくなってきた。
こなた、ごめんね。
やっぱり私にはからかうなんて向いてないのかな。

「冗談よ。言わないから安心してよ」

するとこなたは。

「…信じてるからね」

と、言った。
こなたは私を“信じてる”。
そう思うと、心がまたギュッと、なる。

信頼されてるんだ、私…。

どうしても、ある言葉を言いたくなった。
今朝、こなたに言われた言葉。

今朝のあんたを真似して言わさせて…こなた。

耳元で、つぶやく。

「…だいすき、だよ」

恥ずかしかった。顔が紅くなるのが、わかった。

でも、本当のことだから。

これが今の、私の全てなんだよ。



話し合いの結果、映画はやめて買い物とゲーセンに行くことになった。
私の間違いを許してくれた、かがみ。
…ありがとう。

でも照れくさくて言わない。
言いたかったけど、言えない。
もどかしかった。

さっき、気づいたことがある。

それは…私はかがみの言う、“いい雰囲気”が苦手なんだってこと。

なんか恥ずかしくって。
私らしくいられなくなりそうだった。
恥じらう私なんて、想像したくもないよ。

だからつい、話を変えたくなっちゃうんだ。

いい雰囲気は嫌いじゃない。でも、苦手なんだよ。
かがみはわかってくれるかな…?

今は映画館を出て、駅ビルに向かってる。
駅ビルはゲーセンもあって買い物もできるから、そこに行こうって一緒に決めたんだ。

「さっきすぐ追いかけてきたよね、かがみ」

許してくれて、ありがとうって言いたかったから。
近い話題をもちかけてみた。
でもそれに近い話題って、いい雰囲気なわけで。

「あんたの恋人だから…だよ?」

…しまった。こそばゆい空気に変わる。
なんか、恥ずかしいよ…。

「軽くツンデレ気味なかがみ、萌えるね~」

冗談で返してしまった。

「はいはい。もう、あんたは…。せっかくのムードってもんを」

…ごめん、かがみ。
かがみはいい雰囲気を作ろうと頑張ってるんだよね…。

それなのに、私は。
つい冗談で返す自分がいた。
ただ、恥ずかしいというだけで。

――――かがみの気持ちを無視、していた。

どうしようもなく、申し訳なくなる…。
ごめんね、かがみ。ほんとに、ごめん。


私、決めた。
次にそういう雰囲気になったら、私逃げない。
逃げないよ、かがみ。

かがみととびっきりに甘い時間を過ごせるようにする。

私はかがみの、恋人だから。
かがみがすごく、好きだから。

それに、恥ずかしいだけで私だっていい雰囲気に囲まれたいし、ね。



駅ビルに着いた。
なんか移動ばっかり。
でも、それももうおしまい。
移動の間、結局お礼が言えなかった。
ヘタレな自分に腹が立っちゃった。
帰るまでに、頑張って言わなくちゃ。

買い物が先になった。
ゲームセンター先行くといくら使うかわからないしね。

さて何を買うのかというと…

私は、今日ペアなものを買う気でいる。アクセサリーとか。

今日の証と、2人の証を、みにつけていたいんだ。
離れていても、かがみがいる。いてくれる。
そんな気になる、何かが欲しいんだ…。

「あそこ入ってみようよ」

私が指さした店はよくあるアクセショップ。

「いいわよ」

何買うのかしら、とでも言いたそうなかがみ。
わからないのかねぇ。恋人とこうゆう店に入れば、だいたい決まってるでしょぉ。

中にはいると、人が多少いた。カップルも数組みいた。
端から見ると友達同士なんだろうな、きっと。

私はペアのアクセサリーを探す…あ、みっけ。
遠くから見つけたそれは、なぜか目に留まって。一目で気に入った。

「かがみ、こっちこっち」

「なになに?なんかみっけたの?」

手を引いて誘導。

「見てよこれ…かわいくない?」

「これって…」

顔が紅くなるかがみ。

「ペアのネックレス…♪」

大きさが一回りだけ違う、2つのシルバーで同じデザインのヘッドのついたネックレス。

「ねぇ、かがみん…こうゆうの、買わない…?」

イヤじゃないかな…?
なんかこうゆうのって、相手を束縛するものでもあるし…。

「…いいわね!買おうよ」

やったー!かがみも欲しくなってくれた。今日の証を。2人の証を。

「いくらだろ?」

「…!こ、こなた…」

見て、驚愕。

「…50000円…」

…買えるわけない。
今日のデート代、全部で25000円。頑張って貯めたんだけど、ちょっと無理。

「他のにしよっか…」

「そ、そうだね…」

再び探す。さっきのが気に入ってたから、なかなかいいのが見つからないなぁ。

「こなた、これなんてどう?」

かがみが見つけたのを見たら…

「わぁ…かわいい…」

割れたシルバーなハート。
あわせると、一円玉くらいの大きさになる。
それぞれかけたハートから、ネックレスのチェーンがついていた。

「値段みたけど、普通だし」

見たら、3000円。さっきの見たから、すごく安く見える。

「いいね、これ!こんなの見つけるなんて…流石は私のお嫁さんだね☆」

「お、お嫁さんゆーな。…これにする?」

照れるかがみに、私は告げた。

「うん!」



生まれて初めての、ペアのアクセサリー。
つかさとお揃いなんてのは多少はあるけど、恋人と一緒なものは初めて。

なんか、すごくドキドキしちゃった。


建物の中を見て回る。
服屋に行ったり、化粧品みたり。本屋さん行ったり、いろいろ回った。

歩いていると甘い香りで鼻腔をくすぐられた…もとをたどればアイス屋さんだった。

「こなた、アイス食べない?」

こなたは笑顔で言った。

「いいね~、食べよ食べよぉ」

2人で同じバニラアイスを注文。
店のテーブルにさっき買ったものが入った袋をのせ、椅子にかけながら甘い小山に舌を伸ばす。

美味しいなぁ。やっぱ私はお菓子が大好き。ついついたくさん食べちゃう。
いつもは太るとか気にするけど、今は全然気にならなかった。

「幸せそうだね~、かがみん」

ふいに言われた。そんなに幸せそうな顔してたかな…?

「そ、そう?」

「うん。私もアイスには勝てなそうだね」

「競うなって」

まぁアイスは大好きだけど。

「じゃあさ、かがみは私とアイスどっちが好き?」

な、何聞いてるんだ。悩むわけ、ないじゃない…。
でも答えるの、なんか恥ずかしいなぁ。
言えば言うでからかわれそう。言わなきゃ言わないで恋人失格な気がする。

「こ、こなたに決まってるじゃない」

「なんでどもるのさ…ま、私はかがみの食欲にはかなわなそうだね」

「人を食いしん坊みたいにゆーな!」

「え~?違ったっけ?」

「む、むかつく…!」

こいつってやつは。
確かに食べることは好きだけど、四六時中そればっかり考えてないわよ。

いつも通りの会話だった。
学校のとき、遊んでるとき、お昼食べてるとき、登下校のとき。

それなのに、どうしてこんなにドキドキするんだろう…。
今日という特別な日が、私に魔法をかけてるのかな…。

なんて、つかさじゃあるまいし夢見る乙女な考えは自重。

「言ってて思ったんだが…なんかバカップルみたいじゃない?私たち」

「そうなんだからいーじゃん」

「よくないわよ!バカップルはイヤだからね」

「じゃあどんなカップルがいいのさ?」

「…か、賢いカップル?」

「かがみん、馬鹿っぽいよ」

「う、うるさい!」

やっぱり私たちはバカップルらしい。



コメントフォーム

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。