今日の小なた(21スレ目)

このページを編集する    
モテモテこなた
かがみ「…こなたはバイト先で人気者なんだっけ?」
こなた「んー、常連客の人からは結構名前も覚えてもらってるかな」
かがみ「や、やっぱ、親しい人とか多いの…?」
こなた「うんうん。CD出した時も色んな人と話せて楽しかったよー。大きな声じゃ言えませんが、
    ちっちゃい子需要の話は伝聞じゃなくて実体験だからね(ニヤリ…)」
かがみ「あー…あの客層だと確かに…」
こなた「む、お客様は神様ですよ!かがみ!これだから神様で商売してる人は!」
かがみ「微妙な発言は控えなさいよ…」

こなた「それにー、常連客の人だけじゃなくて同僚サン達とだって仲良いんだから。可愛いし。目の保養だよ」
かがみ「オヤジっぽいことを…」
こなた「私もお店では、古参の先輩と言うものになってきたからね。後輩達に慕われてるんですよ。
    『先輩、お姉様とお呼びしてよろしいですか!』とかね(嘘)」
かがみ「えーと、もしかして…結構、もてたりしてた?」
こなた「ん。確かに、好きだー!って言われたこともあるよー」
かがみ「…」
こなた「私の人望も捨てたもんじゃないわけですよ」
かがみ「…」
こなた「でもね、みんな可愛いかったけど、私の方から誰かを好きだって言ったことはまだないんだよねー。
    ところで、かがみん」
かがみ「…え?」
こなた「好きだよ」

ひより「…な、馬鹿な!…消えたっス…」
ゆたか「ひよりちゃん、カメラ持ってどうしたの」
ひより「屋上で先輩達が意味ありげに佇んでいたので、(こんなこともあろうかと持参した望遠レンズ付きの)
    ビデオカメラで張ってたんだけど…、急に視界から二人とも消失しちゃった…」
ゆたか「ええー!か、神隠しかな…探しにいかなきゃ!」
みなみ「ひより、ビデオ巻き戻して…今の7コマ前…」
ひより「こ、これは…!ぶれているけど、柊先輩が泉先輩に特攻している!」    
みなみ「距離5mを推定0.14秒で詰めて…そのまま泉先輩の袖を掴んで引きずり倒している。
    人間の反応速度は10/60秒程度が限界。認識はできても回避行動は取れない」
ゆたか「なーんだー、お姉ちゃんが押し倒されただけかー」
ひより「クーッ、ここからでは角度的に屋上の床面が撮影できない…音だけでも拾えればなー」
みなみ「問題無い。丁度、該当箇所の下が3-B教室。高良先輩に連絡してコンクリートマイクを仕掛けてもらう」

頼りになるみなみちゃんだった

原作ネタ
つかさ「あ、ウサちゃんTシャツ!」
かがみ「オイィ!道行く人を指で指さない!(デコにペチッ!)」
つかさ「あうぅ、ゴメンなさいお姉ちゃん・・・でも、ウサちゃんが可愛かったから」
かがみ「PlayBoyのロゴじゃない。ポルノな雑誌で健全な女子高生がはしゃがないの!」
つかさ「ええー、そうなの?なんでウサちゃんがそういう雑誌に?」
かがみ「うーん、よく知らないけどバニーとかのイメージじゃないの?」
みゆき「あれは・・・確か創刊者の方が『セクシーでユーモラス』と選んだらしいです。
    ウサギはほ乳類で最も繁殖欲が強いと言われていまして・・・」
かがみ「ほう。良くネズミ算とか聞くけど?ウサギってネズミより増えるの?」
みゆき「繁殖力と言うよりは繁殖欲です。丸一日中、雄が雌を追いかけ回すこともあるんだとか」
かがみ「へーx3」
つかさ「ゆ、ゆきちゃん・・・ちょっと恥ずかしい・・・」

その後

こなた「私は悪戯好きだから狐。つかさはイメージ的に犬。
     ゆーちゃんは小動物ちっくだからリスかなー」
かがみ「なるほどね。私はさしずめ虎かオオカミとでも言いたいんでしょ?」

こなた「かがみんは寂しがりだから、ウサちゃんかもよー」
かがみ「なっ!そ、それは・・・」
みゆき「・・・やはり、そうだったんですか(クイッ)」
つかさ「・・・さすがこなちゃん(グッ!)」
こなた「どったの?」
かがみ「と、とにかくそれはやめてくれ・・・」

209 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/06/15(日) 15:58:42 ID:cmHo3DZi
なんとなく浮かんだ会話。

「お姉ちゃんの料理、美味しいよね」
「どしたのゆーちゃん。あらたまって」
「んー、いいお嫁さんになれるなぁと思ったの」
「なんかいきなりだね」
「だって好きなんでしょ?」
「え?」
「かがみ先輩」
「っ!?」
「昨日寝言で『かがみ大好き』って言ってたよ。あと「お願いだから言わないでそれ以上!」
「お姉ちゃん顔真っ赤……」
「昨日のアホな夢を思い出してね……でも」
「?」
「その、何でいいお嫁さんとやらが、私がかがみを好きなのにつながるの?」
「今もだけど、お姉ちゃんは先輩のことになるとすごくかわいいから」
「そ、そうかな?」
「うん。先輩から貰った本は特別綺麗なところに保管してあったり」
(どうして知ってるんだろう?)
「先輩に頭を撫でられた日は機嫌がいいし」
(へぇ、自分でも気づかなか――て、だから何でわかるの!?)
「先輩の写真を見ながら『キスしてほしいなぁ』ってうっとり呟いてたときなんか、特に」
「ねえ、もしかして私ゆーちゃんに悪いことした? 新手のいじめ、これ?」
「だから、こういうのを、えっと」
(わー、きれいに無視された)
「あ、思い出した。こう言うんだよね。お姉ちゃんはかがみ先輩の嫁」
(……今度小早川の家に行くとき、ゆきおばさんに色々謝っておこう。
 ああ、純粋なゆーちゃんカムバック!)

普段人をいじってる分、自分がいじられたら弱いと思う。ゆーちゃん相手だとなおさら。

弄り弄られ

かがみ「もう駄目・・・許してこなたぁ・・・」
こなた「フフー、全然許して欲しそうに見えないねぇ・・・かがみ可愛い!」
かがみ「こなた、恥ずかしいよ・・・」
こなた「あはは、よーし今日はこの辺で勘弁してやるか」
かがみ「え、ダメ、止めちゃヤダ!こなた、もっとー・・・」
こなた「ええぇっ!?」
かがみ「こなたがしないなら、私がしちゃうよ・・・」
こなた「ちょっ、かがみん!落ち着いて!わわわ、のわー!」

(ガバッ!)
こなた「ハッ!ゆ、夢か・・・良かったー」
かがみ「zzz(スースー・・・)」
こなた「かがみ・・・」
カナカナカナ

(カチカチカチ)
こなた「んー、やっぱ何か道具がいるのかなー」
かがみ「ふぁー・・・どうしたの、こなた」
こなた「ん、ちょっとPCで勉強中」
かがみ「どうせネットゲーでしょ」
こなた「ち、違うってー」
かがみ「あんまり夜更かししたらダメよ・・・んー・・・zzz」

足裏マッサージの話であったと言う


かがみん大学一年生
こな「かがみん、かがみん、明日の準備は万端ですかな?」
かが「いや、まあ明日は授業の説明と、同じ学部の人同士でちょっと会うぐらいだし・・・」
こな「違う違う、大学でのかがみんの口癖の話ですよ!何に決めた?」
かが「また妙な事を言い出したわね・・・口癖って何よ」
こな「え、アレですよ。東京出身なのに関西弁とか、語尾に「ッス」とか・・・」
かが「アホか!」
こな「なにおう!これから女子大生として頑張っていくのに、口癖の一つもなきゃキャラが立たないよ!
   つかさだって『バルサミコ酢~』ってキャッチーな口癖が出来てから人気急上昇なんだよ!」
かが「別に芸人になるわけじゃないんだけど・・・」
こな「全くー。かがみんは大学一年次の重要なファーストインパクトを軽く考えているね。私なんか
   中一の時にちょっとアピール失敗したらその後集まってくるのはオタばっかだったよ・・・高校でもそうだったし・・・」
かが「それは確かに問題だけど、アンタも悪いんじゃない?」

こな「でもキャラ付けの重要性はわかるでしょ。まあ、用意の悪いかがみんのために、実は私が考えといたよ」
かが「嫌な予感がするけど、こなたが考えてくれたんなら一応聞くわ」
こな「うむ、サッと覚えてね。『だって私って誰よりもこなたに愛されてるジャン?』どう?これを何か話すときに自然な感じで混ぜるわけよ。
   それではスピーク、トゥギャザー、OK?サン、ハイ!」
かが「『・・・だって私って・・・』ってアホか!!そもそもこなたって誰だか知らないわよ、みんな!」
こな「それについては最初の自己紹介の時に『泉こなたの嫁のかがみでーす』という流れにすればいいよ。
   私は声優志望の短大生でかがみんと同居ってところも紹介しといてね」
かが「なんで新入生の顔合わせ直後にカミングアウトしてんのよ!どんなアブノーマルキャラだ!」
こな「あれー?先月だけで十回以上は『周りに何言われても絶対後悔しないしさせないから、二人で暮らそ』って泣き付かれたんだけどー?」
かが「そ、それはそうだけど・・・でも、こういうのは積極的にアッピールするもんじゃなくて、その場の空気を読んでからさ・・・
   理解を求める下地を・・・ねえ? そうじゃないと非常に危うい賭けになるんじゃないかと・・・」
こな「むー、恋愛はロマン重視だったくせに、現実的なんだからー。そもそも、かがみんの百合嗜好なんてすぐバレるってー」
かが「そ、そんなわけないでしょ・・・私はアンタみたいにオープンじゃないから」

こな「いやー無理無理!きっとバレちゃうよー。『柊さんって彼氏とかいるんですかー?(裏声)』」
かが「いないですw高校時代は女友達と遊ぶばかりでーww」
こな「『じゃあ、彼女がいたり?』(裏声)」
かが「え、なっ・・・い、いや、いませんけど」
こな「アウト!何でいきなり丁寧語になってんのさ・・・」
かが「しょ、しょうがないじゃない、今のは!完全に不意打ちだから!」
こな「大学では何があるのかわからないんだよ、かがみん。やっぱり最初っから百合キャラとしてだね・・・」
かが「うるさーい!そもそもフリーじゃないんだから意味ないでしょーが」
こな「いや、さびしがり屋のかがみんだからね。親身になって構ってくれる先輩とかが必要だよ」
かが「その心配は無いわよ。だって私って誰よりもこなたに愛されてるジャン?」
こな「うわ・・・なんか余裕ぶっこいてる感じでヤダなー、ソレ」
かが「アンタが考えたんでしょうがー!」



柊かがみに10の質問

――よろしくお願いします。

Q1:あなたの名前は?
A1:泉かがみ…じゃなかった、柊かがみ。

Q2:好きなものは?
A2:こなたに決まってるじゃない。愚問だわ。

Q3:嫌いなものは?
A3:こなたに近付くヤツ、こなたを泣かせたヤツ、こなたを(ry

Q4:趣味は?
A4:こなた観察。こなたったらチョココロネのチョコを口の周りに付けて気付かないのよ。もう可愛くて可愛くて。でもこなたの可愛さはこんなものじゃないわ。他にもこなた(ry

Q5:あなたの宝物は?
A5:こなたの画像&写真コレクションね。…え?これ盗撮じゃないかって?失礼ね。この画像と写真はこなたへの愛の詰まってるの。それを盗撮だなんて言われるのは心外だわ。

Q6:特技は?
A6:愛の追跡。こなたにバレないように後ろから尾けるのが得意なの。…ストーカーじゃないわ。うん、決してストーカーじゃない。

Q7:友達は多い?
A7:割と多い方だと思う。でもこなたに比べれば月とスッポンね。っていうかこなたがいれば友達なんていらないわ。

Q8:毎日の日課は?
A8:日記かしら。これでどの日にこなたがどんな事をした一目で分かるようになってるの。…え?自分の事はって?そんなのこなたの事に比べたらどうでもいい事よ。私はこなたの大親友としてこなたの全てを記しておく役目があるんだから。

Q9:今欲しいものは?
A9:媚薬…いや、なんでもない。

Q10:将来の夢は?
A10:こなたのお嫁さん!これしかないわね!!っていうかこれしか有り得ないから!


――………ありがとうございました。





おわれ。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。