今日の小なた5(こなかがBBS)

このページを編集する    
小なた

「かがみは誰かに自慢できることってある?」
「いきなりね。また何かのネタか?」
「んーそんなとこかな、で、なんかある?」
「あー、あるわよ」
「その年でツインテールが妙に似合うこと?それとも、最近全然見ないけどツンデレ的な態度?」
「茶化すな。……あんたが自慢できることでもあるんだから」
「何、それ?」
「私が、世界で一番こなたを愛してるってことよ」
「…………かがみ」
「少し、くさすぎたわね」
「……ネタにマジレスを返されるとは、思わなかったよ」
「……恥ずかしい?」
「うん。でも、ありがと」

「……あれ?」
「何?難しい顔して」
「いや、ちょっと(さっきのセリフ、どっかで――)」
『世界で一番かなたを愛してるってことだよ』
「――お、お父さん!」
「お、おじさん!?え、いるの?どこっ!?」
「あ、違!いないよ!担当さんと打ち合わせ中だから!」
「ほ、ほんとに?」
「うん。お父さん、今日は帰ってこないもん」
「そう……。よかったような、残念だったような」
「何それ?だいたいそんなに慌てなくても」
「だってまだ、なんて挨拶するかも決まってないのに」
「そんなのおじゃましてますって……はっ、まさか!?」
「娘さんを私にください――じゃ古典的すぎだし、傷物にした責任を――それじゃ嫌々って感じよね。
 おじさんの溺愛ぶりから考えて、手を出した相手が女でも容赦なさそうだし」
「やっぱりか!ちょ、かがみぃ、冷静になってよ。恥ずかしいセリフ言ったからおかしくなったの?」
「失礼ね、まだ籍は入れないわよ。ただ結婚を前提に付き合っている以上はちゃんと」
「話飛びすぎじゃん!籍とか……その前に結婚前提って何。聞いてないよ私。かがみの脳内設定?」
「告白したとき言ったじゃない。『ずっと傍にいてほしい』って。こなたも『うん。いいよ』って受け入れたでしょ」
「――それで、結婚前提?」
「そう」
「そっかあ、あれ、プロポーズだったんだ……」
「まったく鈍いわね。あれだけ恋愛ゲームしてるくせに」
「わからないよ普通!告白すっ飛ばしてプロポーズ決めてくるなんて!どう考えても攻略ルート間違えすぎです本当に(ry」
「でもちゃんと攻略できたわよ」
「普通の意味での告白だと思ったからね」
「じゃあ、今からリセットする?」
「……しない」
「どうして?」
「かがみは、世界で一番私を愛してくれてるんでしょ?」
「そうよ」
「じゃあしない」
「……本当に、どっちがツンデレなんだか」

「さっきかがみさ、傷物にしたって言ったじゃん。それって女同士だと無理じゃない?」
「道具とか、怪しい薬を使えばなんとか」
「…………かがみ」
「……大丈夫よ。こなたの覚悟ができるまで待つから」
「うん……(するのは決定事項か)」
「泣かないでこなた。あんたの泣き顔見ると……興奮しちゃうのよ」
「かがみの(ずれた)優しさと(変態的な)愛情に、つい……」

「結婚しない」とは絶対言わないのがこなたなりのデレ。


にゃんこな

こな「かがみん、お邪魔~」
かが「オース、こなた」
こな「ん?ん?何読んでるの?」
かが「新作のラノベ。ごめん、今いいとこなんだよね、悪いけどしばらく一人で遊んでてくんない?」
こな「(ムッ)ほいほい、後で感想聞かせてねー」
かが「・・・(黙々)・・・」
こな「・・・(じー)・・・」
かが「・・・(黙々)・・・」
こな「・・・(じー)・・・」
かが「・・・こなた、何してんの?」
こな「かがみんを見てる」
かが「は、はぁ・・・えっと、気になるんだけど・・・」
こな「・・・だって、かがみが遊んでくれないんだもん」
かが「(えー・・・普段構ってやろうとするとニマニマしながら逃げてくクセに・・・)ご、ごめん・・・すぐだからさ」
こな「そうじゃなくてー、ラノベに私が後れを取っているという事実が問題だよ、私の魅力が足りないのかなー」
かが「そろそろクライマックスシーンだから、ちょっと待ってて欲しいんだけど」
こな「エッチいシーン?」
かが「そういうクライマックスじゃないから!」
こな「ほほー・・・勝機! 数分後、私の真の実力をかがみんは思い知ることになるだろう!」
かが「は、はぁ・・・?」

かが「こなたー、後ろで何をゴソゴソやってるわけ・・・?」
こな「何でもないよ-、ラノベ読んでたらいいじゃーん」
かが「・・・(人が盛り上がってると必ずちょっかい出してくるよな・・・コイツ・・・)」
こな「よし!完成!とくと見よ!かがみん用必殺装備の黄色エプロン プラス ポニーテールだよ!」
かが「ブホゥッ!!な、なんじゃそりゃ~!」
こな「かがみん用必殺装備の黄色エプロン プラス ポニーテールだよ!」
かが「いや、内容を聞いてるんじゃなくて!」
こな「フフ、もはやラノベを読んでいる場合ではないようだね・・・勝った、圧倒的に・・・」
かが「何がやりたいのよ!」
こな「まあ、とりあえずかがみんに突っ込んでもらえれば、それで」
かが「もう目的達成かい!・・・あー、あとちょっとだから静かにしてなさいって・・・」
こな「ナ、ナヌー!?勝利はカリソメのものでしかなかったと言うのかー!
  くぅ・・・かがみんもしや連れない態度で私にさらなるコスプレをさせようってハラでしょー!」
かが「勝手に腹黒くすんな!・・・つーか、一応言っておくけど、エスカレートは禁止だからね・・・」
こな「な!?むぅ・・・ここから『スク水エプロン』『猫耳ブルマ』『持ってけニーソックス』に派生する予定だったのに」
かが「最後のヤツはなんなのよ・・・さすがに靴下で喜ぶ趣味に誤解されてたら、こっちも言うことがあるんだけど」
こな「フフフ・・・では『靴下だけ』という単語に思うところはありますかな、かがみん?」
かが「うわ!?想像してたよりさらに酷いし!! ってか放っておいたらそこまでやる気だったのかよ!」
こな「かがみんの部屋に入るときは常に覚悟を固めて来てるからね・・・かがみんに行為に及ばれても取り乱さないように」
かが「こっちにはそんなディープなプレイに及ぶ覚悟はまだ無いんだけど・・・」
こな「しかし、コスプレを禁止されると辛いなー、しょうがない持久戦で行くか・・・(ゴロンッ・・・)」
かが「ちょっ、勝手に人のヒザに・・・ネコじゃないんだから」
こな「いいじゃーん。ラノベ読んだら~(ニマニマw)」
かが「クッソ・・・(悔しいけど、効果的だわ・・・仰向けで見上げられると・・・うわ、結構くるなぁ・・・あ、あ!お腹ちょっと見えてるし・・・我慢我慢我慢・・・)」
こな「・・・」
かが「・・・(うぉぉ・・・チラチラ見せやがって・・・ス、ストーリーが頭から抜けるじゃない!・・・う、く・・・完敗だわ・・・こなた・・・あーもう、我慢できーん!)」

かが「ねぇ、こな・・・」
こな「・・・・・・・・・zzzz」
かが「・・・寝てんな!(ズビシッ!)」
こな「ゥミャウ!?」


超誘い受けガン待ちバトル


かが「お、これ帽子?こなたが買ったの?」
こな「んー、それはみさきちに貰ったんだよ。峰岸さんのPCの調子が悪くてさ、見てあげたらお礼だって」
かが「ほー」
こな「PCについては詳しいからね、いろんな意味で」
かが「うーん・・・・しっかし・・・(ぐいっ)」
こな「ん?・・・えーと、かがみんこの手は何でしょう・・・?」
かが「いいから(ぎゅうっ!)」
こな「ええー・・・?ど、どったのさ?」
かが「こなたって本当、誰にでも優しいんだよね・・・」
こな「え、え?」
かが「不安になっちゃうなぁ・・・誰でも良かったんじゃないかって・・・」
こな「そ、そんなこと無いよ~!・・・かがみんが相手だったからOKしたんだよ!」
かが「そう言うと思ってたけどさ・・・」
こな「もー・・・心配性なんだから~」
かが「うん・・・うるさい女だなぁ、私・・・こんなつまんないこと言って・・・ゴメンね・・・」

こな「・・・やっぱさー、かがみんは‌‌‌‌こ‌うやっていつもダベってるだけじゃ不満?」
かが「い、いや、別に!・・・そ、そういうふう‌な‌期待したりとかしてないばよ!」
こな「(噛んだ・・・)デートっぽい事と‌‌‌か‌してないもんねー、そう言えば」
かが「私はこ、こなたと普段通りに話してるの‌が‌一番好きだから!」
こな「ふ~ん?うんうん!私も大好き‌‌‌だ‌よ~・・・でも、実は今日はイロイロ進展しようかなーと、さっきまで思ってたんだよね。
  まあ、かがみんがそう言うのなら、‌‌い‌いよね?しばらくはこんな関係で」
かが「え!?あ、な・・・ちょ、いや別にこなたが‌す‌すみたいって言うなら、その・・・」
こな「フフフー、かがみーん、‌‌‌‌‌‌き‌っと自分から狙って話振ったんでしょ~。途中でヘタレちゃ駄目ですよ。
  かがみんの本当の気持ちは顔を見ればお見通しだよ」
かが「・・・う・・・マジ?」
こな「うん、ハッキリ分かるね『今なら頼めば全部脱ぎそうだな・・・』でしょ」
かが「さすがにそんな事考えてないわよ!」
こな「脱ごうか?」
かが「ふぉ!?・・・や、止めなさいって!その手には乗らないわよ!」
こな「一瞬迷ったね~?弱いな~、かがみん」
かが「くっそぅ・・・馬鹿にして・・・」
こな「素直になってくれればいいのに~、かがみんは可愛いなあ!」
かが「あんまり調子に乗るな!じゃ、じゃあ素直になるわよ私・・・本当に本気よ!」
こな「ほほう、ヘタレかがみんの本気ねぇ、一度お目にかかりたいものだね」
かが「くぅぅ・・・・・・こなたぁ!」
こな「ハイハイ?(期待の眼差し)」
かが「・・・・・・・・・・・・・・・触ってもいい?(ボソッ・・・)そ、その、手を繋いだりとか、そういうんじゃなくて・・・」
こな「むぅ・・・///
  ・・・い、いいけど~?」
かが「アレ? こなたちょっと照れた?」
こな「照れてなんかないよ~!」
かが「ははぁ~、どうせ私がへたれると思ってたんでしょ?」
こな「そんなこと無いモン!」
かが「そ~お?(ニヤリ・・・)じゃあさ、こなたの方からも、ちょっと誘ってくれると嬉しいなぁ」
こな「えぅ・・・」
かが「やっぱ無理してるでしょ~・・・まあ、お互い一杯一杯だし、また今度って事で・・・」
こな「大丈夫だよ!(バサッ!)」
かが「おお!?ぬ、脱ぐなって!」
こな「ほ、ほら、かがみん・・・触って・・・いいよ・・・は、恥ずかしいけど、かがみんになら・・・///」
かが「・・・こ、こなた・・・」
こな「・・・かがみ・・・」

かが「・・・・・・・・・・・・・・・・・・ゴメン・・・私からとか普通に無理です・・・ホント、スイマセン・・・」
こな「ええ!?ここまできてヘタレた!?ヘタレオブヘタレ!!うわーん、すごい期待してたのに~!!」


大学生こなた

テッテレッテーテッテレッテーテーッテ!(ハルヒOP)・・・ピッ
こな「ん~・・・もひもひ?」
かが「もひもひじゃないわよ、こなた! 学校でしょ! 今日の一限は全学部一年目は必修!」
こな「あ~、ハイハイ・・・って、アレ? もしかしてバレた? 言ってないよね、かがみんと学校同じだって?
   ありゃー、ワザと教えないようにしてたのにナー」
かが「ソワソワしてんの見りゃだいたい分かるわよ・・・アンタもどうせこっちが気付いてるって解ってたんでしょ?」
こな「うん! なんかさあ、そういう以心伝心みたいなの良くない? 言わずとも分かるみたいな?」
かが「ん~、まあ・・・でも、合格したんならちゃんと言いなさいよね」
こな「どうも忙しくてバラすタイミングが」
かが「しっかし、良く受かったわね」
こな「う、傷つくな~・・・秋冬と追い上げた成果ですよ!」
かが「まあ、あれは確かに頑張ったと思うけど」
こな「勉強見てくれたかがみんのお陰だね、感謝!」
かが「運動できるこなたなら、集中力はあるだろうから、その気になれば大丈夫だとは思ってたけどさ」
こな「さすがの私も今回ばかりは100%中の100%の力を出さざるを得なかったね」
かが「ちゃんと本気モードになれた、というかそんなモードが本当にあったことにビックリしたわ」
こな「かがみんにいろいろとアドバイスも貰えたし。 うん、集中力、集中力だね。 それに目標があったから!」
かが「まあ、アンタの実力かな・・・怪しい所もあるけど」
こな「フッ・・・今回の戦いを通じて私は新たな力を身に付けたよ・・・これで自在に100%の集中力を発揮できる!」
かが「よく分からん自信を身に付けたなぁ・・・とりあえず100%の集中力で早起きしなさいよ」
こな「うぐっ・・・そ、それは無理・・・でも、学校でやるテストとかはコレで楽勝のハズなんだよ! 聞いて驚きたまえ!」
かが「何かイヤな予感がするんだけど・・・」
こな「その方法とは・・・・試験に臨んでは下着をはかない! これで集中力が一段階アップする!」
かが「・・・おおぉぉ!? しょ、昭和ギャグマンガでしょ、ソレ!? 21世紀にこんなこと言うヤツ初めて見た!」
こな「みさきちに言ったら賛同してもらえたよ。緊張感があるよなって」
かが「アイツの言うことは聞くな!」
こな「だが否定することはできないのさ! 事実、効果は抜群だったんだよ!」
かが「試したのかよ?!」
こな「それはもう幾度となく」
かが「・・・う、うわぁ・・・高校でもやってた? もしかして・・・」
こな「バリバリやっとりました! 期末試験とか!」
かが「だ、誰かに見つかんなかったでしょうね・・・?」
こな「一度だけ、つかさに見つかったけど『かがみんのアドバイスを聞いて』って言ったら何かスルーされた」
かが「ギャー・・・・・・・・」

こな「あまりの工夫に言葉も無いようだね! かがみん!」
かが「何で誇らしげなのよ! スルーされた時点でヤバイからもう止めようとか、ちっとは思いなさい!」
こな「フフ~、実はかなり恥ずかったよ・・・///」
かが「アホだ!」
こな「まあ、最近は改善してブルマを履くことにしたけどね! 下着無しで!
   これによって緊張感を維持しつつ反社会性を低減することが・・・」
かが「明らかに背徳感を維持しつつ趣味性が増大してるじゃない! 大体ブルマなんて稀少なブツをどこから!?」
こな「普段コスプレをしてることを忘れて貰っちゃ困るね~、家に何枚かあるのだよ」
かが「なぜ得意気に・・・くそぅ、もう学校でこなたの事を普通に見れん・・・」
こな「学校どころか、かがみんと二人で会う可能性のある機会には、実は必ずブルマだったこともここで明かしておく」
かが「ぶっ!?」
こな「集中力を高めてかがみんの秘めたメッセージを見逃さないようにしていたんだよ。以心伝心というか」
かが「少なくともブルマはけなんてテレパシーを送った覚えは無いわよ!」
こな「ふーん、かがみんはブルマを履くことも許可してくれないのか・・・しょうがない、下着無しで頑張るよ・・・」
かが「とりあえず、その集中力強化法を封印しなさい!」




コメントフォーム

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。