コンプ・卒業式ネタ

このページを編集する    
さて、そろそろいいかな?
頃合を見計らって私は体育館裏へと向かった。
今回ばかりは予想がしづらい。五分五分ってトコかな?
来ていてほしいような、でもなんとなく来ていてほしくないような……。

あ。

……いた。

いつも通りの、というか一時間ほど前に別れたばかりのツインテールの後姿。
こっちとしては期待通りの行動で嬉しいはずなんだけど、でもなんとなく寂しい気持ちもするのはどうしてだろうね?

よくわからないモヤモヤを胸に抱えつつ、私は努めて明るく声を出した。

「やふー! かーがみん!」

とにもかくにも、私のドッキリラヴレター大作戦はここでネタバラシ。
あんまり引き伸ばすようなもんでもないしね。

「…………」

かがみは黙ったまま、私に背を向けている。

あれれ?
てっきり、顔を真っ赤にして『な、なんであんたがここに!?』とか言うのを想像してたのに。

「…………」

……ひょ、ひょっとして。

嫌な汗が背中を伝う。

「か、かがみ……?」

怒ってる……?

段々雰囲気が重たくなってくるのを感じながら、私は懸命に言葉を探した。
だが、次に口を開いたのはかがみの方だった。

「やっぱり……あんただったのね」

やっぱり?
ってことは……。

「な、なんだ。バレてたんだ」
「……あんたの字くらい、一目見れば分かるわよ。この三年間で何回も見てきたんだから」
「あ~……そりゃそうか」

抜かったな。筆跡くらい変えるんだった。
まあでも最初からバレてたんなら、別にそんなに怒ってもいないよね……って、あれ?

かがみはいまだに、私の方を見ようとしない。
私に背を向けたまま、じっとその場に立ち尽くしている。

「……? か、かがみ?」
「…………」
「……えっと……」

どうしよう。やっぱり怒ってるのかな?
とするとここは、素直に謝ったほうがいいよね?
高校生活最後の日に、こんなくだらないことで親友と仲違いなんて、馬鹿らしいにも程がある……。

そう思い、私はこほんと咳払いをした。
大丈夫。かがみのことだ。
誠意を込めて謝れば、きっと笑顔で許してくれるはず。

私が謝罪の言葉を述べようと口を開いた瞬間、小さな呟きが私の耳に届いた。

「……で、話って……何なのよ」

……。

え?

「……あるんでしょ? 私に、その……話が」

「…………」

私は一瞬、かがみが何を言っているのか理解できなかった。
だが、彼女が私に謝罪を要求しているわけでもなければ、そもそも怒っているわけでもないということに気付いた時、全てを理解した。

……誤算だった。

手紙の差し出し主が私だと気付いた時点で、当然それは『嘘』であるとかがみは気付く。
その前提があったからこそ、私はこの作戦を思い立ったのだ。

だがもし、彼女が別の解釈をしたのなら。

手紙の差し出し主が私だと気付いてなお、それを『嘘』だと思わなかったら――。

それは、つまり……。


今、私には二つの選択肢が与えられた。

まず一つ目は、最も現実的で、かつ平和的な選択肢。
彼女を騙したことを謝罪し、全部『嘘』だったのだとネタバラシをする。
ついさっきまで、私にはこの選択肢しかないはずだった。

しかし今、二つ目の選択肢が追加されてしまったのだ。

それはつまり、この『嘘』を『嘘』でなくする、すなわち『本当』にしてしまうという、極めてリスクの高い選択肢。


永遠に続くとも思える沈黙の中、私が選んだ選択肢は――……。






コメントフォーム

名前:
コメント:
  • 二つ目を選べ〜!! -- 名無しさん (2010-07-20 20:56:48)
  • 続き待ってます(*´∇`*) -- ハルヒ@ (2008-07-19 15:02:21)
  • さあ続きを書く作業に戻るんだww -- 名無しさん (2008-07-18 13:58:14)
  • 待て待て待てwww
    続きを激しく希望する -- 名無しさん (2008-07-18 09:36:12)
  • 続きが全力で気になるw -- 名無しさん (2008-07-13 22:26:11)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。