七夕の夜に on Mon

このページを編集する    
寂寞としている、暗い部屋。
そのベッドの上、私は天井をぼんやりと眺める。

さっきまでの喧騒がウソのような寂寥に、違う世界にいるという勘違いさえしそうになる。


喧騒を作り出していた主は、もう電車に乗っている頃だろう。

明日が火曜日じゃなかったなら………。

そんな、仮定法・反実仮想の文章。
つまり、裏返せば明日は火曜日だから………。

憾んでも、その願いが叶うことはない。
頭ではわかっていても、やはり憾んでしまう。

「こなた……」


今はいないその人の名前が、暗がりに響く。



今日は、私とつかさの誕生日。
受験生ということもあり、今年は去年のようなパーティは開かなかった。
みゆきはお昼休みのときに、私とつかさにプレゼントを渡してくれた。
こなたはこの後2人の家いったときに渡すよ~と言って、放課後、家まできてくれた。

家についてから、こなたはつかさにプレゼントを渡した。
去年のこともある。
今年は少しはまともなものにしたのかしら?
気になるわね………。

こなちゃん、ありがとぉ~!
いえいえ~。って言っても、対した物じゃないけどねぇ~。
あけてもいい?
うん、どうぞどうぞ。

承諾されたつかさは、破れないように包装紙を綺麗に開ける。

わぁー!お料理のレシピだ~!!
あの有名な女王ドールのメニューのレシピ本があったから、つかさにいいかな~って思ったんだよね。
ありがと~~、こなちゃん!
喜んでもらえたようでよかったよ。


つかさの喜びように、そのレシピが本当に良いものだっていうのが感じられた。
その満面の笑顔に、自分の分のプレゼントにも期待してしまう。


それじゃ、次はかがみに……。
そう言って、こなたはプレゼントを取り出そうとする。
あっ、邪魔しちゃ悪いし、私は自分の部屋にいくね。
こなたに貰ったレシピを大事に両手で持ったまま、つかさはそう言った。
別に、そんなの気にしなくてもいいわよ。
私の口から出る、本心とは逆の気持ち。
えへへ、私でもちゃんと分かってるよ。誕生日だもん、恋人同士で過ごしたいよね♪
つ、つかさぁっ!
恥ずかしさのあまり、思わず出る変な声。
こなちゃん、お姉ちゃんをよろしくね♪
お~ぉ~、任せてくれたまへ~。
二人して、何いってるのよッ!
つかさは真っ赤になっているだろう私を見て破顔一笑する。
こなちゃん、プレゼント、本当にありがとうね~!それじゃね~。
そう言ってつかさは、自分の部屋へと入っていった。
つかさってさ………本当にいい娘だよね。
閉じられた扉に向かって、こなたが言った。
そう……よ。
私のことを考えてくれてる双子の妹。
その妹に向かって、心の中で言った。
ありがとう、と。

それじゃ、愛しのマイハニーへプレゼントを渡すかね~。
恥ずかしい言い方するな、まったく………。
口とは裏腹に、心の中では喜んでる私がいた。
こんなだから、こなたにツンデレって言われちゃうのかな。
こなたは手のひらよりちょっと大きな包装紙と、口が閉じられた紙袋を出す。
誕生日おめでとう、かがみ。
あ、ありがとう……。
真面目な顔と声に、思わず恥ずかしくなる。
つかさにあげたのに勝っても劣ることはないものだよ。かがみが嫉妬しないようにね。
ば、ばか………。
図星をつかれ、驚いてそれ以上何も言えない。
ちゃんと分かってるよ。つかさには悪いけど、一番はかがみだよ。
こなた…。
私はこなたに抱きついた。



あけてもいい?
だめぇー。
な、なんで?
恥ずかしいから。
なんじゃそりゃ。
とにかくダメ。私が帰ってからあけてね。


あっ、そっか。こなた、帰るんだよね……。
そんな単純なことを私はすっかりと忘れていた。
そう、明日は平日なんだから、当たり前のこと。
なのに、それは私の頭の中から根絶されていて、再び現れたとき、涙が出そうなくらいの寂しさに襲われた。

うん、わかった。

私は、浮かびかかった涙を隠そうと、こなたから視線を逸らして頷いた。

それからしばらく、こなたと色々の話をした。
ずっとずっと続いて欲しい幸せの時間。
でも、そんな時間にも、終わりは来る。
逆なのかも。
そんな時間だからこそ、終わりは来る。
織姫と彦星だってそう。
時間が来たら、また離れ離れになってしまう。

…………もうこんな時間なんだね。
こなたが静かに言った。
時計の針を見ると、無情にもいい時間を示していた。
……そうね。
………私、そろそろ帰るね。
こなたは、そう言って立ち上がった。
うん……。
それ以上何も言えず、私も立ち上がった。



今日、ありがとうね。
いえいえ、次の私の誕生日の時も、期待してるよん~♪
ま、そうね。アンタ次第かしらね。

心の中はぐちゃぐちゃなのに、ちゃんと振舞えているのが不思議だった。

ね、かがみ。
何?
………今日が、土曜日か金曜日だったら、よかったのにね。
寂しそうな顔をして、こなたはそう言った。
………私も、同じこと思ってたわ。
そのこなたの顔が少し歪んで見えるようになりながら、私はそう返した。
………それじゃ、また明日。
………うん、またね。

小さく手を振り合った後、こなたは暗闇の中にその小さな姿を溶かしていった。

「そういえば、こなたからのプレゼント……」
私は明かりをつけないまま、こなたの誕生日プレゼントを大事に開ける。
こなたが最初に出した手のひらサイズの包装紙。
その中身は、写真の入った写真立て。

HAPPY☆
BIRTHDAY
かがみ

写真を立てる上半分には、そう書かれていた。
下半分には、私とこなたがピースしてる写真。
「この写真……この前、不自然に学校にデジカメ持ってきたのはこのためだったのね」
数日前のこなたの奇怪な行動にも納得し、それが自分のためだったことを知ると、一層嬉しくなる。
フレームは手作りなのか、少し不恰好に見える。
でも、そこもまた、嬉しく感じる。

そっとそれを立てかけると、もう1つの紙袋を開けてみる。
その中には、ハート型の長い花瓶と、小さめの笹が一本。
その笹には短冊が1つ。

かがみと
結婚できますように
泉こなた

汚い字でそう書いてあった。

「こなた…まったく……」
呆れたように言う私の声は、震えていた。


紙袋の中には、何も書かれていない短冊がもう1枚と、小さな袋がもう1つ入っていた。
袋のほうを開けてみると、そこには、シルバーの指輪が1つと、メモが1枚。

織姫と彦星が私の願いを叶えてくれるまで、ちゃんと大事にとっておいてね♪

「なるほど、だから恥ずかしいわけね」
小さく笑う私の顔は、涙が溢れていた。


「こなた………ありがとう……」
私はその指輪を両手でぎゅっと抱きしめた。


何もかかれてないもう1枚の短冊には、きっと私の願いを書けってことなんだろう。
どんなことを書こう?
悩む時間は少しもなかった。


こなたといつまでも幸せに
一緒にいられますように
       柊かがみ

私は小さな笹に短冊をつるした。
今頃電車に揺られてるあいつは、私がどんなことを祈ったと思っているんだろう。
そんなことを考えながら、小さく笑った。


私は、窓を開けて、空を見上げる。
黒の世界に流れる輝く河と、その周りを彩る光。
そんな星明りに、2つの短冊が照らされた。

「どうか、願いが叶いますように―――」

私はそう祈りを捧げた。


コメントフォーム

名前:
コメント:
  • こんな名作が2年も前に作られていたとは・・・スイマセン見逃してました。
    作者様GJです。 -- kk (2010-08-13 07:48:12)
  • 心が和むめっちゃいい話でした、こなた視点も是非! -- 名無し (2010-08-13 00:44:55)
  • こなたの
    誕生日の方も是非! -- 無垢無垢 (2009-03-07 21:56:22)
  • めっさ良い話です!!!

    泣けました(ノ△T) -- チハヤ (2008-07-16 22:59:59)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。