「ずっと前から言ってたのに…」
「こなた…ごめん。」
「ホント、信じられないよ…」
「また埋め合わせするからっ」
「私はそういうことを求めてるんじゃないよ…」
「え?」
「もういい、かがみなんて知らない…」
「こ、こなた…待って!」


―――。


今日、私とかがみは喧嘩をした。

理由は至って単純。
前々から二人で一緒に過ごす予定をしていた日に、かがみは家の都合で急用が入ってしまったのだ。
…ただそれだけ。

前にも、急にクラスの子達と集まりがあるとか言って約束が取消になったけど、その時はキツくあたることも無かったのに…今日は何故か違った。
私の心の中で何かがモヤモヤとして、それを流すことが出来なかった。
自分が自分じゃないみたいだった。

かがみは何も悪くなかったのに…。
あんなに必死で謝ってくれていたのに…。

私は自分の気持ちを抑えられずにかがみに八つ当たりをしてしまったんだ。
私が怒って立ち去る時の、かがみの寂しそうな顔が脳裏から離れない。

「何であんなこと言っちゃったんだろ…私のバカ」

そんな学校でのやり取りを自室で思い出し自己嫌悪に陥る。

「うん、素直に謝ろう…」
あんなの本音じゃないからって。ついカッとなって…一時的に変な奴に取り付かれてたんだよ…とか言って謝れば、かがみは許してくれる。

『何で謝るの?』

…頭の中にそんな言葉が聞こえた気がした。
得に意味もない雑念だと考え、かがみに電話しようと携帯に手を伸ばした時、ふと机の上の鏡に映った自分を見て…悪寒がした。
変な表現だけど、何か、見てはいけないものを見たような…。

だって、鏡の中の私………気持ち悪い程に笑ってるんだよ?
口角は見たことない程釣り上がっていて、人と言うより化け物に近い感じで。

なんで?私は一つも笑ってなんかないのに………

『それは私が真の泉こなただからだよ』
「へ…!?」

さっきと同じような雑念…いや、違う。これは声だ。じゃあさっきのも………一体誰の声?
この部屋には私一人しかいない。
もこの耳と脳には、誰かの声がはっきりと届いた。
部屋全体を見渡す。

「だ、誰さ一体!」

部屋に人がいないと分かっていながらも、問わずにはいられなかった。
返ってくるハズのない返事は、私の問いの数十秒後に返って来た。

『私は…こなただよ?』
「こなたは私だよ!ふざけるのも大概にしてっ」
『やれやれ、喧嘩の鬱憤を人にぶつけるとはね…見苦しいね』
「うるさいな!」
『かがみと喧嘩して、後悔してる?』
「放っといてよ!」
『相手にしてもらえなくて、色んな人に嫉妬してるんでしょ?』
「そんなの違う!」
『付き合ってるんだからさ、自分だけのモノにすればいいじゃん?』
「そ、そんな迷惑な…」

言葉を続けようにも、急に起こった目眩と酷い頭痛で声にならなかった。
足がよろけて倒れそうになるのを、机に手をつくことでどうにか免れる。
揺れる視線の先には鏡。映っている自分は苦痛どころか快感を感じているような笑顔だった。
そこで…意識は途切れた。

『お疲れ様。これでやっと、本当の泉こなたになれるね…』


―――。


寝覚めの気分は最高だった。何か歯止めが取れて、今なら本当の自分を出せる気がする。

かがみを私だけのモノに…それだけが、私の望み。

「ふふふ、待っててね…かがみ」


コメントフォーム

名前:
コメント:
  • シリアスな話なのに可愛さしか感じ取れない… -- 名無しさん (2013-01-28 21:24:49)
  • 鏡のこなたは幻覚!? この後どうなるの?! -- かがみんラブ (2012-09-15 05:21:41)
  • なんかヤバそうなことになったな。 -- 名無しさん (2012-06-09 14:43:18)
  • こなたヤンデレに覚醒!? -- 名無しさん (2011-07-14 19:24:30)
  • キャー!! なんかホラーみたいだ。 -- 名無しさん (2010-07-19 22:24:13)
  • ヤンデレこなた! -- 名無しさん (2009-09-02 19:45:43)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。