試験会場

このページを編集する    
おーいこなたー入るわよー?

まったくあんたはなんでまたこんな時期に風邪なんか…
おまけにこなたのお父さんは取材旅行だし、ゆたかちゃんはGWで実家帰っちゃってるし。
おーい、飲み物とかアイスとか買ってきたわよー


…こなた?寝てるの?



寝てる、か。


またえらく無防備に寝てるわね…まったく。
顔赤いし苦しそうね…。まだ結構熱があるみたい。
冷えピタ貼っておこう。


いや、ふつうはこの辺で人の気配に気づいて起きるはずなんだけどね?
コイツ全く起きる気配がねえ…!



うー…ん

もぞもぞとしながら布団を右手で払いのけ、寝返りを打ったこなた。
そのトレーナーが少しずれて、白いお腹が見えた。



ぐはっ!こなたさんそれは私への拷問ですか?
それとも、看病とか言いつつも少し下心を抱いている私への、
こなたの家に看病に行くと言ったときに一緒に付いて来たがったつかさを
「あんまり大勢で行くとこなたが気を使うから」
とか言ってマいてきた私への、
ちゃっかりお泊まりセットを持ってきた私への、
挑戦状ですか?

いや、むしろ試験ですか?
こなたの旦那になるための試験ですか?これは!!

受けて立とうじゃないの!
立派にこなたの旦那になるために!
この試験、突破してみせる!!!!
うらああああああああああ



とか言ってる間にこなたは起きてて、
だいぶ引きつった顔でこちらをじっとりと見つめていました。



2リットルPETのポカリを口に突っ込んで逃げてきました。

今は後悔の念でいっぱいです。
なぜ、あんな妄想を始めたのか、そしてそれを大声で口にしていたのか、私にもわかりません。
これを読んだあなた、どうかこの謎を解いて下さい。
それだけが私の願いです。



…2時間後くらいにこなたの家に戻ったら、こなたの部屋に
「泉こなたの旦那 試験会場」
ってこなたの字で書いた張り紙がしてありました。


試験の内容はご想像にお任せしますが、合格しました。


そのあと頑張っておかゆ作って食べさせて、ポカリ飲ませて添い寝したら、
翌日の私の体温が38度を超していました。


今は自分の部屋に
「柊かがみの嫁 試験会場」
って張り紙をしています。


私のとなりには試験の合格者が寝ています。

病み上がりなのに家まで来てくれて、
わたしの作ったものより何倍もおいしいおかゆを作って、
いろいろ世話を焼いてくれて疲れたのか、
まさに電池が切れたかのように寝ている。


青い髪からかすかにただよってくるシャンプーの香り…
わたしのパジャマをきゅっと握っている、私のより少し小さい手…
時折わたしの顔にかかる甘い吐息…


うん、緊張で寝れません。
ああ、私の熱はまだまだ下がりそうにないなぁ…



コメントフォーム

名前:
コメント:
  • 萌えた。
    家の玄関にも貼り紙しよw -- 名無しさん (2010-04-14 21:18:53)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。