曖昧 me mine

このページを編集する    
数少ない休みの日に、何気なく畑が広がる中を二人で歩く。
別に目的はない。ただ一緒に散歩してる事がなんだか幸せだった。

ふと下を見ると、道の縁にクローバーが広がっていた。

「あ、クローバーだ。」
「ずいぶん生えてるわね。そういえば小さい時によく四つ葉のクローバーとか探したわよね。」
「うん やっぱり探すよね。7枚集めると幸せになれるとか言ってさあ。」
「あったあった。」

二人でしゃがんで広がるクローバーを見る。
こなたがそこにあった1つのクローバーを採る。

「でもさ、クローバーって悲しいよね…。」
「え? 何でよ?」
「クローバーって幸せなイメージがあるけど、花言葉は『復讐』なんだよ。」
「そう…。」

こなたがきっとインターネットで調べたのであろう知識を言う。
かがみも返事に困って少しの沈黙が流れる。

いきなりこなたが立ち上がって、少し離れたところへ行く。
そして何かを見つけて採ると、こっちへ戻ってきた。

「はい、かがみ。」
「…四つ葉?」
「うん。四つ葉のクローバーは別に花言葉があってね…。」
「何よ? 復讐の上をいくもの?」
「なっ そんなわけないじゃん!! 何でそんなものかがみにあげないといけないのさ!?
   四つ葉のクローバーの花言葉は… 『幸せ』と 『――――――――』。」

後半のこなたの声は小さかったけど、風に乗ってしっかり聞こえた。
かがみの表情が固まる。
「…それは どっちで捉えればいいのよ?」
「ま、まあそこは想像に任せるよ!!」
そう言ってこなたが歩き出す。

一人になったかがみが呟く。
「ずるいわよ… いきなり『私のものになって』って言うなんて…。」

そう言ってこなたを追いかける。



コメントフォーム

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。