小ネタ集(8-616氏 その1)

このページを編集する    
パターン1『お調子者こなたん』

ちゅっ。

「あはは、この子ってばキスしてきたー」
「なんですとぉ!!」
「何?あんたもしてもらいたいの?ほれ…」
「違うー!私はかがみと…」

ちゅっ。

「あはは、こなたも奪われちゃったわね」
「こ、このぬこ野郎めー!」
「…でも、私と間接キスしたことになるわね」
「なぬ!?」
「それでも、嫌なの?」
「………ぬこ様、大変ごちになりました」
「にゃ?」


パターン2『ヤキモチかがみん』

「猫ってほんと可愛いよねー!何だか親近感がわくよ」
「にゃー」
「この子ってば、あれからこなたばっかに懐いて…私は置いてけぼりか」
「ふふふ、かがみんや。まさか嫉妬かい?」
「ち、違うっ!!」
「こなた小よ、かがみは妬いてるようだよ?」
「にゃあ」
「ふふふ、可愛いなぁ…」「………だ……」
「ん?」
「Wこなたに弄ばれたぁー!うわぁぁぁん!!」
「えぇ!?ちょ、かがみ?何も…泣くことないじゃん!?」
「こなたのバカぁー!!!!」「………あちゃー」

パターン3『策略家こなたん』

「猫には簡単にキスするのに、なんで私はしてくれないのー!」
「あんたはすぐ調子に乗るからよ」
「…かがみにとって、私はそんなちっぽけな存在だったんだね」
「な、何よ!?」
「もうこの物語の主人公はねこなたに譲るべきなのかな…」
「はぁ!?」
「こなかがに変わるカプとしてねこかがが主流になり、一人になった私はつかさやみやきさん達に弄ばれ………」
「な、ななな!?」
「私の心は、次第にかがみのことを忘れていくんだ…」
「だ、ダメっ!」
「(…ニヤリ)」
「わ、分かったわよ!キスぐらいいつでもしてあげるからっ…そんなこと言わないで!」
「わーい、やっぱかがみん大好きー!!じゃあ早速…」


パターン4『新境地かがみん』

「こっ、こら!ほっぺ舐めるなー」
「にゃあ~」
「んっ、くすぐったいって!あ、そんなとこまで…」「えらく懐かれてるわね」「や、やめれー!かがみ助けてよー!!」
「………」
「かがみ゛ぃー!!」
「(これは新しいプレイになるわね…)」
「んぁっ………う、うにゃぁああああ!!」
「(猫プレイの快楽に溺れるこなた、メモメモっと…♪)」








コメントフォーム

名前:
コメント:
  • ねこかが……いい言葉だ -- 名無しさん (2009-12-07 09:41:44)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。