等比数列な伸び

このページを編集する    
「はぁ……ダメ……だなぁ……」
私はそこに書いてあったアルファベットをみて、肩をがっくりと落とした。
こんなの……見せられないよ……。
「こなた、模試の結果どうだった?」
「ひゃぁっ!!」
びっくりして、素っ頓狂な声をあげてしまった。
「どうしたのよ?」
驚かせた張本人が、不思議そうに私を見つめる。
「か、かがみ………?」
私はその名前を遠慮がちに呼んだ。
「ん?」
「ごめん………」
私はうつむきながらそう言った。
「結果……悪かったの?」
かがみが心配そうな声で聞いてきた。
「うん………」
呟くくらいの声で返す。
「そっか………」


かがみと同じ大学にいくために、最近ほとんど毎日かがみの家に行って勉強を教えてもらっている。
今までじゃ考えられないくらい勉強した。
私自身も驚くくらい。
よくもこんなに続くなぁと思ったけど、その理由は分かりきってる。

――かがみと一緒に大学生活を送りたい。
ただ、それだけ。

別に一緒の大学じゃなくても、会うことは出来るよ。
でも、私はかがみと少しでも長く一緒にいたい。
だから、頑張るって決めたんだ。

―――その成果を試す最初の模試の結果がE判定。

やっぱり今さら無理なのかな……。
もとから私に才能なんてないし……。
中学の頃の保険があるわけでもないしね……。


「それじゃ、今日も頑張ろっか」
かがみは明るく言った。
けれど、私は言葉を返さなかった。……返せなかった。
「こなた?」
「かがみ……もう、無理……だよ」
私は、ポツリと言葉を零した。
「ど、どうしたのよ、突然」
かがみの言葉に、私の内に溜まっていた感情が溢れ出る。
「かがみに付きっきりで、ほとんど毎日教えてもらって……外が真っ暗になるまで頑張って……。
家に帰ってからも、今までネトゲとかアニメに使ってた時間も勉強し続けて……。
それなのに全然変わってないんだよ……!?やっぱり私には無理なんだよ!!」
かがみは悪くない。
むしろ、かがみの勉強を邪魔してしまってる分迷惑をかけてる。
頭では分かってるんだけど……。
それでも、私は自分の不甲斐なさをかがみに八つ当たりしていた。
そんな自分に対しても、自己嫌悪してしまっていた。


かがみは少しの間、黙り込む。
そしてゆっくりと口を開いた。
「………こなたが、そうしたいって言うなら、私は何も言わない」
かがみの言葉に言い訳するように言う。
「私の思いは変わってないよ……!でも、かがみに迷惑かけて、
それなのに何にも成果が出てないのが、悔しくて、申し訳なくて……!」
私の目から、いつしか涙が零れていた。

「こなた……何か勘違いしてない……?」
「えっ………?」
かがみは私をじっと見つめる。
「私がいつ………迷惑なんて言ったの?」
「だって、私のわからないところを教えてくれてるから、その間勉強出来ないし……」
「迷惑だなんて言った?」
「言ってないけど……………」
かがみは優しい笑みを浮かべた。
「迷惑なんて、思ってないわ。むしろ、嬉しいくらい。
だって、こなたが私のために頑張ってくれてるんだから……。
それなのに、なんで迷惑なんて思わなきゃいけないの?」
「かがみのためじゃないよ……。私のためだもん……」
「それが結果的には、私のためにもなってるのよ」
私は何も答えられなかった。
「それに、人に教えるのも勉強になるのよ」
少しの沈黙の後、ねぇ、こなた、とかがみは切り出した。
「勉強っていうは、そんな簡単に成果が出るものじゃないの」
「えっ……?」
「等比数列みたいに伸びるの。1・2・4・8……ってね」
等比数列……。この前、かがみに教えてもらったやつだ。
確か、増え方が曲線になったやつ。あんまり関係ないけど。
「こなたはまだ2。ここで諦めたら、そこで終わり。
でも続ければ次は4、その次は8、その次は16ってどんどん伸びるのよ」
「本当に……?」
「本当よ。………私たちの思いだって、そうだったじゃない……?」
かがみへ対しての思い。
それは気づいてからは、日に日にすごい勢いで大きくなっていた。
諦めなかったから、私は今かがみとこうしていられてる。
そっか……それと同じなんだね……。
「だからもう少し、頑張ってみない?」
「うん……私、頑張る……」
いつしか、私の涙は止まっていた。


「よしっ、じゃぁ今日も気合いれて頑張るわよ!!」
「おぉ~~!合格したら、かがみになんかご褒美もらおーっと♪」
「はぁ!?なんで私が!?」
「賭けしたら、やる気も上がるしね♪」
「もう……仕方ないわね……」
「むふふ、なにくれるの~?」
私が尋ねると、かがみは火がついたみたいに急に顔を真っ赤にした。
「そ、その………ス……」
「なに~?聞こえないよぉ~」
「き、きき、き、キス、して……あげる」
「キス~?もう何度かしてるしなぁ……そうだねぇ、婚約とかのほうがいいな~♪」
「こ、婚約ぅっ!?」
「どうせいつかはするんだし、良いでしょ?♪それに、等比数列みたいに伸びてこなきゃねぇ~?」
「か、考えとくわ!」
「照れるかがみ萌え♪」
「う、うるさい……」
かがみは照れてるのを隠そうとそっぽをむく。
その隙に、私は小さな声で言った。
「―――――」
「こなた、何か言った?」
かがみが真っ赤な顔のままこっちを向く。
「何でもな~い♪」
私はニヤリとしながらそう返した。


私はさっきの言葉を、そのりんごみたいな顔に向かって心の中で言った。

――かがみ、ありがとう。大好きだよ。


コメントフォーム

名前:
コメント:
  • 合格後の二人も見たいです。 GJ!! -- 名無しさん (2010-07-29 16:59:51)
  • 頑張って合格してくださいっ!!! -- 名無しさん (2010-05-17 18:26:19)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。