始まりと終わりの間に(続き)

このページを編集する    
「あ~ぁ…」
私はため息をついた。
(何で、あんな事しちゃったんだろう…)

昨日、私はかなり落ち込んでいた。
食事中も家族から、具合でも悪いのかと言われてしまった。
お父さんは、悩み事があれば遠慮なく言いなさいと言ってくれたが、親に話せるような内容じゃない。
つかさは何かを察したのか、食事の後で、ケンカしたなら仲直りしなよと言ってくれたが、なかなか自分からは言い出せない。
結局、朝から電車に乗り込むと、目的地も決めず、適当な駅で降りた。
人の多い街だ。ここなら、知り合いに会うこともないだろう。買い物でもすれば、少しは気が晴れるかもしれない。
(しかし…どこに行こうかしら)
今日がたまたま週末ということもあり、百貨店の紙袋を持った人がたくさん歩いている。
(そうか…卒業や入学シーズンだもんね…)

あてもなく街を歩いていると、
「あら、かがみさん」
「え?」
聞き覚えのある声が聞こえて振り向くと、そこにはピンク髪の眼鏡娘。
「お買い物ですか?」
「え、うん、なんとなく…暇だったから来てみたのよ。みゆきはどうしたのよ」
「私は、大学の入学式で着るスーツをオーダーしに来ました」
「あ、なるほどね…」
(オーダーメイドのスーツか、やっぱり金持ちは違うな)
「私はちょうど用件が済みましたので、良かったらお茶でも飲みに行きませんか?」
「え…う、うん、行きましょう!」
(世の中って狭い…)

「それがちょっとね~」
「大変ですね」
私達は、近くにあった喫茶店でコーヒーを飲んでいる。
落ち着いた上品な雰囲気の店だ。たまにはこういう所に来るのも悪くない。

「かがみさん、何か困ったことでもあるのですか」
「え?」
「先ほどから、何かを気にしているように見えますが…」
「そ…そうかな」
「何か気になることがありましたら、遠慮せずにおっしゃってください。他言はしませんから」
まっすぐに私を見つめる。

「実はね…好きになった人がいるの」
「まぁ…素晴らしいことですね」
「で、その人と…ちょっと気まずい感じになってるの」
「…何があったんですか?」
「…」
少し沈黙した後、
「…ねぇ…私達、友達よね」
「えぇ、もちろんです」
「じゃあ、みゆきを信じて言うわ。好きな相手は、こなたなの」
「え…?」
流石に少し動揺したようだ。
「昨日、こなたに無理やりキスしたのよ、肩をつかんでね」
「……」

しばらく、お互いに沈黙した後、みゆきが口を開いた。
「…お二人はすごく仲がいいとは思っていましたが、そこまで…」
「………」
何も言えない。ただ黙って目の前のコーヒーを眺めていた。
「…確か泉さんは、以前、空手か何か習っていましたよね」
「え…うん、それがどうかした?」
「かがみさんを拒絶しようと思ったら、突き飛ばすことも出来たはずです」
言われてみれば、確かにその通りだ。
私は決してひ弱ではないが、あいつの腕っ節がどの程度かは知らない。
本気を出せば、私を簡単に倒してしまうかもしれない。
「私は、泉さんが、かがみさんのことを嫌いになったとは思えないのです。むしろ、逆に、関係が発展することを望んでいる気がします」
「え…そう…かな」
「学校でのお二人を見て、正直、羨ましいと思ったくらいです。女同士でここまで仲良くなれるなんて、いいなぁって思ってたんですよ」

「うーん…」
みゆきがこういう話に理解のある人間で良かった。
もし、ここで露骨に嫌な顔でもされたら、私は本気で落ち込んでいただろう。
まぁ、みゆきはそんなことしないだろうけど。

「あ、そろそろ行かないと…。とにかく、きちんと話をすれば、きっと泉さんも分かってくれるはずですよ」
「うん…」
「では、またいずれ機会があればお会いしましょう」
そう言うとみゆきは伝票を持って、椅子から立ち上がった。
「あ、お金…」
「構いません、今回は私が出しておきます。応援してますよ」
そう言うとみゆきはにっこり笑って、レジのほうへ向かった。
(…ありがとう、本当に…)
今日ほど友達の存在をありがたいと思ったことはなかった。

しばらく店内で残りのコーヒーを飲みながらぼんやりしていたが、表が暗くなり始めたので、店を出ることにした。
(あ、そうだ…!)

喫茶店を出た私は、近くの用品店に入った。
(私らしくないけど…いいわよね、別に…)

家に着いたのは、日が沈む少し前だった。
「ただいまー」
「あ、お姉ちゃん、こなちゃんから電話あったよ~」
「え…何て言ってた?」
「ん~、用事があるから電話してって言ってたよ」
「そ…そうなんだ!わかったわ」
「ん?その紙袋どうしたの?」
「あ…これは、じ、自分へのご褒美よ」
「ふぅ~ん…」
つかさが私をじっと見つめる。
「な、何よ?」
「仲直り」
「えっ!!!」
「大丈夫だよ。こなちゃんはお姉ちゃんのこと大好きだし、すぐ元通りになれるよ~」
「う…」
「あー、仲が良くて羨ましいな~」
つかさは楽しそうに笑いながら台所のほうへ歩いていった。
(わ…私って、そんなに誤魔化すのが下手なのかしら)

夕飯の後、思い切ってこなたに電話した。
別に怒っているわけでもなく、いつも通りのあいつだった。
明日、アキバへ行くから付き合ってほしいらしい。なるほど、どうやらあいつのオタク根性は筋金入りのようだ。

色々と世間話をした後、いつもより早く床に就いた。
不安はあったが、こなたに会えることが嬉しくてたまらなかった。

午前10時30分、アキバ駅前。

「……遅い!」
私はいらいらしながら、駅の周りをうろうろしていた。
「やあ、お待たせ~」
来た。あいつだ。
「何やってたのよ、寝坊したの?」
「いやぁ~、昨日ネットの動画で面白いの見つけて、寝たのが5時でさ…」
「全く…少しは成長しなさいよね」
口では不満を言うが、本当は嬉しかった。

二人で街を歩いて、色々な所へ行った。
やたらとテンションが高い店長のいるアニメショップや、こなたが働いていた仮装喫茶、
ゲームセンター、色々なモノがある店…。
どこへ行っても楽しくてたまらなかった。

だが、気になることだってある。
こなたはあの日のこと、どう思っているのだろう。

「いやー、今日は楽しかったなー。レアアイテムも手に入ったし」
「あんたってホント、こういう事になると元気になるのねー」
「当然だよ、この街の全てが、私の活力の源なんだから!」
駅の近くで話す私たち。
こなたとは結局、いつも通りの時間を過ごした。

(このまま帰ったら、もうチャンスは無いかもしれない…)

「ねぇ、こなた」
「ん?」
「…はい」
小さな紙袋をこなたの前に差し出した。
「何コレ?」
「こ…この前のお詫びと、合格祝いよ」
こなたはフフンと笑った。

「もー、かがみは律儀なんだから」
「いいから…早く…開けなさいよ」
ガサガサと袋を開けるこなた。
「どれどれ…おぉう!」
白色の革製の定期入れだ。こなたが使っていたものが随分傷んでいたので、そろそろ買い替えたらいいのにと思っていたのだ。
「これと同じやつ、今日持ってたよね?」
「う…」
「お揃いの定期入れを使いたいと?」
「…そうよ!」
思わず声が大きくなってしまい、近くを歩いていたサラリーマンが数人振り返った。

「ありがと……かがみ」
「え?」
こなたが急に抱きついてきた。
「おわ!ちょっと、人前で…」
「大丈夫だよ。都会の人はみんな無関心だから」
私の耳の横で、こなたが言う。
私たちの横を、家路を急ぐ人たちが、物凄い速さで歩いていく。誰も私たちを見ようとしない。
「私さ、恋愛感覚って、よくわからないんだ」
「え?」
「今まで、リアルで人と付き合うなんて考えたことなかったし。友達から恋人になるなんて、自分には関係ない話だと思ってた。それが女同士だったら、尚更だよ」
「…」
「でもね、私はかがみが傍にいてほしいと思ってるんだ…」
「こなた…」
「かがみ…好きになるって、こういうことなのかな…」
上目遣いで私を見るこなた。もう少しだ。
「好きの後の言葉を削って、もう一度言ってみて」
こなたは微笑して、はっきりとした口調で言った。
「かがみ…好き」

「こなた!」
私はこなたの背に手を回し、強く抱きしめた。
「その言葉が聞きたかった、ずっと…」

「本当に強引だなぁ…もう…」
「あんたが私を変えたのよ」
「うーむ…暴走すると手がつけられないタイプだな。これからしっかり面倒見ないと」
「あ…あんたに言われたくないわ!」
こなたと一緒に過ごせる時間が、これからも続く。私には十分すぎる幸せだ。
腕の力を緩めると、こなたが急に飛び上がって私にしがみついてきた。
目の前には、こなたのどアップ。
「な…何?」
「この前のお返し」
唇に柔らかい感触を感じた。
「あ…」
こなたは地面に着地すると、私の顔を見上げていった。
「これでおあいこだね」
「…ば、ばかっ。恥ずかしいじゃない」
こなたとの軽いキス。
唇に跡が残っているような、不思議な気分になった。


「かがみ~ん、元気~?」
「当然よ。あんた、ちゃんと学校行ってるの?」
「ん~、今日は自主休講」
「あのなぁ…留年しても知らないぞ…」

四月に入り、新しい生活が始まった。
私はアパートで一人暮らしを始め、こなたは都心の大学まで毎日長時間かけて通っている。
今、部屋のパソコンを使って、テレビ電話で話している。
「かがみこそちゃんと部屋掃除しなよ。ホコリ溜まると鼻毛伸びるんだよ」
「う…わかってるわよ。今は時間割組み立てたり、サークルの歓迎会に付き合ったりしてるから、そこまで手が回らないのよ」
「ふ~ん…悪い男に騙されないか心配だよ。かがみんは純粋だから」
「大丈夫よ。そこまで隙見せないから。あんたこそ、大学はどうなのよ」
「ん~、なんか、微妙かな。もっと楽かと思ってたんだけど」
「どうせ遊ぶことばっか考えてたんだろ」
「え、大学って遊ぶところじゃないの?」
「おいおい…そういう考えでいると本当に留年するぞ」
「大丈夫だよ。それなりに話し相手も出来たし、何とかなるんじゃないかな」

「だといいんだけど…」
まぁ、こいつの事だ、要領よく生きていきそうだな。
「それでさ、いつこっちに帰ってくるの?」
「ん~…とりあえずゴールデンウィークには実家に戻るわ。その時に会いましょう」
「いいねぇ!かがみんと二人っきりで…ムフフフフ」
「はいはい、気持ち悪いこと言わない」

時々、こんな会話をしている。便利な世の中になったものだ。
わたしとこなたの関係は、今のところ、友達以上というところだろうか。
これからどうなっていくかは分からない。でも私にとってこなたは、かけがえの無い大切な人。
「じゃ、もう寝るわ。明日はちゃんと学校行きなさいよ」
「ほーい、じゃーにー」
通信終了。
PCの電源を切ると、私は一人つぶやいた。
「大好き、こなた…ちゃんと待ってなさいよ」
自分がツンデレだと、最近少しだけ自覚したような気がする。

人生\(=ω=.)/コナタ!

(終)



コメントフォーム

名前:
コメント:

  • 人生こなた!\(=ω=.)/ -- ( ^ω^) (2009-12-31 07:36:01)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。