「無題」

このページを編集する    
――人魚姫は、王子様に会うために魔女に足を貰った。
――シンデレラは、王子様に会うために魔女に南瓜の馬車とドレスを貰った。
――じゃあ私は、魔女に何を求めたらいいのだろう?
――彼女に、会うために。

高校を卒業してから、どれだけの月日が流れただろうか。
もう忘れてしまった。

私は、世間に出て、その辛さを知った。
私は、世間に出て、その大変さを知った。
これが、大人になる、ということなのだろうか。

忙しくて、忙しくて、やがて今まで読んでいた本さえ、読まなくなった。
やっていたゲームも、やらなくなった。
段々と子どもだった頃のことを忘れていった。

でも、忘れないものもあった。
それは――彼女。

高校の時に出会った。私の大切な人。

――いつか、迎えに行くから。

卒業式の日、2人で唱和した約束を忘れてはいない。
忘れることなんて、出来はしない。

大人になって、悲しいこと辛いこと、たくさんあった。
でも、泣いたことは一度も無い。
だって、私の心の中には、卒業式、彼女と共に見上げた桜があり、重ねた唇のぬくもりも残っている。

私は、大丈夫。
でも、彼女は?

彼女は、今、どうしているのだろう?

忙しさの中で、ふと、思うことがあった。
――会いたい。
そう思った。

――いつか、迎えに行くから。

いつか?
いつかって、いつ?

私は、いつ彼女を迎えに行けばいいの?
彼女は、いつ私を迎えに来てくれるの?

いつかは、やがていつかはと、そんな甘い言葉に縋って、過ごしてきた。

――シンデレラには王子様が迎えに来た。

私は?
迎えに来るのを待つお姫様?それとも、迎えに行く王子様?

現実は童話のように甘くはない。
待つことも、行くことも、出来はしない。

出来もしない約束を、交わしたのだ。
子どもの2人は。

今、彼女はどこで、何をしているのだろう?

それでも、私は、待ち続けた。信じ続けた。
いつかを。
大人になっても、ずっと。

今、私の目の前には、卒業式に2人で見上げた桜がある。
彼女に会いたい。そんな時、大人の衣を脱ぎ捨てて、子どもに還りたくなる。
ここには、それがあった。

彼女と過ごした3年間が、夢のような時間が、しっかりと刻み込まれていた。

彼女は、好きだったものを今でも、持ち続けているだろうか?
また、その話題で私を一喜一憂させてくれるのだろうか。

子どもの彼女は、笑いかけてくれる。
私にしか見えない、幻。
此方の時間は、鏡に映る、幻。

私は、子どもの彼女に向かって語りかける。
子どもの彼女も私に向かって語りかけてくれる。

この時間だけ、私は、子どもだった。
あの頃の2人だった。

覚めない夢は現実。
私は、幻に還りたかった。
幻の中で、彼女と2人きりで、あの頃のように過ごしたかった。

かさ、と樹が揺れた。
その音は、現実。
幻への回帰を許さない、無情の音。

この地でも、やはり私は、大人だった。

――もう、帰ろう。
そう思って踵を返した。
現実に戻り、大人に戻り、また、過去に焦がれながら日々を送る。
そんな未来に、溜息をついた。

その時だった。

私は、刹那を見た。

――彼女が、いた。そこに。
驚愕を、その面に貼り付けて。
幻ではない、大人の彼女が。
私は、魔女に一体どんな対価を支払ったのだろう。或いは、支払ったのは彼女だったのか。

「あ……」

どちらの声だったのだろう。
そんなことは関係なかった。
私達は互いに走って、抱きしめ合って、お互いの輪郭を、確かめ合った。

そこには時間があった。
幻は止まった時。現実は動いた刻。
私の知らない彼女の時間が、確かに刻まれていた。

――人魚姫は王子様に会うために声を失った。

払った対価があるとしたら、きっとそれだ。
その気持ちが今ならわかる。
私達は、声を失い、ただ、在った。
でもそれだけで、満足だった。


私達は、どちらもお姫様で、王子様だった。
いつかは、今になり、今は、いつかになった。

――人魚姫は王子様の幸せのために泡になった。

私達は?
違う。私達の物語を悲恋で終わらせるつもりなんか、ない。

お互いの幸せのためには、どちらが欠けても意味がない。
蒼と菫の望むものは人魚姫とは違う。

――王子様はガラスの靴からシンデレラを捜し当てた。

私達にとってのガラスの靴。それはあの時の約束。
ここにある、桜の樹。
子どもだった2人が交わした約束は大人になって果たされた。

桜の樹に映る2人は、過去の私達。
桜の樹の前に立つ2人は、今の私達。

童話は、子どもの為だけのものではない。
大人になっても、忘れてはいけないものがある。
大切なものは、目に見えない。

私と彼女が出会ったことで刹那は永遠になった。

――もう、離さない。
彼女が、言った。
――私も。
私は、答えた。

――今から、どうする?
私が、言った。
――聞かなくても分かるんじゃない?
彼女は、答えた。

笑いあった、子どもの頃のように。

これからの物語は私達で紡ぐ、1人では紡がない。
あの頃のように。


あなたなら、この後、どんな物語を考える?
大人になった私達?それとも、子どもだった頃の私達?
でも変わらないものがある。それは、主人公は私達。
王子様で、お姫様で、親友で、恋人で、私達の関係は何と言うのだろう?
何でもいい。此方にある鏡にあなたの物語を映してみて。
そこに映るモノこそ、目には見えない、大切なもの。


コメントフォーム

名前:
コメント:
  • この切なさが何とも言えないよ。
    凄いなコレ -- 名無しさん (2012-11-17 10:36:15)
  • スゴい… -- 名無しさん (2010-03-26 16:00:01)
  • 深いなぁ。 -- 白夜 (2009-10-12 23:30:17)
  • まるで時間が止まったようだ、美しいww -- 名無しさん (2009-06-09 02:03:06)
  • 綺麗な文章で、楽しかったです。乙 -- 名無しさん (2009-05-31 11:11:22)
  • えっと、作者です。
    保管庫の方で始めて読まれた方のために、ちょっとこれに関する説明を。
    文中、こなたとかがみの名前は出ずに総て私、彼女で通してありますが、これには意味があります。
    私、彼女、どちらがこなたでどちらがかがみか、読み手の方にお任せするためです。
    どっちがどうか、皆様で是非、考えてみてください。
    こなかが的に分かりにくいかもしれませんが、此方、鏡、蒼と菫でこなかがアピールです……フォロー入れないとダメですね

    ちなみにこれは、タイトル「無題」です。無題という名の題です。
    何度も重ねて申し訳ないですが、解釈は読み手に一任してます。
    なので、見た方がそれぞれに勝手に題をつけてしまって構いません。
    -- 6-774 (2008-03-05 00:32:38)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。