この日は運がよかったのか、雲ひとつない青空だった。

「よかったわ、昨日ちょっと雨降ってたから心配だったのよね」

かがみは、小さな小窓窓から空を見上げた。
満面の笑みを浮かべ、空を眺める。
空は青く、満足のいく青さに染まっている。
けど今のかがみにとっては、雨が降っても多分満足できただろう。

「こんなに幸せで・・・いいのかな?」

感極まったのか、かがみから涙が溢れ出す。

「wat scheelt eraan?」

着付けの人が心配そうにこちらを見つめる。

「大丈夫です」

ニコっと着付けの人に笑顔で答えると
彼女もかがみの幸せそうな表情を受け、明るい笑みを浮かべた。

そう、かがみは今幸せを感じている。
今かがみは今ドレスに身をまとっている。
真っ白い純白のドレス。一人ではとても着れない、純正統派のウェディングドレス。
こなたが、かがみと一緒に選んだものだ。
何ヶ月も掛けて店を周り、納得がいくまで探し回ったもの。
この式場もこなたと一緒に選んだ。
今日この日のためのドレス、この日のための場所。

「・・・こなた」

かがみはゆっくりと鏡の前に立ち、愛する人の名前をつぶやいた。
今日、バージンロードを歩く。こなたと一緒に歩きたかったから。
もしかしたら世間的には許されない事かもしれない。
けどそんなことを考えるのは真っ平ご免だった。
この結婚式は、私とこなたのもの。人生で一番最高の日にしたい。
だから世間とか、一般的とかそんな考え方はもう捨てている。
一番憧れてる、誰もが憧れるものを選んだ。
こなたのためだったら、これからなんだって我慢できる。
私達を認めてくれたみんなのためのにも、私はこなたを離さない。
いや・・・離すつもりはない。

『コンコン・・・』

ドアの叩く音。こなたが入ってきた。
白い小さな小さなタキシードを身にまとって。

「かがみ~、準備で・・・・き・・・・た?」

かがみを見た瞬間、ボーっとした表情になるこなた。

「こなた・・・」
「綺麗、すごく綺麗だよかがみ・・・。」

純白のウェディングドレスを身にまとった、 かがみの輝くような美しさ。
その姿をみたこなたは、幸せという文字が顔からにじみ出てきそうなほど嬉しそうだった。

「あ、あんたは・・・その、「馬子にも衣装」って感じね」
「にゃ、にゃ、にゃにおうーーー!」
「ふふふ、嘘よ!とっても似合ってるわよ。食べちゃいたいくらいに・・・ね?」

こなたのおでこにちょんっと人差し指をあてる。
真っ赤な顔をしてぷくーっと膨れるこなた。
けどその顔はどこか幸せそうだった。
そのこなたを見て微笑むかがみ。
今日のために、この日のためにとっておいた特別な笑みを浮かべる。

「それじゃ、行くわよ。おじさんやみんなを待たせるわけにはいかないでしょ?」

かがみはこなたに手を差し伸べる
その手を戸惑いながらとるこなた。

「かがみ・・・」
「ん?」
「もう・・・離さないからね」
「ば、ばか!・・・わ、私だって・・・あんたを離すつもりはないんだからね」

そう、これから始まる。
私とこなたの最初で最後の結婚式が。









コメントフォーム

名前:
コメント:
  • ああ… 末永くお幸せに -- 名無しさん (2010-05-08 18:48:01)
  • オランダかな?
    末永く幸せに… -- 名無しさん (2009-09-04 19:00:21)
  • 俺もいきてーw -- 名無しさん (2009-09-02 19:02:07)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。