二人の夢編「彼方からの贈り物」

このページを編集する    
ある日のこと……

「いや~、今日も大漁大漁♪
 秋葉巡りは、これだからやめられないよね~」

長い髪の女の子が、満足気に話す。

「ホント、よく飽きないわね……」

もう一人のツインテールの女の子は、
若干呆れた表情だ。

「新刊と特典ある限り、秋葉巡りに終わりは無いのだよ」
「はいはい。ま、私も何だかんだで欲しかったラノベ買えたし、
 丁度良かったかな」
「プレゼントも買えたし、そんじゃ帰ろっか」
「そうね」

電車に揺られながら家へと向かう。
そこでは、女子高生同士の他愛の無いお喋りの時間になる。
二度とは戻らない、青春の時間に……。

「ただいま~」
「おかえりー、また秋葉行ってきたの?」
「うん! はい、お母さんにお土産!」
「あら、ラノベの新刊出てたのね。
 わざわざありがと」

私は、それを青髪ツインテールの子から受け取る。

「こなたお母さんは?」
「あいつ、またネトゲしてるみたい。
 折角、私が休日だってのに……」
「何か呼んだ~?」

こなたが、飄々と笑顔で二階から降りてくる。

「お母さん、これ!」
「おお! これぞまさしく例の
 プレミアつきDVDBOX初回限定版!
 流石は我が娘! 私の欲しい物もバッチリ把握してるとは!」

そう言って、菫色の髪のロングヘアーの子に抱きつくこなた。
ほんと、幾つになっても変わらないんだから。

「さ、折角久々に皆揃ってるんだし、ご飯にしよっか!」

娘から身を離したこなたが、そう皆に呼びかける。

「こなた、いつの間に食事の準備したの?
 まだ作ってないんでしょ?」
「かがみんが、今日休みって聞いた時からだよ。
 朝食も昼食も、下ごしらえは大変だけど
 調理は簡単なやつだったの、気がつかなかった?」
「あ……」

そう言われてみると、そうかもしれない……

「夕食も同じ。協力してやれば、あっという間だよ。
 さ、久々に二人一緒に準備しよ?」

何だかんだで、こういう所は敵わないなあと思い知らされる。

「その前に、お母さん達にもう一つプレゼント!」
「はい! コレ!」

そう言って娘達が差し出したのは、
お揃いのペンダント。

「おお、これまた嬉しい物を。
 本当に二人はいい子だね~♪」

そう言い、二人の娘にベッタリなこなた。
間違いなくそうじろうさん似だな、こなたは……。

「でも、何で急にこんなに買ってきたの?」
「だって、お母さん達の結婚記念日でしょ?」
「……? たしかに、もう少しで記念日だけど
 まだ若干早くないかしら?
 あ、もちろん、気持ちは嬉しいけどね」

私達の結婚記念日はもう少し先だ。
女子高生にもなる娘達が、今更間違えて
日付を覚えているとも思えないし……。

「……あのね、つかさ叔母さんにこの前聞いたんだ。
 お母さん達が私達くらいの歳に、一度二人で結婚式挙げてるって」
「え……!?」
「あ……!」

私とこなたは、ふとあの時のことを思い出した。

「その日が丁度今日だったんだよね?
 だから、今日はそのお祝い!」
「あんた達……もう、ちょっと感動しちゃったじゃない」
「……本当に幸せ者だね、私達って」
「そうね……」

私とこなたは目を合わせて、あの時のことを
感慨深気に思い出していた。

「ねー、お母さん、お腹空いた~」
「ほいほい。それじゃ準備しよっか、かがみん」
「分かったわ。あ、二人とも、食事の前に……」
「うん、分かってる!」
「おばあちゃんの所にお供え物ね」

そう言って、双子の娘は仏間へと駆け出していった。
その様子を、じっと見つめる私。

「……どったの、かがみん?」
「え……? あ、いや、私達にもあんな頃があったな、って」
「そだね……私も、さっき色々思い出しちゃった」

懐かしさと寂しさが、胸のうちからこみ上げてくる。
こなたもきっと、同じような気持ちだろう。

「……寂しくないって言ったら嘘。
 時間をあの頃に戻せたら、って思うことだってあるよ。
 ……でもさ」
「……?」

じっと、こなたの話に耳を傾ける。

「あの子達を見てるとさ、そんなこと綺麗サッパリ忘れちゃうんだよね。
 だって、今だってすっごく幸せだもの!」
「そうね……そうよね」
「あれ~、お母さん達まだ準備してないの~?」
「私達も手伝うから、早く始めよ?」
「はいはい、それじゃ始めましょっか!」



――ここは……?

辺りを見回す。朝日が部屋を照らし始めている。
そうだ、昨日はみゆきの家にこなたと泊まって……。
目の前には、寝息をたてているこなたの姿。

今のは……夢……?

「むにゃ……始めましょっか……」
「……!?」

こなたの寝言にハッとする。
まさか、同じ夢を……!?

「こな……」

名前を呼びかけたが、
やはり起こすのは気がひけたのでやめた。
それよりも、今は彼女の幸せそうな寝顔を
見ていたいと思ったから……。



    (最後の贈り物、届いたかしら……?)



「……?」

ふと、何か聞こえたような気がした。
空耳……?



    (……さん……のこと、宜しくお願いしますね……)



「え……?」

確かに、何かが聞こえたような……。
だが、周囲には幸せそうに眠るこなただけ。

「う……ん……」

寝ているこなたが体を寄せてきた。
私も、こなたが目を覚まさないように優しく抱き返す。

……今は彼女だけを見ていよう。
彼女の温もりだけを感じていよう。
二人で手を取り合っていけば、夢みたいな未来もあるはず……。
そんなことを考えながら、私も目を閉じて
こなたの額に優しく口付けた。


コメントフォーム

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。