神無月はもう過ぎた

このページを編集する    
「おーっすこなた。何見てるの?」
「ロボットアニメだよん」
「へぇー。あんたロボット物好きなの?」
「まあねー。かがみんも一緒に見よう見よう」
「まあ、ちょっと興味あるかも」

「なんだこの狙ったようなドジっ子っぷりは…」
「アニメに真面目に突っ込んだら負けだよ、かがみん。にしても、いきなりパンモロはだめだよね~」
「なんで?嬉しいもんなんじゃないの?」
「甘いよかがみん!チラリズムというものを理解してない!」
「いや、理解できなくていいわ…」

「…こなた。これってロボットアニメよね?」
「うん、そだよー」
「なんだかマリみてみたいな雰囲気なんだけど…」
「キャッチフレーズが『伝記! 百合! メカアクション!』だからね~」
「ごった煮すぎないかそれは…」
「そこはほら、介錯だから!」
「それは…深く考えるなってことなのか…?」

「そういえば百合物で年齢が同じって珍しいよねー」
「あんたそんなに百合物に詳しいのか…? まぁ、百合といえば、『お姉さまー!』って感じよねー」
「あ、でもお嬢様が平凡な女の子を気に入るってう点では似ているか」

「うわ、なんかくさいことを」
「ロボアニメの男は熱くないと」
「そうまが主人公?」
「普通のロボアニメなら、そだねー」
「?」

「ひめこはちかねが大好きなのね」
「普通のロボアニメなら、ひめこもちかねも、そうまが好きって設定になってるね」
「…これは普通のロホアニメじゃないのか…?」

「ちょ…いきなり別アニメかと思ったわ」
「OPが無かったから、テレビでたまたま見た人はびっくりしただろうね~」
「ロボキタコレ!」
「これはかっこいいのか…?」
「…」
「…」

「ちかね…なぜ馬なんだ」
「そこはほら、介錯だから」
「ああそうかい…」

「ひめことちかねは巫女なのね」
「伝記の部分の設定だね。ちょっと自分と重ねたりしてる?かがみん」
「べ、別に…」

「Nice catch.」
「体張ってるわね、ちかね…って顔赤くなってる!」
「つまりはガチだね! ガチ!」
「ふぅん、こんなのがテレビで流れる時代なのね」

「キスキスキス!」
「うわ、マジかよ!私がそうまだったら納得行かねぇ!!」
「これがこのアニメの醍醐味だよ、かがみん。まぁ、やっぱり1話は超展開だなー」
「ギャグアニメだろ…これ。…結局、そうまとひめこがくっつくんでしょ?」
「気になる?気になる?」
「え、ま、まぁ。ちょっとだけだけどね」
「もう、素直じゃないんだからー。DVD貸したげるよー」
「そう言うなら…借りていくわ」





「やあかがみん。DVDどうだった?」
「こなた…」
「かがみ…? あの…その、手に持ってるのは巫女装束…?」
「こなたが好きなの。こなたの瞳が好き。春の銀河のように煌く瞳が。春の陽射しのような
やさしい眼差しが好き。こなたの髪が好き。そよ風に閃くシルクのようなさらさらの髪が好き。
元気なアホ毛も好き。こなたの唇」
「えっ、ちょ…」
「こんなままごとは、もううんざり!」
「アッー!」



「かがみ様…私、どうしたらいいのかな」


コメントフォーム

名前:
コメント:
  • 感動したぜ!ウィィ! -- 武藤敬司と石原良純 (2010-01-10 23:10:14)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。