キンモクセイ

このページを編集する    
――バイト帰り。すでに午後九時を回って、辺りは真っ暗。
 私は、暗い夜道を歩いている。

 少し肌寒くなってきたこの頃、キンモクセイのほのかな甘いにおいが心地良い。

 ……今日はバイト遅くなっちゃったな~。かがみん、きっと
お腹を空かせて待ってるんだろうな。早く帰らなきゃ。

 ――そんな事を考えると、ついつい歩く速度を上げるのは
世の常、人の常ってやつだと思う。
 妙に冷たい風が、私の体温を奪っていく。

 ……寒っ。

 襟元を閉めて、また歩き出す。

 ――そんなこんなで自宅に到着。
 正直言ってボロイけど、今となっては特に気にしてない。
 玄関を「カチリ」と開けると、かがみんがソコに立っていた。

 ……なんで玄関先に立ってんの?
 外から見られてたんだろうか?

「トリック オア トリート!!」

 ――「どったのかがみん?」と質問をするより早く、妙な言葉を
かがみんが発した。

 ……だけど、その意味はすぐに理解できた。
 …「オカシをくれなきゃイタズラしちゃうぞ?」
 デジャヴってやつだ。ゆ~ちゃんが前にやってたのを思い出した。

「え?…えと、あいにくお菓子は持ってないな~」

 ――ようやく言葉をひねり出す。

 ……大体今日が十月三十一日であることも、さっき思い出したばっかりなのに
 オカシとか、そんなもん持ってないよ。

「へ~? んじゃあ、解かってるよなぁ~」

 ――イタズラ。
 かがみんが不敵な笑みを浮かべ始める。

「い、一体何のはなs…うわぁ!」

 ――会話が終わる前に、肩を捕まえられて
 玄関に背中を叩きつけられた。

 逃げ場がない。

 私の顔がどんどん紅潮しているのが、熱を帯びて来ていることで
容易にわかる。

「は~い、良い子だからおとなしくしてろ~?」

 言いながら、かがみんの顔が吐息を感じれるくらい近づいてきた。

 ――キンモクセイよりも甘い、ミントとルージュの香り。
 そして―。

fin


コメントフォーム

名前:
コメント:
  • ハロウィン最高ですな・・・どんな悪戯をされたのやら(2828) -- 名無し (2010-03-30 00:17:44)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。