…もしも、こなたが原作版と入れ替わったら? 後編

このページを編集する    
―翌日。



給食と雑談も終わり、午後一発目の授業は体育だ。
腹ごなしにはちょうど良いかもしれないが、
なんせ7月だ。容赦ない日差しが私を照りつける。



「あぢぃ゙~~。」



いや、暑いだけなら良い。今日に限って近所を周回するマラソンだという。
…何の罰ゲームだ、これは?



こんなものは早く終わらせるに限る。



脳内で”気合い”という名のニトロ(ナイトラス・オキサイド(N2O))を
一気に注入する。素敵なスイッチひとつで50~100psアップだ。



…脳内でのみ。



「とりゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!」



風鳴りが増す。



―瞬間。



いきなり地面がグラついた。



…地震か!?と思ったら違った。



全身すべての力が抜けて行くのが分かる。
魂か何かが引き抜かれるように、私の意識もそこで途切れた。
・・・・・。
・・。



・・。
・・・・。
―ゆっくりと、意識が戻ってくるのを感じる。



…言わんこっちゃない。多分熱中症あたりで私は倒れたのだろう。
状況から判断して、たぶん現在位置は保健室のベッドの上とかだろうか。
そよそよと吹く風が私の頬をなでている。



…まだ目を開ける気にはならない。



…口唇を何かで塞がれている様な、感覚。
…続けて、何かやわらかい物が侵入してくる。
…「それ」が私の舌を発見したようで、優しく絡んでくる。



―心地良い。



…そろそろ起きていいだろうか?



―うっすらと目を開ける。



「……!!!!?」



…目の前にかがみの顔。切なそうな表情をして、
閉じられた目には少し涙も溜めている。



曖昧3cm♪
…どころではない。マイナスがつくよっ!!!



「ん゙~~~゙!!!!」



―ジタバタと暴れてみようと思っても、できなかった。
…手首ごと、がっちりホールドされている。



ありていに言えば、マウントポジション。



―この状況下でも、足を使って撃退は可能だが、
さすがの私でも、かがみに使う気にはなれない。



「んぅ…ぷはっ。」



―と、かがみの方から唇だけ離してくれた。



…どちらの物かも分からない唾液が、ツー、と垂れて、
開け放しの窓から照らす夕日に反射してキラキラ光っている。

「かっ、かが…!」
「ゴメン!!!……なさい。」



―先に叱っておこうかと思ったが、先を越された。
…だが、謝ってもらっても、許せなかった。



「かがみっ!!!」



…寝てるのを良いことに、私の気持ちなんか完全に無視して、
それで、自分の気持ちだけ良いように押し付けるなんて…。



―そんなの卑怯だよ!!!!



…上記の7文字に、自分の思いをすべて叩き込む。



「…だって。…だって、仕方がないじゃない。」
「…?」



―何がどう「仕方ない」のだ?



「アンタに…キョヒられたって、"はいそうですか…。"って
簡単に、自分の気持ち、…変えられないんだよ?」
「……。」
「…だから、…だから。…苦しかった。……切なかった。……悲しかった。」
「…気づいたら、…アンタを、…奪ってた。……ゴメン。」



―かがみの顔は、怒られているときの子供の顔みたいに、
目が泳いで、寂しそうに下を向いている。



…「本当に」悪いことをした。とは思っているらしい。



―かがみの気持ちが全く分からない訳ではない。



―恋した分だけ、拒まれたときに発生するであろう、鬱屈な気持ち。
後から膨れ上がるその気持ちを抱えきれずに、晴らす場所を探していた。



―その場所が、私の口唇だった。という訳だろうか?



「でも、シちゃった時は、すごく…気持ちよかった。」
「なっ…!?」
「どうしようもなく…、心地よかった…。
このまま時が止まったらって、思った。」



―かがみの顔が、また近づいてくる。



またやるつもりだろうか?



―と、思ったら、首の左側で静止した。



…舌で…触れられる。



「うひゃぁ!?」



―声に出てしまう。
…構わず、かがみの舌が、耳の辺りまでゆっくりと這い上がってくる。



私の頭のヒューズが何個かトンだ気がする。
―もう訳が分からない。…さまざまな思考が、
頭の中をぐ~るぐ~るとゆっくり、回転し始める。



…一番の常識人だと思っていたんだけどこんなの絶対違う!
あぁぁぁ…かがみが変だ…かがみが変だ…かがみが……


―耳元でかがみが、ささやくように言う。



「こなたのこと…大好き。」
「こなたと…ずっと…ずっと…一緒にいたい。」
「もう絶対…放してあげない。」
「こなた…。大好きだよぉ…。こなたぁ…。」



―かがみの放つ一言一言にアタマがクラクラしてるのが分かる。
…あぁ…もう、…どうにでもしてくれていいよぉ…。
…考えるのもメンドクサイよぉ・・・。



―耳たぶを甘くかまれた後に、強く吸われる。



「ひゃっ!!?」



―体中に電気が走ったような感覚。
…直後、全身を覆いつくす、脱力感。



…また、かがみの顔が正面に来る。
すでにかがみの目は、とろ~んとしていて、ほっぺたは紅潮している。



―私も同じ状態なのは百も承知だ。



「キスして、い~い?」



…返事のかわりにコク…とうなずくと、嬉しそうにかがみが唇を塞ぐ。
…もう…抵抗はしない。



…それよりも、この、変なかがみの強烈な”デレモード”って奴を
楽しみたくなってきた。



…これだけひどい事をされてるのに、かがみのことが許せてきた。



…何より、かがみがすごく…かわいく見えてきた。



…とある感情に…気づく。唐突なものではない。
元からソコにあって、いま…ゆっくり…ゆっくり広がっていく感覚。



―そっか、私もかがみの事が、”好き”だったんだね…。



「ちゅぅぅ…んくぅ…うぁん…んんぅ…。」
「んぅ…ふぁふぁいん。(かがみ。)」
「ん~?」
「ぷはっ…私も…大好きだよ?」
「うんっ!」
「ん~!!!!!??」



―キスはまだ続く。



fin


コメントフォーム

名前:
コメント:
  • はっ、はなぢが・・・・・・(つ ̄T ̄)ツー -- ぷにゃねこ (2013-01-26 17:39:25)
  • たまらんぐふ -- かがみんラブ (2012-09-24 06:06:16)
  • GJと言わざるを得ない -- 名無しさん (2010-03-31 00:09:19)
  • その辺の18禁同人よりエロくて切ない… -- 七市 (2010-03-30 00:14:18)
  • エロパロスレの作品より官能的だと思った。gj -- 名無しさん (2009-12-05 22:03:35)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。