…もしも、こなたが原作版と入れ替わったら? (前編)

このページを編集する    
―私はいつからアイツの事が好きになったのだろう?



…気づくとアイツの事ばっかり考えてた。



本人は気にしている小さな体、胸、そして顔にある大きなホクロ。
コンプレックスも、すべて私をトキめかせる長所になっている。
いつか、ちゃんと告白してアイツと…”恋人”同士になれたらいいな。



でも、マトモに告白したって「ダメだよ…。」とか言われるのは
目に見えて分かってる。



成功か否かはともかくとして、言うキッカケが掴めず
気づいたら、もう3年生になっていた。



言うんだ、今回こそ…。



―早く、来ないかな、アイツ。

―7月8日、日曜日。
わたしは、みゆきさんとふたりで住宅街を歩く。
目的地は柊家。今日は双子姉妹の誕生パーティーだ。
去年のプレゼントはさすがにドン引きしたみたいだから、
今年こそはまともな物を送りたい。



「みゆきさんは何をプレゼントするの。」



試しに、聞いてみる。



「去年はイヤリングでしたから、今年はネックレスを贈ろうと思っています。」
「泉さんは?」
「んーと、両人ともルビーのイヤリングだね。」



…それと、STG好きのかがみに某、<<よう、相棒>>のアレをあげようと思っている。
何回P●xyに墜とされるか、今から楽しみで
ニヤニヤが止まらない。



―そんなこんなで到着。
呼び鈴を鳴らす。
すでに誰が来るのかは分かっていたのだろう。
両人とも出てきた。



「おーっす!いらっしゃーい。」
「こなちゃん、ゆきちゃん、来てくれてありがとうね♪」
「おぃ~っす!かがみ、つかさ、昨日も言ったけど誕生日おめ~!!」
「かがみさん、つかささん、誕生日おめでとうございます。」
「ま、まぁ、こんなところで立ち話もなんだからさ。上がりなよ。」



各人それぞれの挨拶をすませ、居間に通される。



「はい、プレゼント♪つかさにも。」



言って、差し出す。



「うわ、アンタにしてはえらくマトモだ・・・。」
「うわぁ~、こなちゃんありがと~」
「マトモすぎてコメントしづらいが・・まぁ、うん、ありがと。」
「それと~、かがみにはもうひとつ。お下がりになるけど。」



言いながら例のパッケージを見せる。



「ホイこれ、かがみにあげる。」
「お~、ZEROじゃ~ん。5までしか持ってないからマジ嬉しいわ。」
「一段落したらやってみるといいよ。」
「そうさせてもらうわ。」



…話が終わり、テーブルの上に置かれた
”たぶん”つかさの手作りらしいイチゴのタルトが気になっているのだが、
私の異変に気づくと、少し笑いながらかがみが、「さ、食べましょ」といってくれた。



・・・・・・。
・・・。



―なぜ楽しい時間というものは、すぐに過ぎ去ってしまうのだろう?
外はまだまだ明るいが、時刻は夕方の18:30。



…何度目かの<<ガルム1墜落!!>>を聞いて、声をかける。



「かがみ、そこは高速バレルロールで避けれたよ~。」
「言ってる意味が分からん。」



みゆきさんに目配せしながら、言う。



「と、そろそろ帰るかなぁ~。」
「え?まだ明るいじゃない、ゆっくりしていきなさいよ…。」
「いや~帰んないとお父さんがお腹すかせてるし。」



言いながら立ち上がり、歩き出そうとする。



「ち、ちょっと待ってこなた!」



呼び止められる。



「うん?どったの?」
「そういやアンタの誕生日って5月28日らしいじゃない。」
「そうだけど、なに?」
「まったく…。言ってくれれば、私らも何かしてあげれたのに。」
「私は別に何も…。」
「そんなこと言わずに…ほれ。あげる。」



言いながら、かわいらしいピンクのチェックが入った紙袋をかがみが差し出す。



…受け取る。



「…ちょっと遅れてるけど誕生日のプレゼントよ。」
「かがみが?私に?」



…正直、人から何かをプレゼントとかされるのは慣れてないので、
声が上ずってしまう。



なぜかは分からないけど、かがみの顔が赤面している。



「い、いいから黙ってしまっときなさいよっ!」
「かがみ。ありがとう…♪」



…素直に嬉しかったので思わず声に出てしまう。



「んじゃあ、また明日ね。かがみ♪」
「うん。それじゃ、バイバイ。」



…みゆきさんと一緒に柊家を出る。



ふと、振り向くとかがみの顔が少し寂しそうに見送っていた。
・・・・・・・・。
・・・・。


―帰宅後。



一通りの家事を終えて、時間は午後9時。
いつもならここでネトゲにログインだが、今日はちょっと気になることがある。



…かがみにもらったプレゼントだ。



”帰るまで開けないで。”と厳命されているので素直に従っておいた。
カサカサと音を立てて紙袋を開封する。



「なにこれ…。」



出てきたのは、金属製で”K”の文字をかたどったケータイ用のストラップ。
キラキラと銀色に輝く。中心あたりにはご丁寧に
5月の誕生石である、エメラルドが配置されている。



…どう考えても、普通の高校生が他人の誕生日にあげるような代物ではない。



―私がケータイなんざ、ほとんど持ち歩かないのを知っての所業なのだろうか?
…つ~か、コレ絶対高いよねぇ…?



「………。」



わたしの頭の中でさまざまな思考がうごめく。



…こんなの貰ってどうしろと?
…とりあえず付けてケータイを持ち歩けってこと?



―唐突に思い出す、あのかがみの赤面した顔。
ひとつの「可能性」に、気づく。



…まさか、かがみ。……いや、違うよねぇ?



―頭をワッシャワッシャと掻きながら、今日も夜が更けていく。
・・・・・。
・・・。



―翌日。



「お~っす、こなた。」
「こなちゃんおはよ~。」
「あい、おはよう…。」



…我ながら気の抜けた返事だと思う。



「また、徹夜でネトゲーかぁ?まったく…。」
「言っておくけど、昨日はネトゲしてないよ。」



言いながら、少しだけかがみを睨み付ける。



「あによ?」
「…別に。」
「そういや、昨日ちゃんと家に帰って開けたんだろうな~?プレゼント。」
「かがみ。家に帰って開けてみたけど、アレ高かったよね?…あんなの、私がもらってもいいの?」
「私が、アンタのために買ったんだから、だまってもらっておいていいの。」



…言いながらなぜか顔をそらすかがみ。



「でもさ、なんか悪いよ…。」
「良いから、貰えるものは貰っとけ!」



…言いながら走り出すかがみ。



―最後に見た顔は、やっぱりなぜか赤面していた。



特に変わる事のない一日が始まる。
・・・・・。
・・・。


―HRも終わり、私はひとつ、欠伸をする。



…今日も終わった。



空かさず。と言うべきか、今日はちゃんともってきたケータイから
バイブの振動が伝わる。



―開いて見てみると、かがみからだった。



”大事な話があるから、今から屋上に来てくれない?”



―…何だろ?



…階段を上って金属製の重たい扉を開けると、屋上に到着する。
夕日を浴びながら鉄格子に体を預けて、誰かを待っている女の子が一人、立っている。



―かがみだ。



「で、なにかな?」
「あ…うん。……」
「…。」



―沈黙。



…呼び出した位だから、何か話があるハズなのだが一向に話す気配がない。



…うっすらと見えない、あやふやな思考の糸が
繋がりかけているのは、私だけだろうか?



「ちゃんとケータイ持ってきたようで嬉しいな。」



スカートのポケットから、昨日つけたストラップが
顔を出しているのをかがみに発見される。



「まぁ…さすがにね。」
「…それね?あんたの言うとおり、結構高かったんだから。」



―話す勇気ができてきたのか、かがみが口を開き始める。



「この先いろいろあるかな~って思って貯めてた貯金、
全部使っちゃった。」
「…な!?」



……堅実なかがみの事だ。
確かに、卒業やら進学やらでいろんなお金が吹っ飛ぶだろう。
バイトはしていないとは言え貯金は数万とかではないはずだ。



「だったら…ますますこんなの受け取れないよ!?」



…あからさまにキョドる私を尻目に、かがみが落ち着いて首を振る。



「ううん。あんたがもってて。
だって、私、あんたの事……好きみたいだから。」



わたしの目をまっすぐ見つめながら言う



「…こなた。…私…あなたの事、好きです。…付き合って…ください。」



……は?…今、なんて…言いました?



…前述のとおり20%位は予想していたんだけど、
実際に聞くと、相当異質のものに聞こえる。



…つか、かがみ?。自分がなにを言ってるのか本当に分かっているの?



「え?そ、そんな事いわれたって…困るよ。」



…何とか言葉をひねり出す。



「あ…。」



かがみの顔が一気に寂しい顔へと変わる。



「そっか。…やっぱり駄目だったんだ。」
「ごめんね?…迷惑だったよね。」



―言って、立ち去ろうとする。だが、わたしの手が、
かがみの手を掴むほうが速かった。



「ち、ちょっと待って!」



―はぁ、なんか恥ずかしいなぁ~。



「よく聞いてね?。私、かがみから”好き”って言われて、
とっても嬉しいんだよ?。…”迷惑”だなんて、そんな事思ってない!」
「"好き"か、"普通の友達"か、"嫌い"って言う3択なら、
私だって、間違いなくかがみの事、"好き"なんだよ?」



「…じゃ~、良いんだよね?」



…言いながら目を閉じて、キスの体勢をとるかがみ。
…ほっぺたをグニュとつまむ。



「だから、気が早いっつ~に。」
「…なによ?」
「確かに、私もかがみの事好き。だけど、私のほうは、まだそこまで
かがみのこと思えてない。」
「…そっか。」
「……。」



…いい加減、私の言葉に一喜一憂するのはやめてほしい。
さすがにこんなことをかがみに言いたくないけど、
常識で考えたら、おかしいよ?女が女の子を好きなんて…。



―大体、本来なら住むべき世界すら違うんだよ?



今はたまたま一緒なだけであって。
成績優秀、品行方正、しかも、将来は法学部に入学して弁護士志望だという。



……かがみならやってのけるだろう。



かたや私は見ての通り、勉強嫌いのβακαだ。
将来はバイトを続けるか、NEEEEEET予定かな?



―自分で考えおいてなんだが、鬱になってきた。
かがみへの救済を通して、自分も救われるように、言う。



「…でも、私のほうは、かがみに対して壁なんてないから。
今まで通り、接してくれて良いから。」
「…うん。」
「もちろん、かがみも遠慮なんかしなくて良いんだよ。」
「こなたぁ…。」



言いながらかがみの目から涙がこぼれる。



「も~。泣かないの~。」



―ハンカチを差し出す。



「ほら、これで涙拭いて。帰るよ。」
「うんっ。」



―今日も日が暮れていく。


後編へ続く


コメントフォーム

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。