彼方へと続く未来 プロローグ

このページを編集する    
 別れ。それはいつか必ずやってくるもの。
 想い。それは誰かに伝えるもの。
 ――た。それは私が大好きな人の名前。

 だけど、私はそれを全て拒絶することになる。
 二月のある日に訪れた出来事によって。
 だから、この時の私はまだそれを知らない。
 一月一日という時の中を過ごしていた、この時の私は―― 


        『彼方へと続く未来 プロローグ』


「お姉ちゃん、あけましておめでと~」
「うん、今年もよろしくね~、つかさ」

 例年通り初詣客でおおいに賑わっている鷹宮神社の
境内の一角で、私はつかさと新年の挨拶を交わしていた。
 赤と白に彩られた巫女服を着込んでいつも通りの会話を
続ける私たちは、今年もお母さん達を手伝う為に、受験勉強を
一時中断して境内を巡回していた。

「そういえば、今年はまだ来てないわね、アイツ」
「うん。多分もうすぐ来るんじゃないかなぁ」

 かじかんだ両手にハァ~ッと息をかけながら、
少し遠回しに呟いた『アイツ』と呼ばれた人物。

 しかし、実を言うと既に私たちのすぐそばで、アイツは
五分近く気づいてくれるまでじ~っと立ち続けていたらしい。
 私とつかさがそれに気づかなかった原因は、その本人が
青いニット帽を頭に深々と被っていた為であった。

「まっ、気長に待ちましょ。ほっとけばすぐに来るわよ」
「そうだね~。じゃあ、一旦お母さんの所に戻ろっか」
「うん。そうしましょ」

 そうして、私とつかさが本殿に向かって歩きだそうとした
まさにその時。『アイツ』はほんの少し口元を緩ませながら、 

「やふ~。かがみ、つかさ、あけおめ~」
「のわぁっ! こっ、こなたぁ!?」
「こ、こなちゃん!?」

 青いニット帽を取って私たちに新年の挨拶をしていた。
 こぢんまりとした体格に長く伸びた青い髪。
 加えて頭頂部にあるぴょこんと突き出たアホ毛。
 色々な意味で特徴のあるオタク少女――こなたの登場だった。

「まったくもう、また二人とも同じパターンに
 引っかかっちゃったね~。去年だって……」

 顔をにやつかせながら、他の初詣客達の喧騒に
負けないくらいの勢いで次々にまくしたててくるこなた。
 それに対して、私はいち早く反応し、言い訳をした。

「しょ、しょうがないでしょ。今日は人でいっぱいだし、
 アンタの方もそのアホ毛が見えないとやっぱり見分けが……」
「うん。私も全然分からなかったよ~」

 新年早々からこなたに奇襲を受けてたじろいでしまった。
 既にこの手のパターンはお馴染みになってきているハズなんだけど、
やっぱり年始の特別な雰囲気の中で油断しちゃったのかな。
 ……なんか無性に悔しい。

「まっ、それはそうと……。明けましておめでとっ、こなた」
「明けましておめでと~、こなちゃん」

 いちはやく気を取り直した私が先陣をきってこなたに
新年の挨拶をし、つかさがそれに続く。 一方、こなたは――

「あい、ことよろ~。それにしても、いつ見ても巫女服ってのはいいねぇ。
 この色の組み合わせなんかがもう……」

 挨拶も早々に私たちの巫女服をまじまじと見つめるこなた。
 その光景にあきれる私と軽く笑みを浮かべるつかさ。
 やっぱりこなたは、こなただった。

「全く、今年は大学受験もあるのに緊張感ゼロね、アンタは。
 ていうか、まさかアンタ昨日……」

 頭の中によぎった嫌な予感をこなたにぶつけてみる。
 だけど、こなたの返答の内容は良い意味で予想に反したものだった。

「いや~、流石に今回のコミケは自重したよ。
 夏の時はまだ少し余裕あったんだけどさすがにね」
「そうそう。こういう状況の時くらい行くのやめて正解よ」

「コミケ……! はわわっ……」

 半ばほっとした感覚にとらわれている私の横で、
何かを思い出しながらブルブルと怯えているつかさがいた。
 どうやら、またコミケの『トラウマ』が働いているらしい。

 そんなつかさを慰めると同時に、私は去年の初詣の時とは
何かが違っていることに気づき、こなたに質問した。

「そういえば、おじさんは? 去年は一緒に来てたのに」
「ん~、家でのびてるよ。何せ今回は私の分まで
 コミケに行ってきたもんだからクタクタになってたねぇ。
 ちなみに、ゆーちゃんはみなみちゃん達と初詣に行ったよ」
「よかった。ゆたかちゃん達は巻き込んでなかったのね。
 だけどアンタ、自分の親でも容赦ないな……」

 さっきよりも一段とあきれてこなたをガン見する私。
 そんなことよりも勉強はちゃんとしてるのかしら?
 私が再びこなたに問いつめようとした矢先―― 

「ところでこなちゃん。お祈りはもう済ませたの?」

 ふと、先程のトラウマからようやく脱出していたつかさが、
何事もなかったかの様にこなたに話しかけていた。
 しかし、次のこなたのひと言によって、私の体の動きが
ピタリと止まることになろうとは、想像もしていなかった。

「うん、もう済ませたよ。これからもつかさやみゆきさんと
 仲良く出来ますように~……ってね。それに合格祈願も」
「えっ……?」 

 最初は、ただの聞き間違いだと思っていた。
 だけど、今のこなたの言葉を何度繰り返してみても、
そこに私の名前は無かった。

 どうして、私の名前だけないんだろう?
 今の発言の意図について私がこなたに
食って掛かろうとしたまさにその時、

「こ、こなちゃん。お姉ちゃんは?」

 と、またもやつかさが先にこなたに質問していた。
 これはチャンス、といわんばかりに私がそれに続く。

「そうよ! なんで私だけ……」

 正直、ちょっぴりショックだった。
 こんな気持ち、去年のクラス替えの時以来よ。
 ……ねぇ、こなたは私のことどう思ってるわけ?
 そんなに私とは仲良くできないってことなのかな。

 私のネガティブ思考が頭の中でグルグルと
回転を始めようとした次の瞬間。 

「んっふっふぅ~~!」

 こなたの表情が変わった。みんなで海に行った時に浴場で
見たニヤニヤ顔を遥かに上回った表情を浮かべながら、
私とつかさに右手の人差し指をびしっと向けると、

「んふふ~、ダメだよ二人ともぉ。特にかがみん。
 そこは『へぇ~、アンタも意外にかわいい所あるのね』
 って返してくれなきゃあ」

 と、私の声真似をしながら再び満面のニヤニヤ顔を浮かべるこなた。
 一方、いきなり指を差された私たちの方は言葉の意味が分からず、
あたふたしながらこなたに事の真意を問いただすことにした。

「……どういう意味よ、それ」
「忘れちゃったの? 自分が去年ここで何て言ったのかさ」

 去年? ここで? 何かあったかしら。
 私が去年この場所でこなたに話したことと言えば、
 自分の名前の由来とか、おみくじについてとか、
後はつかさのおかげで教えることになっちゃった私の……あ。

「どう、そろそろ思い出したでしょ?
 あの時のかがみのツンデレぶりには萌えたよ~」 

 ええ、思い出しましたとも。あんた、去年の私のお祈りの内容を
少しいじって返してきたってわけね。顔が熱くなってきちゃったわよ。

 思わず顔を下に向けて恥ずかしがる私。
 同時に、吐いた息が白い湯気となって私の顔を覆っていた。
 ……今年も主導権はこなたにあるようだ。

「あんたねぇ。人をからかってる暇があったら真面目に……あれ?」

 巫女服の袖を振り上げて説教しようと顔を上げた時、
既にこなたは本殿の方に向かって歩き始めていた。 
 しかし、私の声は届いていたらしく、途中で歩くのを止めて
くるりとこちらを向くと、

「じゃあ私、これからおみくじ引いてくるからさ。
 今年は凶以外のものを引かなきゃね」
「ちょっ、待ちなさいよ。 まだ話は……」
「すぐ戻ってくるからさぁ。 だからっ……、また後でね。
 “かがみ”、つかさっ」
「あっ……」

 もう。そこで名前呼ぶの、反則じゃない。
 なんにも言えなくなっちゃうじゃないのよ。
 小さな歩幅でおみくじ売り場の方に歩くこなたの
背中めがけて、そう心の中で突っ込んでやった。
 一方、つかさの方はというと――

「う~ん、どういう意味なのかな。 お姉ちゃんはわかった?」
「え!? ううん、私にもぜんっぜんわからなかったわよ!」
「……? どんだけ~」

 案の定話が理解できてないようだった。
 だけど、こんなことを話すわけにはいかないので、
誤魔化すことにした。ごめんね……つかさ。

「でも、今日のこなちゃんどうしたのかなぁ。どうして……」
「どうしたのよつかさ? また考え事?」
「ううん。何でもない、何でもないよ……」

 今思うと、この時の私は何も気づいていなかった。
 つかさだってちゃんと気づきはじめていたのに。
 もしかしたら、気づこうとしなかったのかもしれない。

 ――こなたが伝えようとした、別れへのカウントダウンに。


コメントフォーム

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。