『Escapade ~Especially for you  after episode~』

このページを編集する    
体に倦怠感を感じる中、重い瞼を開く。
そこにはバスローブ姿のこなたが、私の隣で気持ちよさそうに眠っていた。

何でこなた、こんな格好しているんだろ。私も髪をほどいた状態でバスローブ着ているし。
しかもここ私の部屋でも、こなたの部屋でもない・・・どういうこと、これ?

現状を認識していない頭で部屋を見渡すと、テーブルの上にある
――東横イン 浅草千束
と書かれたタオルが視界に入ってきた。

えーなんだってーーー!!!


『Escapade ~Especially for you  after episode~』


すーはー、すーはー・・・・・
まずは落ち着いて、昨日の記憶を振り返っていこう。
たしか酉の市を一通り巡って、こなたのガチャポンに付き合ってから
また他を回り始めたのよね。そこまでは確実だわ、うん。
それから浅草方面へ歩き、途中見かけた全国チェーンの居酒屋に入ろうって
ことになって、2人楽しく飲んで盛り上がって・・・ここから記憶が抜けている。

そして今は2人同じベッドの上、バスローブ姿で寄り添って寝ている。
何かやらかしたか、私・・・こなた相手に。
そう考え込んでいると、こなたが目を覚ました。

「おはよ~かがみ。かがみ昨日はすごかったね。」
「え・・」
「かがみん夜も突っ込みだったね。でも昼よりも優しさと慈しみがあふれ出ていて
すごくよかったよ。」
「は・・ぁ」

ふだんとは明らかに違う、しおらしくしているこなたの発言を
鳩が豆鉄砲を食らったかのような顔で聞く私。

「私初めてが、かがみで良かった。愛しているよかがみ・・」

ボンっと私の顔が赤くなる。
えー!ホントにこなたと!!ウソ~!!!

「不器用なかがみの手の平が、私の背中で温かいよ。
かがみの優しさがすごく伝わってくる・・・。」

今軽く失礼な事を言われた気がしたが、それどころじゃない。
慌てて、こなたの背中に置いていた手を退ける。

「もう、そんな慌てなくてもいいのにかがみ。かがみと私は互いに裸で
すべてをさらけ出して、抱きあった仲なんだし。」

ん・・・裸ですべてを?今の姿はバスローブ。その下は?

ちょっとした違和感を感じた私は、自分のバスローブの下を覗いてみた。
下着は・・・付けている。
経験が無いから詳しいことは知らないが、酔ってコトを終えた後、
わざわざ下着を着けて、バスローブを羽織るだろうか?
せいぜいバスローブだけを羽織るか?裸のままだろう。
ってことは、またこいつの悪戯か・・・今回はかなり悪質だがな。

「なあ、こなた。」
「な~に、かがみん。」
「あんたの言う裸で抱き合うって、下着をつけてのことを言うのか?」
「え・・・。(急にバツの悪い顔をする)」
「これあんたの悪戯だろ。正直に白状しな・・・」

握りこぶしを作り、ギロリと睨みつける。

「(普段のゆるい調子に戻り)いや~2人のお出かけの記念と思ってね。ダメ?」
「駄目に決まっているだろ。このバカ。」
(ごちん)
「あ~~」


「(腕を組み、仁王立ちで)どういうことか説明してもらいましょうか、こなたさん。」
「(ベッドの上で正座して)はい。かがみさん。」




―――――数時間前
「あ~あ。かがみ寝ちゃったよ。これはホテル泊まるしかないな。」
そう呟き、近くにあったビジネスホテルのエントランスへと、かがみを担ぎながら
入って行った。

「いらっしゃいませ。」

受付には支配人クラスと思われる女性の方がおり、応対していた。

「すみません。ツインルームって空いていませんか。」
「・・・ねえ、お嬢ちゃん。今おぶっているのは、あなたのお姉ちゃんかな?」
「いえ違います。この子は同級生なんです、高校の。」
「(にこやかに)とりあえず、お嬢ちゃんのお名前とご家族の連絡先を教えてくれるかな?
今すぐ呼んであげるからね。」
「(軽くショックを受け)ホントに高校の同級生なんです。ちなみに今は大学生です。
これが私の大学の学生証と運転免許証です。」

受付でちょっとした誤解を受けたが、どうにか部屋に入る事が出来た。
部屋に入ってからは、気分が悪くなったかがみをお手洗いまで付き添い、
お手洗いから出てきた後は、ベッドに体を横向けにさせ寝かせた
(こうするとこみあげてきたモノが喉に詰まらず安全。ゆい姉さんで実証済み)。
そしてベッドサイドには水と洗面器を用意し、落ち着くまで様子を見ていた。

しばらくして、う~う~と唸っていたかがみがすうすうと安らかな寝息を
するようになり、ホッと一安心した。そこで改めて寝ているかがみを見つめる。


普段、虎かライオンの様なかがみ(中身はうさちゃん)が
小鹿のバンビの様に弱っている
・・・・・これは、美味しくないか?


そう思うがいなや、この場に適切なかがみ弄りプランを瞬時で弾き出し、備え付きの
バスローブを2つ取り出し、こみあげる笑いをこらえつつプランの準備を始めた・・。




「・・・という訳なんだよ、かがみん。」
「面倒を見てくれたことは有難いが・・・高校時代の風邪をひいた際のお見舞いのとき
といい、どうしてあんたの親切は親切のままで終わってくれない?
余計なモノが付いてきてくれるかな~ホントに。」
「いやいや、普通に終わったらつまんないじゃん、私が!!」
「何であんたの楽しみの為に、私が踊らされなきゃいけないんだ。」

「まあまあ、お腹も空いただろうし、おにぎりとみそ汁を下の食堂から持ってきたから。
これ食べて落ち着いて。」
「(なんか釈然としないけど)分かったわよ、頂くわよ。お腹も空いたし。」
「はい、どぞどぞ~(流されやすいな~かがみん。ニヤニヤ)」

おにぎりを一口頂き、お味噌汁を飲み始めたら

「かがみん、バスローブを着て髪を下ろし、食事している今の姿、
一仕事終えた後のAV女優さんみたいだよ~。」

とのたまってきた。

「ぶっ。げほ、げほ、あんたね~。」

この女とは、こうやって振り回されながらこれからも過ごしてゆくんだろうな・・・
とこなたのアレな発言に噴き出し、ご飯粒とみそ汁が喉や気管に詰まり苦しむ中
そう思うのであった。





コメントフォーム

名前:
コメント:
  • gj!

    ……エロパロスレだったらいくとこまでいってしまう感じだったろうなwww -- 名無しさん (2009-12-07 19:38:04)
  • おお、つづきありがとうございます!
    GJ! -- 名無しさん (2009-12-07 01:01:40)


投票ボタン(web拍手の感覚でご利用ください)


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。