今日の小なた24(こなかがBBS)

このページを編集する    
ボディソニックこなた

こな 「かがみー!」
かが「んー?」
こな 「たまにはさ、一緒にゲームやろ~よ~! いつも私の家だと見てるだけじゃん?」
かが「あー、家庭用のゲームは経験が少なくて・・家のX360なら出来るゲームもあるんだけど・・」
こな 「へ、何で? かがみ、ゲーム詳しいのに?」
かが「だって私、ゲームセンターがメインのゲーマーだから」
こな 「え・・? かがみってそんなキャラだったっけ・・? 今回のネタだけ?」
かが「今回も次回も良く分からないけど、私の趣味は昔からゲームセンターのSTGなんだけど。
    高校入りたての頃は、週3ぐらいで行ってたし」
こな 「そうだったの!?」
かが「いや、何でそんな重要な設定を忘れてんのよ! さんざん人のことオタクってからかってたじゃない!」
こな 「私・・かがみって腐女子系のキャラだと思ってたよ・・」
かが「ちょっ! その発言はさすがにショックだぞ!」
こな 「ひよりんとロイエンタールxミッターマイヤーについて議論してなかったっけ?」
かが「してねーよ!! さらりとデマを言うな!」
こな 「『普通、ロイ受けッスよね?』と言うひよりんに対して、かがみは反対の立場なんだよね?」
かが「まー、確かに・・・・いや、違うっ! どっちの立場でも無いから!」

こな 「ふむ・・ともあれ、かがみにゲームさせるためにはゲーセンの移植作が必要かぁ・・」
かが「ともあれで終わらせるなよ・・しかし、ゲームの種類もそうだけど家庭用はやっぱり音がね・・」
こな 「音? ヘッドフォンならあるけど?」
かが「耳周りが気になるじゃないのよ」
こな 「むぅー! 不満が多いなぁ!」
かが「いやいやこなた、考えてもみなさいよ? 今はゲーム機もモニターも家庭用の性能がすごいでしょ。
    でも、音楽ゲームなんかを見るとさ、音響機器についてはまだまだゲームセンターの方が豪華だと思わない?」
こな 「まあ確かに・・あんな周囲がうるさいのに普通にBGMが聞こえるよね」
かが「そうそう、ゲーセンに較べると、家庭用の同じゲームで音楽聞いても、アレー?って感じになるわ。
    どうしてだか詳しいことは良く分からないけど」
こな 「低音が体に伝わるのが大きいのかもね・・スピーカーの位置がTVと結構違うからナァ・・
    ・・・・うーむ・・よし、ならば!」
かが「どしたー、こなた?」
こな 「ちょい待っててー!」
かが「はぁ・・?」

こな 「(ドタドタ!)かがみーん! コレ見てよ!」
かが「えーと、これは・・椅子ですか・・?」
こな 「そーだよ! お父さんが昔買った、ゲーマー御用達のスピーカー内蔵椅子!
    スピーカーが背もたれのサイドと、お尻の下の計3箇所に付いた限定品ですヨー!
    これでマニアなかがみんも、私とゲームしたくなってきたっしょ?」
かが「ふーん・・まあ試すだけならね・・」
こな 「お! 興味出てきたみたいだねー? よしよし、早速座りたまへー!」
かが「ハイハイ・・」
こな 「よいしょっと! どーかねー? かがみんや?」
かが「アンタのアホ毛が邪魔で画面が見えない・・ってか、先に座らせといて人の足の上に乗るなよ!」
こな 「一人用の椅子だから背面座位もしょうがないじゃーん? それとも、かがみだけスピーカーを使おうと言うのかね!」
かが「背面座位とか言うな・・無理に2人でやらなきゃいいじゃない・・?」
こな 「私はかがみと2人でしたいの!」
かが「・・ホントにもー、こいつは・・」
こな 「まぁ、とにかくゲームスタート! ・・・って、おお!? す、すごいなコレ!? 今まで使ったこと無かったけど、こんななんだ・・」
かが「へぇー・・確かに低音が強く響くとそれだけでゲーセンっぽくなるわねー」
こな 「ゲーセン好きなかがみんにそう言って貰えるなんて嬉しいな! よーし、じゃあクリア目指して頑張ろうぜ!」
かが「ちょっと待て・・早くもヒザがキツくなってきたんだけど・・!」


ゆた「ただいまでーす」
こな 「おー、ゆーちゃんお帰りー」
かが「こんにちわ、ゆたかちゃん・・」
ゆた「あ、かがみ先輩・・? ど、どうしたんですか!? どこか具合が悪いんですか!?」
かが「ちょっと遊びすぎてさ・・お尻がヒリヒリして動けないの・・」
ゆた「・・!? えと・・お、お尻・・?」
こな 「いやあ、かがみんたら、最初は気乗りしないみたいだったのに、いざ始めると豹変してさぁ・・
    私も腰がビリビリするよ・・」
ゆた「ええぇー!? あの・・その・・!?」
かが「でも、楽しかったわね! 今度遊ぶときはゆたかちゃんも誘おうか? あの体験はなかなか衝撃的よ」
こな 「お、いいねー!」
ゆた「ひぇーっ!? え、遠慮しときますー!」



秋葉デート

こな 「かがみー、次はトラタワ行こうよ! 秋葉名物レゲーのトラタワ!」
かが「ハイハイ・・しっかし、最近暑くなってきたわねー」
こな 「もう夏休みだもんね! 今までは週1回だったけど、これからは毎日かがみんと秋葉デートが可能だよ!」
かが「まあねえ・・って、オイ。 待て待て、ずいぶん早くないか?」
こな 「ん? 私の大学だとこれから試験期間ってヤツで、後は2、3日学校に行くだけで前期は終わりなんだよ!」
かが「試験期間は知ってるけど、普通はその時期には試験勉強をしてなきゃいけないもんじゃないの?」
こな 「これから試験受けるのは、無勉でもパスできそうな授業だけだもん! ちゃんとリサーチ済みだから!」
かが「そんなんで単位足りるのー?」
こな 「他は全部、夏休み中のレポート課題が試験代わりなんだよ! まあ、こいつらは楽勝でしょ?」
かが「今頑張らないヤツが、夏休み中に頑張れるのかねぇ・・怪しいモンだわ」
こな 「大丈ー夫! なんてったって夏休み中の私には、頼れるブレーンがいるから!」
かが「・・私は手伝ってあげないわよ」
こな 「へ・・? な、なんですと!? みさきちと頑張って考えた完璧な作戦がー!?」
かが「頑張るとこ違うでしょーが・・」
こな 「いやいや、待ってよー、かがみ~ん。 可愛い恋人がデートの口実を作ってあげてるんですヨー?」
かが「こういう時だけ猫なで声だもんなぁ・・レポートはどうすんのよ?」
こな 「するする! するってー! レポート自体は私とみさきちが書くから、かがみはちょっと見てくれればいいんだよー?
    かがみが考えたのを丸写しなんて、滅相も無い!」
かが「えぇー・・うーん・・? なーんか、あんまり信用できないのよねー」
こな 「私とのデートがついてくるお得プランなんですよー? これを見逃すなんて、かがみじゃないよ!」
かが「ほーぅ・・でも、デートってもどうせ秋葉でしょー?」
こな 「むぅ・・ダメ?」
かが「相方の将来の為を思って、ここは心を鬼にしとくかな」
こな 「バカなっ!? 秋葉、超楽しいじゃん!」
かが「だってさー、アンタが誘ってくれたデートって、春も夏も冬も秋葉じゃないのよー」
こな 「そう言われると確かに・・ちょっとバリエーションが少なかったカナ?」
かが「季節感が無いわよね。 夏なんだしまあ、他にもさぁ・・」
こな 「季節感かあ・・よーし、ちょい待っててくれたまへ! 今から最も秋葉で夏を感じるグッズを買ってくるよ!」
かが「いやだから、秋葉じゃなくてさ・・」

こな 「買ってきたよー!」
かが「・・何じゃコリャ・・」
こな 「秋葉で季節感と言えばコレだ! アイスクリン!」
かが「アイス?」
こな 「アイスクリン! 秋葉名物のアイスクリンだよ!」
かが「高知の名産って書いてあるケド・・」
こな 「でも、秋葉のコンビニで売ってるのだよ! 毎年、コレを食べると夏なんだなぁ・・と、感じちゃうね!」
かが「はぁ・・
    あ、シャクシャクしてておいしいわね、コレ」
こな 「いいでしょ? いいでしょー? 私の課題を手伝うと、デートだけでなくアイスクリンまで付いてきます!」
かが「それはお得ね・・って、まて! 食べ物で騙されるほどチョロくないわよ!」
こな 「むぅ・・何が不満なのかねー?」
かが「秋葉でまたーりも良いケドさー・・夏なんだから泳いだりとかしてもいいんじゃない?
    とにかくもう少しサービスが行き届いてないと、こっちも協力し甲斐が無いと言うかー・・」
こな 「ええ!? ・・か、かがみんがそんなに露骨に私の水着姿を要求してくるなんて!?」
かが「なっ・・!? ち、違うわよ! 例えよ! 例え!」
こな 「そっかぁ・・気付いてあげれなくてゴメンね、かがみ・・」
かが「待て! 水着目当てじゃないから! 純粋にデートに季節感を求めただけだって! 花火とかさ!」
こな 「ハハハ、照れなくてもいいのに~! 私は嬉しいよ!
    いつも求めるだけの私にも、かがみにしてあげられる事があったんだからさ・・」
かが「そんな真剣に喜ばなくても!?」
こな 「・・ふぅ・・確かにかがみに課題を手伝ってもらっても、私が代わりに出来る事なんて未発達の身体を晒す以外にないもんね・・」
かが「そんな事ないわよ! 何でそう捨て身なのアンタは! 分かった、レポートは見てあげるから!」
こな 「ヤタ~ッ!! ありがとー、優しいかがみ~ん!」
かが「ハッ・・!? くそぅ・・また弄ばれた!」
こな 「いやいや、代金は前払いでキチッと払いますよーん!
    今日は持ってきてなかったけど、来週秋葉に来るときは下に水着着てくるからね!
    中身を想像して萌えてほしい!」
かが「結局、次も秋葉じゃないのよ!」



恋歌

かが「――『目に近く、うつれば変わる世の中を、行く末遠く頼みけるかな』、か……」
こな「ふぇ? かがみん、どうしたの」
かが「え?――って、うわっ! アンタいつの間にそこにいたのよっ!」
こな「あ、廊下走ってたら、かがみが一人で教室いるのが見えたからー、ふらふらーっと。……ところで今のなに?」
かが「え?」
こな「今、なんか呟いたじゃん」
かが「――え、あー……(まぁ、こいつに分かるわけないよね)……昔の人が歌った和歌よ。なんだか思い出しちゃってね。思わず口に出ちゃったみたい」
こな「……ふーん、どういう意味なの?」
かが「なんだったかな? ……忘れたわ。それよりアンタ、さっき黒井先生が探しに来てたわよ?」
こな「うぇ! マジ!?」
かが「何やったのよ……。先生、珍しく怒ってたけど」
こな「卒業文集に載せる作文……。私だけまだ書いてないんだよねー」
かが「またお前は……」
こな「で、今日残って書いて帰れーっ! って、言われてるんだけどさ。それやっちゃうと、今日のアニメ、見逃しちゃうしー」
かが「少しは卒業生としての自覚を持て。あんただけ留年する気か?」
こな「お願いかがみん、見逃して。ね?」
かが「先生は、見つけたら捕まえといてなー、って言ってたけど?」
こな「うう、かがみ様ぁ、後生ですぅ」
かが「まったく……ちゃんと明日までにはやって持ってくるのよ?」
こな「やったー、かがみん愛してるよー♪」
かが「ばぁーか」

こな「――じゃ、私は先に帰るね?」
かが「あ、うん……。じゃあね、バイバイこなた」 
こな「うん、じゃあ……って、そうだ、かがみ」
かが「うん?」
こな「……『命こそ絶ゆとも絶えめ、定めなき世の常ならぬ仲の契りを』」
かが「――!!」
こな「ふふ、可愛いね、かがみ。……でも、私はずっとそのつもりだよ?」
かが「な、何であんたがそんなの知ってんのよ!?」
こな「ふふふ、あれってアニメや漫画にもなってんだよ?」
かが「ま、まて、別に私はアンタのことを言って――」
こな「じゃあねー、かがみー、また明日ー♪」
かが「ちょ、待ってったら!」
こな「じゃねー、ふふ♪」
かが「待っ――……あぁ、もう!」

かが「……馬鹿こなた。なにが『契りを』よっ!」

かが「……ばか」


:意訳
『目に近く、うつれば変わる世の中を、行く末遠く頼みけるかな』

訳:「私ったら、二人の仲がいつまでも続くと信じていたなんて」
かがみ的には「こなたと過ごす、こんな日常。もう、終わりになっちゃうんだな…」


『命こそ絶ゆとも絶えめ、定めなき世の常ならぬ仲の契りを』

訳:「命なんて絶えてしまっても、二人の仲はそういう生き死にを超えた繋がりなのだ」
こなた的には「たとえ卒業しちゃっても、私達の仲はそんなもの関係なくずっと続くんだよ?」

出典:源氏物語 より


エスコンかがみ

かが「おーっす」
つか「こんにちは~」
こな「いらっしゃい、まぁまぁ座りたまへー」
かが「ゲームしながら言う台詞か?」

つか「こなちゃん、何のゲームしてるの?」
こな「これ?『エースコンバット5』ってシューティングゲームだよ」
かが「へー、あんたにしては珍しいわね。いつもはオンラインゲームとか18歳未満お断りとかなのに」
こな「いやいや、私のジャンルは広いよ?そりゃ殆どはそればっかりしてるけど…」
かが「…そこは否定しろよ」

かが「でもこのゲーム、只のシューティングゲームじゃないわね」
こな「そうそう、ストーリーにも重きを置いてる名作なのだよ」
かが「このチョッパーって人、こなたそっくりじゃない」
こな「私、こんなにお調子者じゃないよ?」
つか「でもすごく明るくて面白い感じがするね、確かにこなちゃんっぽいかも。このサンダーヘッドさんは…黒井先生かな?」
こな「ああ、それっぽいね。いつも『勉強しーやー』ってネトゲで言われてるし…」
かが「私達はこのゲームの登場人物だと何になるのかしら?」
こな「つかさはグリムだね。一生懸命だし、なんか初々しさがそれっぽいし」
かが「あはっ、言われてみればそうね。じゃあみゆきは?」
こな「みゆきさんは…ナガセさんかな。優秀で何でも出来るから」
かが「…私は?」
こな「んー…じゃあペローで(指をモニターに向ける)!」
かが「…コンセント抜くわよ?」
こな「嘘だって。かがみは主人公のブレイズ!何だかんだ言っても格好いいもんねー」
かが「え、あ、ありがとう…」
つか「お姉ちゃん、顔真っ赤だよ~?」
こな「照れてる照れてる、カワユスのぅ」
かが「こっち見んな!」

かが(私達4人が戦闘機乗りか…想像しにくいわね。でもこなたと一緒にフライトってのも悪くないわね。ゲームみたいに軽口叩き合いながら…)

こな「何だかんだ言ってノリノリじゃん、2人とも」
つか「映画見てるみたいで、つい感情移入しちゃうんだよね」
かが「まぁ所詮はゲームの中の世界なんだけどね」

こな「あー、このミッションか…」
かが「何かあるの?」
こな「まぁやったら分かるよ」

(ゲーム中)
かが「この副大統領の焦る顔を見てみたいわ」
つか「みんな戦争を望んでないって事がよく分かるシーンだね」

かが「すごい敵の多さ…大丈夫かしら?」
こな「まぁ余裕で打ち落とすけどねー」
つか「スタジアムに攻撃って…酷い!」

かが「こなた、被弾しちゃったわよ!?」
こな「私じゃなくてチョッパーだけど…」
かが「あ、ごめん…つい」
こな「かがみも感情移入しまくりじゃん」

かが「そう、スタジアムに落として脱出して!」
つか「大丈夫かな、こなちゃん…じゃなかった、チョッパーさん」
かが「大丈夫よ、こんな事で死ぬもんですか!」

こな(結末を知ってる人間にとってはこの後の2人の様子が気になるなー)

かが「こなた、お願いだから脱出してっ!」
つか「お姉ちゃん、大丈夫だよね?こなちゃん、死なないよね?」

『…無理だな』

かが「え…!」
つか「そんな…!」
かが「そうよ、あきらめちゃ駄目、頑張ってよぉ…!」

『チョッパー!!』

かが「嘘…嘘でしょ?」
つか「こなちゃんが…」
かが「こなたーっ!」

『ダヴェンポート大尉へ、敬礼!』

かが「こなたぁ…」
つか「こなちゃん…」
こな「あのー、お二人さん?」

かが「こなたぁ…!」
こな「わっ!」
かが「駄目よ、死んじゃったら駄目だよぉ…!」

こな(つかさはともかく、かがみがこんなに泣きじゃくるなんて…何か嬉しいかも)
かが「こなた、こなたぁ…」
こな「かがみ、つかさが見てるよ?」
かが「だって、だってぇ…!」

つか「お姉ちゃん寝ちゃったね」
こな「…つかさ、ごめん」
つか「いいよ、でもこんなに感情を出すお姉ちゃんも珍しいね…。こなちゃんの事が本当に好きなんだね」
こな「何でこの子はさらりとすごい事言うかなー」
つか「えへっ、こなちゃんも顔赤いよ?」
こな「つかさのくせにー」


拳骨とおでこに手当て

 あぁ、体がいうことを聞いてくれない。瞼が重いのは気のせいじゃない、昨日ネトゲを力の限りやったからに違いないのはわかってる。
 黒井先生の言葉が、まるで子守唄のようにふわふわと聞こえて、それはまるで羊を数えるように、私の瞼をもっともっと重くさせる。
「こなちゃん、だめだよっ」
つかさが小さい声で囁いて私をどうにか寝ないように気を配ってくれる。でもね、つかさの囁いた優しい声は、追い討ちをかけるように私の瞼を重くする。
 ちらりと心配そうに様子をみているみゆきさん。貴女はなんかずるい、そんな顔でさえ萌え要素なのだから。

 あふっ……もう……その、眠いです。先生だって、朝まで一緒にペアして狩りしてたのに、なんであんなに元気なのだろう。

 もう、だめだ。寝たら死ぬぞ!っていわれたって寝ちゃいそうで……

 んー、もうどうでもいいや。
 私は、ペンを放り出して机に突っ伏した。

 硬く握り締めた拳とともにやってくる……鬼の形相をした先生の近づいてくる足音にもきがつかずに……


「ん?どうしたのよ、こなた。頭なんか押さえて」
時刻はお昼休みで、私は今日こっちでお昼を食べる予定だったからこなたのクラスにやってきたわけだけど、なんかこなたってば、目じりに涙浮かべて頭を押さえている。
「あのね、お姉ちゃん……」
つかさが何があったかを教えてくれた。
 なんてことはない、こなたが悪いんじゃないの。
「あんた、少しは生活習慣直したら?」
「むぅ、私の嫁は冷たいねぇ。黒井先生ってば自分も眠いからって思いっきり拳骨くれた上にその言われようじゃ、もう悲しくて堪らないヨ」
「泉さん、大丈夫ですか?」
みゆきがこなたが押さえてるところを撫でている。こなたはそれに対して気持ちよさそうな表を浮かべて……な、なんか腹が立ってくるような、そうじゃないような変な気分になってきた。
「そんなに痛いの?」
みゆきが何故か身を引いた……どうぞといわんばかりだ。別に私はこなたのことをそ、そんなに心配してるわけじゃないのに。
「痛いヨ……あー、なんかすごいコブができてる気がする」
「どれどれ」
「おー、みゆきさんの手もなかなかいいけど、やっぱりかがみの手の方が痛みが和らぐねぇ」
「あんた、何、は、恥ずかしい事いってるのよ……」
「そんなことをいいながらも頭を撫でる手を離さないかがみ萌え」(ぼそり
「わ、私は離してもいいのよ?でも、あんたがあんまり気持ちよさそうだから仕方なく……」


「二人って本当に仲いいよねぇ、ゆきちゃん」
「そうですね。とても仲がよくて羨ましいですね」
「ねぇ、ゆきちゃん。私もさっき寝そうになっちゃっておでこ打っちゃったんだけど」
「それはいけません。では失礼して……」
「ゆきちゃんの手の方が、私は痛みが和らぐなぁ」
「それは……うれしい限りです!」

 そんな百合の花が咲き乱れる穏やかな昼下がり。たまたま通りがかったひよりんは……

 鼻にティッシュで栓して、4人の対角線上の扉からその姿を見つつ必死にスケッチブックにペンを走らせていたそうな。


絶倒かがみ

かが「はい・・はい、そうですか。 来週の土曜ですね。 はい、分かりました、父に伝えておき・・は?
    あー、そっちの方は私ではちょっと・・へぇ・・鉋掛けも無料で・・はい、それも一緒に伝えておきます。
    それでは失礼します。 またよろしくお願いしまーす。 ・・ふぅ」
こな 「どしたの?」
かが「ん、なじみの不動産屋さんよ。 たまに呼ばれるの」
いの「神社の仕事なんだよ」
こな 「へぇー・・ところで、今見てて思ったんだけどさー」
かが「何よー?」
こな 「かがみって、大人と電話する時は声のトーンも姿勢もかなり頑張ってるよねー?」
かが「・・嫌なところばっか見やがるなぁ・・いいじゃないのよ」
こな 「いやいや、そういう微妙な可愛さアピールって愛おしいナァと!」
かが「うっさいわね!
    はぁ・・えーと、姉さん? 今、お父さんいるっけ?」
いの「ん? つかさと買い物に行ったと思うけど」
かが「しょうがないなぁ・・(ごろん!)
    PiPiPi!・・もしもしー?」
つか「・・お姉ちゃん?」
こな 「フフ~! つかさに電話するときは、寝っ転がって地声なんですねー?」
かが「(無視)・・つかさー? 今、お父さん達近くにいる?」
つか「いや、今はちょっと」
かが「・・はぁ、じゃあ戻ってきたら伝えてほしいんだけどさ、地鎮祭の予定来週になったって・・あとね・・」
こな 「ふー!(かがみの耳に息を吹きかけた)」
かが「ひゃーっぅ!? ちょっ、おいィ!?」
こな 「アレ・・? さっきはもうちょっとハイトーンだった気が・・」
つか「お姉ちゃん!? 急にどうしたの!?」
かが「・・あ、ゴメンつかさ・・こなたのイタズラよ。 ちょっと待ってて・・」
つか「はぁ・・」

かが「ゴラァ!! こなたっ! なにをやってんのよ、アンタはー!」
こな 「いやぁ・・かがみって思ったより高い声出せるみたいじゃん?」
かが「それがどうした!」
こな 「私、今までかがみの声について誤解してたかもなー、って・・」
いの「へぇー? こなたちゃんならそういう事知ってそうだと思ったけど?」
こな 「んー、あそこまで高い声はこれまで聞いたこと無いですよ・・」
いの「あらら・・修行が足りなかったってトコかな?」
こな 「ううっ! そうだったみたい・・」
かが「・・・? ・・ハッ!? ね、姉さん、何言ってんのよ!」
いの「かがみも鈍感だからねぇ・・」
かが「ち、違うわよ! 何を根拠にそんな・・!
    大体、こなたのヘロヘロテクニックなんかで、妙な声出すわけ無いでしょ!」
こな 「ガーン!? ひ、ひどいー!!」
いの「あらあら、かがみったら・・」
かが「下らないことしてないで、静かにする!」
こな 「むぅー!」
いの「うーん・・ねぇ、こなたちゃん?」
こな 「・・へ? な、何でございましょう?」
いの「かがみが油断して足伸ばしてるからさ・・ちょいと、アドバイスね」
こな 「ほぇ・・?」

かが「そんでね、不動産屋さんが言うには、社の一部を綺麗にするならサービスしますよって」
つか「うんうん」
かが「分かった? 地鎮祭は来週の土曜ね? で、鉋掛けをタダでやってもヒャー!?」
こな 「うにゃっ!(ちゅーっ!)」
かが「ヒャー!? やぁ・・こら、こな・・たっ! 人の足にキスす・・な!」
つか「お、お姉ちゃーん!?」
かが「・・は・・ぅ! ちょっ・・待て! それ以上は本当ダメ・・! ゃ・・ぅ・・!」
こな 「ふぅ・・どーよ、かがみん?」
かが「おまっ・・得意気な顔すんな!」
いの「よしよし! やるじゃない!」
こな 「かがみがこんな上ずったトーンの声出すとは!」
いの「そうやって、足先から順番に身体をハムハムチュッチュして登っていくテクニックを
    『鉋掛け』って言うんだよ」
かが「余計な事教えんなよ! 何よその無駄知識は!」
こな 「すごいっ! 師匠と呼ばせて下さい!」
いの「ドンと来なさい! いのり姐の必殺テクで、かがみはもうこなたちゃんから離れられないわ!」
こな 「ヤタ~!」
かが「喜んでんじゃないわよ、全く・・!

   えーっと・・つかさ? 放り出しちゃってたけど、 分かった? 土曜日と鉋掛けね」
みき「か、かがみ! アンタ、純なこなたちゃんに『鉋掛け』なんて、何てテク教えてんのっ!」
かが「って、ええ!? か、母さん!? ち、違うわよ! これはこなたが勝手に!」
いの「今よ!」
こな 「とりゃ!」
かが「きゃぅっ!? ひゃぁっ・・馬鹿、指舐めんなって・・!!」
つか「指!? お、お姉ちゃん、まさか・・『白魚の躍り食い』をこなちゃんに・・」
みき「柊家の秘伝まで・・! かがみー!」
かが「何でみんなそんなに詳しいのよ!」


黒井先生の驚愕

こな 「どしたの、かがみー? 下向いちゃってー?」
かが「・・うー」
ゆい「かがみちゃん、そのお酒は? 美味しい?」
かが「・・ううー」
こな 「あ、そうそう・・さっき幹事の人に言われたんだけどさー。
    かがみが二次会で食べたい物をだね、この紙に書いてほしいんだってー
    これ、アンケート用紙ね。 今のところラーメンが優勢みたいだよ」
かが「・・あー、グラグラする・・」
ゆい「大丈夫? 酔っちゃったかなー?」
かが「・・ふ・・ふふふ、こなたったら~・・何か一服盛ったんでしょー? どうするつもり~?」
こな 「ちょっ・・か、かがみ!? 登場直後なのに、すごいベロンベロンだよ!?」
かが「・・食べたいものねぇ~? ・・・んっとぉ、それは・・こなたでーす!!(がばぁ!)」
こな 「ほわぁ!? の、のわぁ・・にゃーっ!?」
ゆい「こなたー!?」
かが「・・うっ・・げほっ! けっほっ! ・・き、気持ち悪・・うっぐ・・」
こな 「かがみ、かがみ!? しっかりしてー!!」
かが「けほっ! けぇっほっ!」
ゆい「か、かがみちゃん! 萌え系のキャラがそんなんじゃさすがにマズいんじゃー・・」
かが「ふぅ・・はい、分かります! 脱げばいいんですよねー!」
こな 「脱いじゃダメだよー!?」

なな「待てぃっ!」
こな 「え? ・・せ、先生!?」
なな「おのれ、この泡盛! ウチの元教え子をよくもー!!」
ゆい「よっしゃ! ななこさんいいよー!」
なな「そりゃー!」
こな 「うおお、先生!? 泡盛ってそんなガブガブ飲むモンじゃー!?」
なな「・・ぷはぁ! 見たか柊、仇は取ったで! これがウコンの力や!」
ゆい「やったー!」
こな 「(ええぇー・・)」
かが「・・こなたぁ・・頭痛いよぅ・・」
こな 「な、何なの、このカオス空間・・?? 私達は黒井先生と楽しい食事会に来たはずなのに・・?」
なな「泉~! 恩師のグラスが空やでー? どっかその辺、瓶残って無いんか?」
こな 「・・はぁ。 ・・すぐ探してきますよー」
かが「こなたぁ~・・」
こな 「・・かがみ、ソフトドリンクも持ってくるよ! じっとしてて! 脱がないでね!」
かが「うう~・・」

ゆい「落ち着いたかなー? かがみちゃん?」
かが「・・少しは・・まあ・・」
こな 「かがみー、緑茶だよ!」
かが「あぁ・・ありがとう、こなた・・もう私ダメだわ・・さっきヘンな事言っちゃった気もするし・・」
こな 「ある意味いつものかがみと同じだから大丈夫だよー」
かが「ふー・・いてっ、あたたー・・(頭痛)
    ・・しかし、皆さんは・・いつもこんなに飲んでらっしゃるんですか・・?」
ゆい「『ななこさんを囲む会』はちょっと上級者向けだったかもねー・・社会人の若い子も多いしー」
こな 「でもさぁ、かがみも周りに合わせて飛ばすからいけないんだよー?」
かが「うう、反省するわ・・」

なな「よし! 宴もたけなわでは御座いますがー、そろそろ飲み放題時間も終了ですんで。 ま、メシ食って帰ろーや
    幹事ー! アンケートの方はどうなってんねん? またラーメンか? ん、牛タンとろろと二強・・? どーすっかな・・」
こな 「私、とろろがいーなー」
かが「・・何にしたっけなー、私?」
なな「はぁ? 泉こなたに・・1票・・? なんや、泉食うんか? 誰がコレ書いたん?」
かが「ちょっ・・ゆ、ゆいお姉さま!?」
ゆい「アレ? こなた食べるんじゃなかったの?」
かが「食べませんよ!?」
なな「ほぉー柊姉か・・こんなところでバカップル宣言とはなぁ・・卒業と同時に肝も据わったやんけ・・」
かが「い、いえ! こ、こんなハズでは!? ち、違うんです! その・・!」
なな「ハッ! 急に素面に戻りおってからにー!
    なんやぁ? この人生経験豊富な大先輩が、小娘共の俺の嫁アピールなんざにイチイチ嫉妬するとでも思ったんかぁ?」
かが「と、とんでもないですー!」
こな 「おおー、さすが先生、大人の貫禄だ!」
なな「どーせむっつりとへたれのチャイルドコンビじゃ、進展も何も無いんやろー?
    喜べ! お前らのヘタレっぷりを、次の酒のサカナにしとくわ! ウチがアドバイスしたる!」
かが「そ、そうですかー・・じゃ、じゃあ私ラーメンで・・」
こな 「えー、かがみは私の舌の裏舐めるの大好きじゃーん? タン塩食べよーよー!」
かが「バ、バカ! 何言ってんのアンタ!」
なな「お、おまえら・・!? ディープキス・・だと・・!? そんなん、ウチもまだ・・」
かが「追い討ちすんなって、こなた! 先生はピュアなんだから!」
なな「(ガーン!?) ちょ、ちょっと、柊さん・・さすがにその・・空気読めてなくないですか?」
ゆい「ななこさんが標準語になったー!?」


無題

こな「ここをこうして、こうやって……こんなのどうかね?」
ひよ「くぅ~~~ッ!! やっぱりホンモノは格別にジューシィ……」
かが「おっすこな……って何ぢゃそりゃあああああああああああああああっ!?」
こな「ゲェッ、かがみん!?」
ひよ「あやややや……今私は誠の所に通う所を言葉様に見つかった世界終了の気分っス」
かが「そんなナイスボートみたいな話は置いといて、あんたたち、
    そ の パ ソ コ ン に 映 っ て い る の は 何 な の よ 」
こな「あーえーとこれはですねー……くぅっ、言わねばならぬというのか……ッ」
ひよ「しょうがないっス、これも定められた運命だったんス……」
こな「嗚呼、我々の崇高なる計画が……」
かが「うっさい! で、何なのよコレは??」
こな「ああ、怒らないで冷静に聞いて欲しいんだけど、」
かが「誰だって怒るわっ!」
こな「ひよりんが夏コミで百合本を出すことになりまして、」
かが「をゐ……あんたまさか……」
ひよ「あああ安心してください、裏表紙はみなゆたっスから」
かが「関係ないわよ! 却下!」
こな「ううっ、そりゃ、無断でモデルにしたかがみんには悪いけど、
   ひよりんだって修羅場を乗り越えて必死に頑張ったんだし……」
ひよ「そ、そうっス。それにこの二人の構図だって、『ツンデレ研究の鬼』と呼ばれた泉先輩の
   真摯なアドバイスを参考に、人類が到達しうる究極の百合力を……」
かが「言い訳しても駄目なもんは駄目! それにこれだと、せっかくのスク水なのに
   こなたの食い込みとすじがよく見えない」
こな「は……?」
かが「こなたが『ステータス』とか言ったのかしらね?
   けどこなたの魅力が発育途上の薄くてでも形の良い胸だけだと思ったら大間違いよ?
   私が思うに、すらっと引き締まったあの脚線美も捨て難い!
   というかこなたの胸は気持ち微かに大きいし、それに先っちょのトーンをもう少し……」
ひよ「成程っ、さすがかがみ先輩、目から鱗っス」
かが「それとね、学校ではこなたの方がちょっかいかけてるように見えるかも
   知れないけど、ベッドの上ではこなたはこんなに積極的じゃなくて、むしろこう、
   エロゲの話とかしてる割には恥ずかしがりやで受身が多いのよね。
   こなたのここからこの辺にキスした時の声なんか、もう思い出しただけで堪ら……はっ」
こな「…………(恥じらい)」
かが「…………(赤面)」
ひよ「へぶぁ(鼻血桃色恍惚)」
そう「け……けしからんもっと聞かせてくれないk」







コメントフォーム

名前:
コメント:
  • 二人のバカップルぶりで黒井先生も標準語に(笑) -- 名無しさん (2010-03-10 11:17:55)
  • エスコンの話が一番好き -- 名無しさん (2009-08-15 13:33:05)


投票ボタン(web拍手の感覚でご利用ください)


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。