夢の後に

このページを編集する    
『かがみ、おはよ!』
『おーっす、こなた。早く大学行かないと、また教授にどやされるぞ。』
『怒られる時はかがみも一緒だよね?』

一緒?

『私はイヤよ。怒られる前に行くわよ。』
『なんだかんだ言いながら、高校時代のように一緒に大学に行ってくれるかがみ萌え。』
『そ、そんなんじゃないわよ・・・ちょっと心配なだけよ。』

一緒?

『かがみん?』
『な、なによ?』
『私達、ずっと一緒にいられるよね?』

一緒?

『こなた・・・そうだね。私達ずっと・・・』
「起きろかがみー!起きないとキスしちゃうぞー!」
「っそれは断る・・・ってあれ?」

視界が悪い。頭がボーッとする。あまり開かない目に入るのは夕焼けに染められた教室とこなた。

「待たせてごめんね。進路指導の先生話長くてさ・・・ってかがみ?」

あれは夢?
まだ覚めない頭に、夢の中のこなたの声が響く。

『ずっと一緒だよね』

胸が締め付けられる。心臓が圧迫されているように、痛い。それでも心臓はいつもより早く拍動する。

「かがみ!」
「うぇ、あっ、な、何?」
「ボーッとしてたでしょ?待たせて、ごめんね。」
「う、ううん。平気。」
「先に帰っても良かったのに。」
「だって、一緒に帰るって約束したでしょ?」
「・・・かがみはやっぱり俺の嫁!」
「誰があんたの嫁だ!」

頭では、こなたとの会話を意識しているはずなのに。心、ここにあらず。
もう一度、夢に思いを馳せていた。有り得ない夢。私とこなたの志望校は違う。そんなの分かってる。
でも、夢は残酷に、私に偽りを見せた。痛い。凄く痛い。

「ほら、変な事言ってないで、さっさと帰るわよ。」
「ほーい、かがみ様。」

胸が痛い。この感情は、なんだろう。あの夢に、偽りの未来に幸せを感じた私。
虚しさ?切なさ?愚かさ?それとも。


‐‐‐‐


「あと1週間だね。」
「私は理系教科抜きでなんとかなるけど、かがみんは大変だよねー。」
「ま、そんなもんよ。法学部なんて。それに文学部だって数学とかできないと。」
「まぁね。」

夢のようにはいかない。私もこなたも自分の道を歩んでいく。こなたが隣にいるのも、あとわずか。

「早く合格してさ、色んなトコ遊びにいこうよ。」
「色んなトコってゲマズとかだろ?」
「だってさ、あと何回一緒にゲマズ行けるか分かんないじゃん。そう思うと行きたくなんない?」

こなたの言葉が、私の夢と共に胸に突き刺さる。目がジンジンするのは夕焼けのせいじゃない。
この気持ちがなんなのか、私には分からない。気が付いているようで、気が付かない。
気が付きたくないだけかもしれない。でも、そんな事は今はどうでもいい。

「じゃ、今日は息抜きによってく?」
「おぉ!かがみん、ぐっどあいでぃあ!」

親指を立てる仕草。笑う表情。この心地よさ。鼓動の速さ。夕焼けの紅の背景。

「ねぇ、こなた。」
「んー?」
「私達さ、ずっと・・・バカやったり、出かけたり、一緒にいれるかな?」
「・・・当たり前じゃん。」

私はこの瞬間を忘れない。どんなに私が変わっても、こなたが変わっても。
ここにある絆。大切な絆。私達の関係が時と共に、変わっていっても、私に永遠に刻まれるメモリー。

「ほら、おいてくよ、かがみ。」

走りだすこなた。蒼い髪が、紅の世界で揺らめく風景は美しかった。

「あっ!こら待ちなさいよ!」

私達が大人になるその前に、変わりゆくその前に、私の持つ、はっきりしてるようで、曖昧なこの感情を、自覚するその前に。

「早くー、かがみ!」

未来なんて分からない。だから今は、目の前にいるあいつを追い掛ける。
未来への不安を置き去りにして、こなたとの絆を感じよう。

「今行くよ、こなた!」



コメントフォーム

名前:
コメント:
  • お幸せに? -- かがみんラブ (2012-09-17 04:37:02)
  • このシリーズの最後にコレとは、作者様は天才です。
    プロットの作りがスゴすぎ!


    涙が止まりません!! -- 名無しさん (2010-04-22 02:29:58)
  • 哀雨からの一連を読んでからこの作品を読むと、
    なんとも言えない胸の苦しさを感じます。


    それは、年をとりすぎた自分には、
    取り返せない何かがあるからなんでしょうかね。


    何年ぶりかに、忘れていた焦燥感を…何故か感じてしまいました。


    凄く好きな作品です。 -- 名無しさん (2010-04-02 02:52:37)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。