桜吹雪

このページを編集する    
そこは桜が咲いていた。
そこには泉こなた、柊かがみの2人しかいなくて、桜吹雪が舞っていた。

「いや~いいね~♪」

「そうね…なんてゆうか、趣深いわね」

そこは公園で、桜並木があった。
辺りはまだ明るかった。

「意外ね、あんたがお花見しようなんて」

「私も時には乙女になるのだよ」

「なんだそれ」

かがみはそう言って笑った。
こなたの心は、そのとき確かに時めいた。

「なんで黙るのよ?」

「…別に?」

辺りは風が木々を揺らし、揺れる音しかしなかった。


静かだった。


「最近、あんたいつもそう。そうやってはぐらかしちゃうんだから」

「はぐらかしてなんてないよ?」

「どうだか」

花びらが舞う。

「桜と私、どっきが綺麗?」

こなたはかがみに言った。

「…はぁ?」

「桃色の花と青色の私、どっちが…綺麗?」

普段は決して言わないことだった。
春だから、やはり心が騒ぐ。

「なに言ってるのよ、あんたは」

「はぐらかすの?」

「お前がいうか」

サラサラと揺れる、青色の髪。
ヒラヒラと舞う、桃色の花びら。

「…ま、あんたが綺麗と言っとくわ」

頬を桃色にしたかがみはそう言った。
こなたの口に笑みが浮かんだ。

「ありがとね」

それだけ言って、桜を見つめた。
かがみも同じように、桜を見上げた。

「…なんかあった?」

かがみは聞く。

「…かがみは、私のこと…好き?」

あまりにも静かに言うから、風にかき消されそうだった。

「…もちろん」

かがみは言った。
透き通らない返事だった。

「じゃあ…キスして?」

こなたは言った。
風が2人の間をかけてゆく。
時が一瞬だけ止まった。

「…そうゆう、好きじゃないよ」

桜が舞い散る。風はやんだかにみえて、しかしまだ吹こうとしていて。

「…ごめん」

かがみは言う。

「…別に、いいよ。かがみん」

こなたは答える。

こなたの言葉は雲のようだった。
つかみ所のない、輪郭のない、まるで、雲のようだった。

かがみは聞く。

「私のどこが好き?」

気になるのは当然だった。

「…ツインテール」

「…はぁ!?」

かがみは拍子抜けした。
もっと、それらしい返答を期待していたのに。

「もしかして…さっきの告白も冗談?」

「いやいや、それは…本気」

焦ったこなた。こなたは更に言った。

「…私たち、親友?」

かがみは少しだけ考えて。

「…かもね」

とだけ言った。
桜の花びらが、こなたの髪についた。
かがみはそれをとってあげた。

「ねぇ、かがみ。のど乾かない?」

「タイミングいいわね。私もよ」

2人は自販機へ向かった。
自販機は、公園に沿った道端にあった。

「何飲む?」

「かがみは?」

「…じゃあ、ココア」

「じゃあ、私も」

2人は自販機の前に立っている。

「真似すんなって」

笑いながら、かがみは言う。

「かがみが真似したんでしょ?」

「…またあんたは理不尽な発言を…」

2人はまた、公園に戻ってきた。
ベンチに座る。

「甘いわね」

「…私には苦い」

「へ?これが?」

「…私とかがみの距離は、甘くないもん」

拗ねたように言うこなた。

「こればかりはね…無理やりの甘さなんて、あんただって嫌でしょ?」

「…うん」

黙るこなた。ばつが悪そうなかがみ。

「…ねぇ、いつから?私にそうゆう感情持ったの」

「…教えない」

「なんでよ~。教えなさいよ」

ニヤリと笑うこなた。よくない兆候。

「じゃあかがみは今体重いくつ?」

「はぁ!?いきなり何を言うのよ」

「それと引き換えに教えてあげる」

「意味わかんないわよ。関係ないじゃない」

「わかってないなぁ。プライバシーってことだよ」

なんとなく納得、いや丸め込められ、それ以上のそれへの言及はなかった。

「…じゃあさ、今度こそ教えてよ。私のどこが好き?」

「…しつこいなぁ」

確かに色々としつこいかがみ。でもそれだけ、知りたいのだった。
顔を赤くしたこなたはかすれるくらい小さな声で言った。

「………やさしい、ところ…」

吹き行く風にかき消されかけたが、しかしきちんとかがみに伝わった。

辺りは夕暮れになりつつあった。

「夜桜もみたいね、かがみん」

「あんたいつまでいるつもりよ」

東の空は闇が広がりつつあった。
月が、顔を出していた。

「ねぇ…私、このまま好きでいてもいい?」

こなたは聞く。

「…いいわよ」

かがみは答える。

「でもあんた、私が誰かを好きになったらどうする?」

「…泣いちゃうかな」

「なんでニヤニヤしながら言うか?」

「…さぁね♪」

風はいつの間にか止んでいた。
桜を2人はまた見上げた。

「…帰ろっか」

「…そだね」

2人は公園を後にした。


コメントフォーム

名前:
コメント:
  • きっと2人なら愛しあえる! -- かがみんラブ (2012-09-19 23:46:18)
  • まあこの二人ならいつか両想いになるでしょう -- 名無しさん (2011-01-02 17:52:11)
  • 甘い片思いで読んでてホッとしました -- 名無しさん (2010-04-07 23:51:49)
  • ゆったりとしたこうゆう百合小説が好きです -- 名無しさん (2009-05-05 12:06:38)
  • ほろ甘いですなw -- 名無しさん (2009-03-31 03:10:04)
  • ちょっぴり切ないけど、こういう感じの小説好きです!! -- チハヤ (2009-03-30 18:39:49)


投票ボタン(web拍手の感覚でご利用ください)


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。