サクライロノキセツ

このページを編集する    
――やだよ!!何で言ってくれなかったの!?


――ごめんね、言い出せなくて……。


――やだやだぁ!!かがみと離れるの嫌だぁ!!


――こなた……ごめんね!!


――かがみ!?かがみぃ!!


――サクライロノキセツ――



『……かがみが居ない世界なんて……いらない……さよなら……』


「……あっちゃー……BAD ENDになっちゃった……」


どこで選択肢を間違えたのだろうか……。

「桜並木の道」……新しく発売されたエロゲだけど……難しい……。

このエロゲは珍しく付き合う相手の名前を決められる。

……真っ先に思い付いたのがかがみ……。


「……んもう!!選択肢が多過ぎて分かんないよー!!お手上げー!!」


恐るべし桜並木の道……。


「……かがみ……元気してるかなぁ……」


そういえばかがみと別れたのもちょうど今頃だっけ……。

……酷いよかがみ……私を置いていくなんて……。



それは突然の話だった。

かがみが急に引っ越しをするって……。

かがみは元々卒業したら一人暮らしをする事を決めていたみたい、でも……私達には何も言ってくれなかった……。

この話を聞いたのは卒業してから少し経った日の事。

つかさから連絡があってすぐにかがみに会いに行ったよ。

まだかがみは居たんだけどね、もう荷物がまとめられてたよ……。

かがみは私が来た事に驚いていたみたい、でもね……私の方が驚いたよ……そして……悲しかったよ……。

私とかがみは恋人同士だ。

世間では許されない関係だけど私達は恋人同士だ。

忘れもしない桜が舞い散ってたあの場所……。

確か私がかがみを呼び出したんだよね……。

いつからだったかな……かがみを好きになったの……。

恋は盲目というけど私もそうだった、だって気がついたら好きになってたんだもん!

でも……悩んだ、かがみは女の子だし……なによりお父さん達が許してくれない……。

悩んだ、悩んで悩んで、ゲームも出来なかった。

でもね、お父さんが言ってくれたんだ。


――お前の幸せは俺の願いだ、恋に境界線は無い――


お父さんにはバレバレだったみたい、私はその場で泣いたよ……。

それで……かがみに告白しようとして……呼び出したんだよね……。

その時は綺麗だったよね……桜の吹雪が辺り一面に広がってて……。

アニメの主題歌にもあるサクライロノキセツだったね……。

……でも……私……中々告白出来なかった……かがみの顔を見る事が出来なかった。

ずっと下を向いて……何を話せばいいのか分からなくて……頭の中が真っ白になってもうこんがらじゃって……。

かがみを困らせちゃったよね……本当に……ごめんね……。

……でも……かがみは私の頭を撫でてくれたよね、ずっと俯いてる私の頬を撫でてくれたよね。

かがみの手は暖かくて……なんか上手く言えないけど……うん……嬉しかった。

それで私……泣いちゃったんだよね、かがみの優しさに触れたからかな?

泣いて、泣いて、もう頭の中がむちゃくちゃになって、かがみを見る事が出来なくて、惨めな所を見せちゃって、申し訳ない気持ちで一杯で……。

この時私はもう嫌われたと思ったよ……。

……その時かがみは何て言ったと思う?

……分からないよね?私も予想してなかったもん、だって……だって……。

『大好きだよ、こなた』って言ってくれたんだよ!?

泣いている私に言ってくれたんだよ!?

告白出来なかった私に……言って……くれて……。

もうその一言が嬉しくて嬉しくて……!!

泣きながら好きって言ったよ……何十回も何百回も……。

……ずっと抱き締めてくれたよね、夜になって寒さに震えてた私を……温めてくれたよね……。

私の涙をハンカチで拭いてくれたよね……その時のかがみの笑顔……忘れられないよ。

今思えば卒業までずっとかがみと一緒に居たなぁ……。

朝はつかさも一緒に登校して、昼はみゆきさんも一緒に四人で弁当を食べて……あ、私はチョココロネだったかな。

それでかがみは手作り弁当を持ってきてくれたんだよね……あの時のツンデレは最高だったよ……。

……放課後、二人きりでアキバにデートしたり家に行ったりして過ごしたよね……。

気がついたらあの桜はもう無くなってたよね、あの時私は不安だったんだ。

いつかかがみもこの桜の様にいつの間にか居なくなっちゃうって……。

……それからすぐにかがみの引っ越しが私の耳に届いた。

ずっと一緒に居られると思った、側に居てくれると思った、離れ離れになるなんて……思っていなかった……。

嘘であってほしかった、悪い夢なら覚めてって思った……でも……本当の事だった……。


……泣きながらかがみを引き留めたんだっけ……行かないでって言って、かがみの腕を引っ張って、小さな子供が親にやる様に……。

……でもかがみは行っちゃったよ……!

泣きながら追いかけた私を置いて……!

その時はもうショックでずっと泣いて過ごしてた、自分の部屋に籠もって泣いてた。

ゆーちゃんにも迷惑をかけちゃったね、ごめんね……こんな駄目な姉で……。

それで気を紛らわそうとしてエロゲをやり続けたんだよね……画面上の相手をかがみと思って……。

目の前の現実から目を逸らして、絶対に裏切らない二次元の世界に逃げて、逃げて、逃げて……!!










…………寂しかった。


ねぇかがみ、私の事嫌いになっちゃったの?

何で手紙もくれないの?何でメールしてくれないの?

何で……電話してくれないの?

駄目なんだよ……かがみじゃなきゃ……。

二次元のキャラじゃなくて……かがみじゃなきゃ……駄目なの……!!

この寂しい気持ちを無くしてくれるのは……この世界でただ一人、かがみじゃなきゃ無くならないの……!!

お願いだよぉ……会いたいよぉ……あれからもう……2年も経つんだよぉ……。

私はどこまで待てばいいの?いつまで頑張ればいいの?

二人じゃなきゃ頑張れないよぉ……!!


「こなたー!!お前に手紙が届いてるぞー!!」


下からお父さんの声が聞こえてくる、私はそのまま操られたかの様にフラフラしながら居間に向かう。


「……こなた……泣いていたのか?」


お父さんの表情が曇る。

あれから私は成長していない、寂しいから泣く、かがみが居ないから泣く……そんな生活の繰り返し。


「……差出人が不明な手紙なんだが……こなた宛てなんだよ……」


差出人が不明……?

……私……手紙を送った記憶無い……。


「取り敢えず読んでみたらどうだ?」


言われるままに封筒を開ける。

……開けたその刹那、私の脳内に懐かしい記憶が蘇ってきた。


――ちょっとこなた……。


――エヘヘ……見てみて!!赤いリボン!!


――何よ、運命の赤い糸とでも言いたい訳?


――こうしていればいつでも繋がってるでしょ?


――う……そ、それもそうね……。


――お?デレた?デレた?


――うっさい!!一言余計だ!!……元々繋がってるでしょ、私とこなたの心が!!


――ツンデレ萌えー!!


――ツンデレ言うな!!どこがツンデレなのよ!!


――そこは脳内変換!!どんな時でも私のフィルターは働くのだよ!!


――威張れる事じゃないでしょ!!全くもう……。


――……ずっと一緒だよね……。


――……当たり前でしょ、こなたが嫌だと言ったって側に居るわよ。


――じゃ、その証拠に……ん……。


――っ!?……ん……。


――……ごちそうさまでした。


――……もう……。


あはは……あの頃は輝いてたなぁ……かがみが側に居てくれて……。

……そう、あの赤いリボンがこの封筒の中に入ってたんだ……!


「……手紙が……」


そしてルーズリーフに書かれた……物凄く適当だけど……私の心に響いた一文……そして見慣れた文字で……。


『桜吹雪の中で、貴女を待ってます』


その時、私は家を飛び出していた。

見慣れたあの文字、桜吹雪、あの赤いリボン……!!

外は寒くて冷たい夜だったけど私は知らなかった。

こんなにも暖かな光に満ち溢れていたなんて。

夜空で月と星が流れ星のダンスを舞っている。

走っている内に流星が私を包み込む。

ゲームでいったらどこかにワープする時のような景色、星が私の行く場所を導いてくれる。

……そして着いた。

桜吹雪……2年前私が……かがみに告白したこの場所……。

その時一陣の突風が走った、周りを見るとあの時の様に桜が舞い散っている。

……あの桜吹雪の様に……そして星の光を浴びて光っている……。

幻想的で……なんとも綺麗で……見入っていた。

その刹那、また風が吹いた。

桜が舞い上がる。

……その時私は自分の目を疑った、何回も目を擦った、泣きすぎて幻惑でも見ているのかと思った。

……桜の中に一人の女性が立っていた。

私より背が高くて……忘れもしないあのツインテール。

……その女性は振り返って……。



「桜、綺麗だね」



私の身体はその場から飛んだ。


「かがみぃ……かがみぃ!!」


2年前……あの時と同じ様にかがみは私を抱き締めてくれた、頭を撫でてくれた、頬を撫でてくれた……。

……あぁ……この暖かさ……私が求めていた……暖かさ……。


「……ごめんね、2年もほったらかしにして……」


「馬鹿!!馬鹿!!かがみの馬鹿!!」


「うん、うん……」


「寂しかった!!寂しかったんだからぁ!!」


今までの怒りと悲しみをかがみにぶつける様に叫ぶ。


「ごめんね……謝っても済まないかもしれないけど……ごめんね……」


「ひっく……えぐ……うわあああああぁぁん!!!」


かがみの胸に頭を押し付けて……泣いたよ……。

もう涙なんて出ないと思ったのに……いや、家で泣いてたね……。

かがみが目の前に居るなんて……夢みたい……夢じゃないよね……。

……そう思いたくない、夢だったらこれはなんて意地悪な夢なんだろう。



「あの頃に戻ったみたいね……」


「うん……」


抱き合いながら私とこなたは2年振りの会話をしている。


「どうして……電話とか……してくれなかったの?」


今のこなたは何というか……小動物みたい、なんか守ってあげたくなっちゃう……。


「……かがみ……?」


涙を溜めながら見つめてくるこなた……やばい、可愛い……。


「……夢?」


「夢じゃないわよ」


……つい反射的に答えてしまった。

そういえば何かこなたに質問されたわね……えーと……。


「……じゃあ……何で……電話してくれなかったの……?メール……してくれなかったの……?」


……あー……気にしてたんだ……。


「ごめんね、勉強で忙しくて……連絡出来なかったの……」


「……嫌われたのかと……思った……」


「ないわよ……そんなの……」


……あ、いや2年も連絡しなかったらそう思うわよね……勉強ばかりに熱中してこなたの事忘れてた私……最低……。


「……かがみぃ……」


涙まじりの声でこなたが私を呼ぶ。


「……もう……行かないで……」


「……こなた……その事なんだけど……」


「……えぐ……」


「ちょ、泣かないで!……最後まで聞いてね……あのね……その……こなた」


私がここに戻ってきた理由はこなたに会う為、それともう一つ……。


――……一緒に暮らさない?


「……え?」


こなたが信じられないという様な表情をする。

……そりゃそうよね……。


「それとも……後一年……待てる?」


「ヤダ」


おま……即答かよ……それもそうよね。


「だからさ……こなたも一緒に来ない?ちゃんとこなたの部屋も用意してあるし……」


「……行きたいけど……いいの?」


「……寂しかったのは私もよ、それに……2年間もほったらかしにした……償いよ」


「……ありがとう……ありがとう……かがみぃ……」


「いいのよ、お礼の言葉なんて……あぁんもう、また泣く」


問題はこなたの家なのよね……果たして許してくれるか……。


「もう許しもらったよ」


「え!?早っ!!」


まだその過程も書いてないんだぞ!?


「これも愛の力なのだよ~」


コイツは……本当変わらない……。


「はいはい、で?いつ出発する?」


「今からでもいいよ!?」


「落ち着け!!一応私も家に帰るんだから!!……その後アンタん家に行くわよ」


「ツンデレ萌えー」


「ツンデレ言うな!!」


……久しぶりね、このやり取り。

その夜、私は家に帰りつかさにタックルを受けたのは言うまでもない。

そしてこなたに一晩中抱きつかれたのも言うまでもない。



出発の日がやってきた。


「エヘヘ……」


「何よ?さっきからニヤニヤして……」


「だってさ!!これからずっとかがみと一緒に居られるんだよ!?嬉しくて嬉しくて!」


……本当アンタは変わらないわね……いい意味で。


「……今失礼な事考えなかった?」


「気のせいよ」


カンが鋭いのも変わらないか……。

……なんてやり取りをしてたら私達を乗せた電車が動き始めた。


「いざ行かん!!私達の愛の巣へー!!」


「ちょ!!恥ずかしい発言禁止!!」


全く……恥ずかしい……。


「え……?……わぁ!!かがみ!!外!!外!!」


「え……?……わぁ……」


こなたに言われるままに外を見ると……あの桜が舞い散っていた……!!


「もしかして……私達を祝福してくれてるのかな?」


「……そうかもしれないわね……」


桜は出会いと別れを彷彿させるけど、私にとって桜は再開も彷彿させると思う。

だってまたこなたと会えたんだから!!


「かがみ……大好き……」


「……私もよ……こなた」


サクライロノキセツの中で私達は出会い、別れ、再開した。

そしてその桜はこれからの私達の道を見守っててくれる。

……サクライロノキセツの中で。


  • END-



コメントフォーム

名前:
コメント:
  • 凄い好きなストーリーでした! 頑張ってください -- 名無しさん (2009-03-24 02:09:33)
  • もうそんな季節か…変わらないものってあるよな -- 名無しさん (2009-03-23 20:53:14)
  • お前最高だ -- 名無しさん (2009-03-23 20:29:28)


投票ボタン(web拍手の感覚でご利用ください。 コンペでの得票とは関係がありません )


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。