無題(4-465氏 鏡開き作品)

このページを編集する    
今は1月12日、時刻は午前0時30分を回ったところ。
「Zzz……」
そして、私のベッドの上にはこなた。
昨日急に我が家に押し掛けて来たかと思いきや、
『かがみ、開きに来たよ!』
とか、訳の分からない事を言って。
勝手に人ん家の台所を借りたかと思えば、文句が言えなくなるくらい美味しい料理を作っちゃって。
その後も甲斐甲斐しく掃除をしたり、洗濯物を畳んだりもしてくれるこなた。
いや、流石に下着を引っ掴んだ時は怒ったけどさ。
一通り終わった後に改めてこなたに何故急にこんな事をしたのか、私を開くって事がどういう事か聞いてみた。
そうしたら、
『だってかがみってば、私に一度も好きって言ってくれてないじゃん。
私からは何度も言ってるのにさ。
だから、その……』
モジモジとこなたらしからぬ態度と尻すぼみな喋りに、何とも言えない愛しさがこみあげて来た。
『心を開いて欲しい、って?
それなら言うけど、私はこなたの事大好きよ。
言わなくても伝わってるかと思っていたけど、やっぱり言葉にしないと不安になるわよね、ごめん』
それを聞いたこなたは、花が咲いたかのようにふわっと満開の笑顔を浮かべちゃって。
まるで春みたい。
体感気温はもう真夏かも。
『かがみ……』
その後、二人で愛しあった。
一糸纏わぬ姿で抱き締め合う私達。
布団の中はもう溶解炉状態。
恋だとか愛だとかぐちゃぐちゃに混ざりあって、とにかく幸せだった。
「そして今、私は一人放置される、と」
「Zzz……」
「色々やって貰ったし、疲れてるだろうから寝かしておいてあげないとね」
それに『寝てるこなたの顔は可愛いから、何時間でも見つめる事が出来るし』と付け足しておく。
「それでも……」
私はぐっと伸びをして、唇に触れるだけのキスをする。
「これくらいは良いわよね、こなた」
寝ているこなたの表情がニヨニヨとした猫口の笑顔に変わる。
一体どんな夢を見ているんだか。
赤ん坊みたいに暖かいこなたの体温に、急に眠気に襲われる私。
こなたの顔を覗き込んで、呟く。
「またよろしくね、可愛い侵略者さん?」
眠りにつく間際、こなたの声で『任せたまへ~』と頼もしい返事が聞こえた気がした。


コメントフォーム

名前:
コメント:
  • こなたんらかがみんをまかせられる! -- かがみんラブ (2012-09-15 21:35:11)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。