幸せな結末

このページを編集する    
ひたひた、ひたひたと裸足で歩く少女。
すでに街は眠りに着き、人通りもなくなっている。両手に持った高いヒール靴は、少女が履くにはひどく不釣り合いで、手に持つくらいが調度いい。

- 一体私は何をしてるんだ。

彼女は心底思った。
この寒空の下、裸足で歩くという暴挙。
もう子どもなんて言える歳でもないのに。あろう事か、まさか終電で降りる駅を寝過ごすとは。まさか、家まで歩く事になるなんて。酔った頭で思考を散らかしながら、覚束無い足取りを辿る。
いつまでたっても、歳に追いつかない幼い外見。高いヒールを履いても、似合う呼び名は未だに少女。
「やってらんないよ。」
吐き捨てるように呟く。
彼女は疲れているのだ。思い描いた日々に追いつけない、モノクロな毎日に。


§
私は高校を卒業してから、逃げるように一人暮らしを始めた。過ごしていた日々が楽しかったほど、劣等感は染みだしてくる。
ほら、私ってばこんなだからね。
君に見合うような人間じゃないのよ。
こんな言い訳をして、私は自分の気持ちを伝える事すらできず、彼女から逃げた。
そして、自分の理想に溺れ、流され、足を掬われたままにもうすぐで4年が経とうとしている。

-君は今、何をしているのだろう。誰を愛して、誰のために傷つくのだろうね。-
冬の寒さに身を縮めながら、彼女から遠ざかった日々を思い、長い道のりを、暗く、街灯の少ない道を歩く。
そして、不意に躓いた。

-…!?

私、今何か踏んだ。大きな物を蹴った気がする。無理矢理に弾まさらたバスケットボールのように混乱しながらも、恐る恐る振り向くと、そこにはオレンジ灯に照らされながら眠る、捨て猫のような女がいた。
あぁ、同類か。一変に冷めた頭で考えながらも、見覚えのあるその女性を揺り起こす事はできなかった。

…かがみだ。
いや、私の妄想かもしんないし。てゆーか、あのかがみがこんな所にいるわけないじゃん。

思わず、しゃがみこんで〈暫定かがみ〉を穴が空くほどに見た。美しく通った鼻筋に、長く影をさす睫毛。間違いなく、私の愛しい女の子だ。
大きな驚きと少しの期待が胸をかすめる。とりあえず運ばなくては。頭を瞬巡させながら、声をかけても返事のない屍を肩に担ぐ。

あぁ軽いな。意気込んでかついだ彼女はとても軽かった。

私の知らないかがみがここにいる。手放した日々の重さに反するように、かがみは軽い。私はただ、背伸びをして大人になろうと、たった一つの小さな恋を忘れようとしているだけなのだ。私はかがみに置いていかれている。
しかし、それでも彼女の髪からは風に乗って、あの日と変わらない懐かしい香りがするのだ。伝わってくる温もりに、まるで高校時代に戻ったようにただ心が踊る。かがみが起きたら、何を話そう。上手くしゃべれるかな。
また、逃げてしまうのだろうか。予期せぬ事態に戸惑う心と弾む心を置いてきぼりにして、そんな途方もない事を考えた。

今でも好きなんだ。そっと呪文のように大切に呟く。
とりあえず今は、今はね。望んでいた瞬間がここにあるよ。二人でこんな風に歩いて行けたら、どんなにいいか。
歩きづらいヒールを再び履いて、私はもう一度歩き出す。
あぁ、私は夜明けを見た。

(fin)


コメントフォーム

名前:
コメント:
  • かがみに何があったのか… 続きが気になりますね -- 名無しさん (2010-05-10 21:27:21)
  • これは是非とも続編が読みたいです。 -- kk (2009-02-12 18:33:38)


投票ボタン(web拍手の感覚でご利用ください)


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。