便利なツール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バイナリエディタ(Stirling.exe)

#ref error : ファイルが見つかりません (/FreeSoft/surfaceCase01.png)

キャプチャー

  • Windows XP (CaptureXP.exe)
  • Windows Vista (標準添付:Snipping Tool)
  • ProcessExplorer (タスクマネージャーの強化版)

ネットワーク上のファイルのコピー

私も今日はじめて知ったのですが、Windowsのcopyコマンドはネットワークドライブを接続していなくても直接ネットワークパスを指定してのコピーが可能なようです。

例えばコンピュータ名「abc123」にある共有名「zzz」フォルダにカレントディレクトリのファイル「abc.txt」をコピーする場合は以下のとおりでOKでした。

copy abc.txt \\abc123\zzz

\\マシン名\\共有フォルダ名でローカルのディレクトリと同様に扱えるようです。 例えば

dir \\abc123\zzz でコンピュータ名「abc123」にある共有名「zzz」フォルダの内容表示がされます。


マンドプロンプトからのネットワークドライブ接続にあたり、ユーザ名とパスワードをキーボードより入力させたい

以下はサンプルですが、Win2kやXPなどからユーザ名とパスワードを用いたネットワークドライブを作成しようとしたときに、

net use z: \\samba\share [password] /user:[username] ※[password], [username]はユーザ名, パスワードに置き換え

などとバッチファイルに書き込んでおいて実行すればネットワークドライブに接続できる.


以下をメモ帳などで作り、logon.batのファイル名で保存して下さい。 NET USE ドライブ名: \\(SambaをインストールしたパソコンのIPアドレス)\ユーザ名 パスワード /USER:ユーザ名 /PERSISTENT:NO

例として以下のようになると思います。 NET USE G: \\192.168.0.10\hasegawa himitu /USER:hasegawa /PERSISTENT:NO

このlogon.batをWindowsのスタートアップに登録します。 このコマンド実行の前にSLEEPTでタイミングを取った方が確実に接続されます。

SLEEPT 5 NET USE J: \\192.168.0.10\hasegawa himitu /USER:hasegawa /PERSISTENT:NO

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。