※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

伊達政宗
「どうせあなたも…
 市を殺そうとするんでしょ…」

真田幸村
「なんて能天気な顔…うらやましい…」

前田慶次
「もう一生分…楽しんだよね…」

豊臣秀吉
「お優しい秀吉様…市にも未来はある…?」

竹中半兵衛
「あなたが蝕まれてるの…市には分かるわ…」

長曾我部元親
「いいな…お友達に囲まれて…楽しそうね」

毛利元就
「あなたを哀れむ人は…きっといないわ…
 だから市が…哀れんであげる…」

織田信長
「にいさま…市、にいさまに会いに来たよ…」

濃姫
「あなた…どっかいっちゃえばいいのに…」

武田信玄
「大きい声…こわい…」

上杉謙信
「いくら毘沙門天でも…あなたは救えないわ…」

かすが
「口では何と言っても…
 やってることは同じね…」

猿飛佐助
「あなたの体…血に染まって真っ赤ね…」

森蘭丸
「可哀相な蘭丸…市が目を覚まさせてあげる…」

明智光秀
「ああ…いっそ市が…あなただったら…!」

前田利家
「あなたが死んだら…奥さんが泣くわね…」

まつ
「あなたって幸せそう…どうでもいいわ…」

いつき
「小さい子…ふうん…」

島津義弘
「市…無傷では帰れないわ…きっと…」

ザビー
「あなた面白いわ…
 言ってる事とやってる事が…全然違うもの…」

宮本武蔵
「市…あなたのこと…きらい…」

片倉小十郎
「あなたの目はきらい…
 とても静かに…市の心を見透かすから…」

浅井長政
「(なし)」

お市
「(なし)」

徳川家康
「あなた…なんだかこどもみたい…かわいい…」

本多忠勝
「きっと…刺し違えないと無理…よね…」

本願寺顕如
「地獄には…魂しか持って行けないのに…」

北条氏政
「無理したら…お墓に入っちゃうよ…」

今川義元
「市でも分かる…あなたは……………ふふふ」

風魔小太郎
「あなたって…この世にいないのね…?」

松永久秀
「あなた…市の不幸を分かってくれるのね…」