※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メーカー 品名 価格 装着箇所 装着方法 装着後の変化 総合評価(価格や取り付けにかかる手間、その効果などを総合的に吟味して評価してください)
ショウワ(SHOWA) 別体式ショックアブソーバー(正式名称解らず) 絶版につき不明 リアショック ボルトオン(別タンクはフレームにタイラップで) 純正が抜けきって底突きしていたのでまるで別物に感じる プリロードのほかに減衰調節?のようなものが付いている。セッティングを楽しむことができるが、よりレベルを上げようとするとフロントの強化も必要になる(十円玉程度では無理。)
HONDA NSR80エンジン(前期型) 40kくらい? エンジン ステーターをNS-1の物に換える やはり30cc分の差が体感できるほど大きいです。しかし色々な社外部品をいっしょに使ったのでフルノーマルの感想とはいえません。 配線同士を直で繋げばステータ交換もいらないと思います。走行距離がわかっていても前の持ち主がどういう使い方をしたか解らない場合が多いと思うので、できれば購入後にフルOHするくらいの気持ちで買うといいでしょう。
日本銀行 十円玉(同径のワッシャでも可) 十円×3を左右で60円 フロントフォーク ハンドル・トップブリッヂを取った後フォークキャップを開けて押し込む プリロードをかけたのと同じで初期作動が鈍くなる へたったスプリングには多少効果があるもののリヤに社外ショックを入れるとやはり物足りなくなるので、多少の出費を覚悟してシートパイプ加工をしてもらったほうがいいと思われる。
HRC NSRmini用スロットルバルブ 1600円から ノーマルキャブレター 交換するだけ レスポンスが上がり、アクセルが軽く感じる。 古い物と交換するほど効果がはっきりと感じられますし、バルブは削れると燃調が狂うのでセッティングがでない、または何もしていないのにずれたと言う人は換えてみてはいかがでしょうか?。値段は場所によって変りますが、純正部品の通信販売等で頼むとHRC製品は送料が別にかかるため高くなります。
SP武川 フローティングディスクローター 16000円 フロントブレーキディスク ネジロックを忘れずに交換 レバーを強く握ったときの効きが良く感じる NSR50用と有りましたが問題なく使えます。鋳鉄製とステンレス製の二種類が有りますが、鋳鉄製はとても錆びやすくサビが落ちる一・二回の使用まで僅かに制動力が落ちる他、落ちたサビでホイールが汚れたりとあまり良い事はありません。雨の日走らない人・サーキットユースオンリーの人以外はステンレスを使いましょう・・・。
SP武川 LCDテンプメーター 6850円 センサはヘッド、本体は自由 ヘッドにあるセンサーと交換、後はトップブリッジ等に付属のマジックテープで本体を固定 水温が数字で確認出来る 改造により水温管理が必要かと思い購入しました。二ヶ月ほど使用して電池が切れたので交換したのですが、交換後に内部に水が入った様で錆びて使用不可能になりました・・・。防水が粘着性のシールでして有るので電池を交換するときにどうしても一度剥がす必要があります。なので長期的な防護策はないように思えます。後で見たらセンサーの方の配線も根本が切れかかってました、踏んだり蹴ったりな品物です( ´・ω・`)
NRマジック SPR114チャンバー 19000円 排気チャンバー 普通に純正を外して付けるだけ、マフラーステーを別に用意してサイレンサーを固定すると尚良し 5000回転から実用トルクがあります。上は11000でパワー感無くなります。純正より下があります。上は無いですけど 下がかなりあり、街乗りならオススメです。グラスウールをちゃんと交換してると、音もそんなにうるさく無いです。
ホンダ 前期NSR50純正チャンバー 販売店では20800円 排気、チャンバー 今付いてるのを外して、長さが合いそうなステーを用意して固定。当然フランジは無加工で行けます まず、音が少し大きくなった。6000からパワーが盛り上がり12500程でトルク感無くなる 超タイトなカートコースには下手な社外よりこれがオススメです。カーボン落しもバーナーであぶる&叩くで結構取れます。半クラを多用してもちゃんとパワーバンドに付いて来ます。(立ち上がりで半クラ当てる時の意)
ホンダ エイプ50/100用トップブリッジ ヤフオクで1000円前後 ハンドル周り フロントフォークトップボルトをエイプ用に交換する。そしてポン付け ポジションがとても楽になった。 フルカウルN1にコンチハンドルを併せて使っているのだが、これってスクーター?って思うくらいポジションが楽!。ただし、エイプトップブリッジにはキーシリンダーを固定する場所がないので、溶接するなりして、自分で固定する必要がある。しかし、社外のバーハン用トップブリッジが10000円近くするので、それを考えると相当安く、コストパフォーマンスは抜群に思われる。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|