アイドレス > 戦術支援戦闘I=D


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦術支援戦闘I=D 開発コードネーム「グリゴリ」


設定

I=Dによる機動部隊の戦術指揮機として開発された、マルチセンサー指揮管制I=D(MC2I:Multi-Sensor Command and Control I=D)。
サイベリアン部隊に随伴、あるいは航空編隊の後方に位置し、戦闘情報処理と部隊指揮を行う準大型I=Dである。

固定装備

  • 3次元一次レーダー/捜索レーダーシステム
  • 3次元二次レーダー/部隊管制システム
  • 大型通信装置
  • データリンクシステム
  • 衛星通信装置
  • 逆探知装置

宇宙装備

  • ロケットエンジン/重量物ステーション
  • レーダー・プローブ投射装置
  • レーダー・プローブ解析システム
  • 対ミサイル/対空レーザー機関砲

航空装備

  • ジェットエンジン/主翼
  • 赤外線暗視装置
  • MAD(磁気探知機)
  • 対空機関砲

推進系オプション

  • ジェットエンジン
  • ロケットエンジン

ガンパックオプション

  • 対ミサイル/対空レーザー機関砲
  • 対空機関砲

ウェポンラックオプション

  • 対レーダーミサイル

搭乗員
  • パイロット 1名
  • COM(指揮官) 1名
  • NAV/COMM(航法通信士) 1名
  • SS-1、SS-1(レーダー員) 2名
  • IFT(機上電子整備員)  1名

要求性能

情報支援・電子戦能力(部隊強化・AR増加など)
対空戦行為
AR18
飛行・宇宙活動

イメージソース

D-3RVF-25、FRX-00雪風
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。