アイドレス > ビギナーズ試作機


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一般性能要求(要点)

 試作機は航空、低軌道宇宙での戦闘を考慮した試作戦闘機である。大型のスクラムジェットエンジンを一発装備し、着脱不能の大型増加燃料タンクを本体に滑らかに接続した。
 武装はレーザーと、ガンポッドである。大気内限定でミサイルも装備した。
大きさは30mを越える巨人機である。

基本設計思想



ボディ形状

超音速域~極超音速域では、大気摩擦により翼などの尖端部に局所的な応力及び熱が発生、これが機体の破壊につながる。

このため、胴体自体の抗力を減らすと同時に翼をできるだけ小さくし、胴体自体で揚力を稼ぐリフティングボディを採用。音速以下での性能は劣るが、抗力の小ささゆえに超音速域~極超音速域では通常の翼形を凌ぐ揚抗比を達成する。


エンジン

エジェクタジェット-ラムジェット-スクラムジェット-ロケットの複合サイクルエンジン。水素燃料。ベクタードノズルで運動性を確保する。

  • 静止~マッハ3
エジェクタージェット領域。エンジン内でロケットエンジンを使用することで高速のロケット排気を発生させ、これをエンジン内のチョーク(絞り)部を通過させることでさらに高速・低圧とし(ベルヌーイの定理によるベンチュリ機構)、エアインテイク周辺の空気を強制的に取り入れ(エジェクター効果)、気化させた水素ガスと混合、点火して推進力を得る。

  • マッハ3~マッハ7
ラムジェット領域。超音速で流入した空気をエンジン内で圧縮・亜音速まで減速させて点火、超音速で噴出させる。
ベルヌーイの定理から導かれる、ベンチュリ効果と逆の効果である。(流速低下・圧力上昇)

  • マッハ7~マッハ12
スクラムジェット領域。ラムジェットと似ているが、こちらは流速が超音速のままである。

  • マッハ12~/低軌道宇宙
ロケット領域。

コンフォーマルタンク

機体側面に装備された固定式増加燃料タンク。宇宙戦ミッションでは標準装備され、ロケットエンジン用の酸化剤を多量に搭載する。

プラズマ点火機

直流プラズマトーチによって吸入空気内の酸素をラジカル化(ラジカルとは不対電子を持つ反応性の高い原子/分子/イオン)させ、反応速度(=燃焼速度)を速め、同時に燃料に点火する。

再生冷却システム

空力加熱したエンジンの熱を利用して水素を気化させエンジンを冷却(気化熱)、気化した水素はそのまま点火され燃焼する。エンジン温度が低い場合は水素をヒーターで加熱し、適正な燃料流量を保つ。

バッテリー

超電導バッテリー。プラズマトーチ及びレーザー砲の電源として使用。

武装

レーザー砲

機首装備。宇宙空間戦の主兵装。

30mmガンポッド

大気圏内戦闘用武装。ガンパック。
リボルバーカノン式。
30mmテレスコープ弾を使用。

大気圏内戦闘用ミサイル

固体ロケット統合型ラムジェットエンジン使用。装備時の空気抵抗を減らすため埋め込み式とされた。
ラムジェット推進のため宙戦では使用できないが、宙戦では実弾武装は有効性が低いために特に問題視はされていない。


参考資料

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。