newhikaku @Wiki 新非核三原則について

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新非核三原則・旧への注釈

「立たない(核爆発の素となる勃起を防ぎインポになる)」とは、言ふこころは、
性欲失われ世人悉く戦するを捨つれば、核兵器自ずからなくなるなり。
勃起は則ち性欲の表れなり。
性欲は人の欲中、種の保存を願うものにして、人が己の種を残さんと欲するは、これ自己愛なり。
世の争乱紛擾皆な己を最上と為して愛するが為に起こる。争乱の最たるは則ち核兵器なり。
故に勃起せざれば性欲起こらず。性欲起こらざれば種を残すを欲せず。
種を残すを欲せざれば、自己愛生じず。自己愛生じざれば世に争乱あらず。世に争乱あらざれば、核兵器あらず。

 「ゴミ箱に入れない(核はちゃんと分別して出す曜日を間違えないようにしましょう)」とは、言ふこころは、
天地の動きを知り命を知りて、而して兵器大小の理に従ひて核兵器は廃するべきなり。
核は唯だ人を殺めるに非ずして、万邦の民を虐げれば、自ずと他の兵器と其の地位を異にす。
曜日とは則ち天星を配せしものにして、人間の運行大小皆な此に拠る。出すとは廃するなり。

 「知らない(子供に教えないで何十、百年か後には核爆弾そのものを無くす)」とは、言ふこころは、
人核兵器の知識を捨て、三代皆な核の名を捨つ、此れ正に知らずして在らざるの境地なり。
人戦争を捨て天命に従ひて兵器を廃す、又何ぞなしと言はざるや。然れども復た能く作るおれば、
千載の後に復た活くなきにしもあらず。
百年なく又伝はらず、天下九州遍く核のある地なし、此れ非核の究極なり。

 上の解に拠りて案ずるに、この経核兵器を廃するの道を言ふなり。
まず衆人皆な己の心を清め、而して今持つ所の核を廃し、極めるに天下の諸人其の技を知るなしと為す。
蓋し修身より平天下に至るにも似て、至善に留まるに似たり。