前線での歩兵の視野について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前線では歩兵は視線を正面にすることが多いです。

敵の斜めに回ってみます。
緑は自分、黄色は視野を見る敵をあらわします。
図1
図1の視野を見てみます。

図2
自分の視野の内に多くの敵が入っています。

黄色の敵の視野を自分に向けてみます。
図3
敵が視野に自分を入れると前の味方が見えません。

図4
味方へ攻撃しようとし、味方の攻撃に備え、視野を正面に置くことが多いです。
この場合自分は視野に入っていません。


敵の視野の外にいると攻撃しやすいことがあります。






















































































































































































































































































































































































































































































































































ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。