※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ふーっ、しんどい。わしもそろそろ引退かのぉ。」
学園長は持っていた判子を適当に放り投げ、イスの背にどっぷりともたれかかった。
机の上には書類のビルが築かれ、書類全てに判子が押してあるようだ。
コンコン
「ん?だれか来たのかの?どうぞ。」
「失礼します。」
扉が開かれ、そこに立っていたのは怪人 脳噛ネウロ。
「失礼します。」
ネウロはオリジナルな笑顔で学園長の前に歩み寄ると、礼儀よく頭を下げた。
「ふむ、見かけぬ顔じゃな。で、なんのご用件で?」
「はい、実は私を教員として、雇って頂けないでしょうか?」
「んー…、困ったのぉ…。実は今、わが学園では教員を募集していないのじゃ。すまんがお引取りを…」
「あのー、実はネギ先生からこれを頂いたのですが…。」
ネウロはまるで予測していたように、ポケットから一枚の封筒を差し出す。
学園長が封筒を開けるとそこにはネギのサインが綴られた、一枚の推薦状が出てきたのだ。
「ほぅ…、なるほど。わかりました。一応考えておきましょう。結果は後日、ネギ先生のほうから伝えよう。」
それを聞くとネウロは、
「ありがとうごさいます。」
と、一言だけ言って、部屋を去ろうとし振り返る。が、「ところで…、おぬしは何者かのぉ。返答次第ではただでは返さんぞい。」
ドアの前にはいつの間にか学園長が立ち塞がっていた。
「ほう…、人間のなかにも我が輩の正体に気付く輩がいるとはな…。」
ネウロの顔が怪しい笑みを浮かべる。

「では、まずは聞こう。この推薦状はどうやって手に入れた。」
学園長の声の圧力がビシビシとネウロに突き刺さる。
「ふん、我が輩をナメるな。そんな物、一目見れば簡単に書くことができる。」
しかし、そんな重圧にも、ネウロは全く顔色を変えない。
「では、おぬしの目的は何じゃ。」
今度は学園長の眉毛に隠れた眼が鋭くなっていく

「我が脳髄を満たす『謎』を喰らいつくすためだ。」
学園長の顔がゆがむ。
「まじめに答えい!」
「ふん、真面目もクソもない。真実だ。」
「…」
どうやら腑に落ちないようで、学園長は不満そうに顔をしかめた。
まあ、当たり前と言えば当たり前だが…

「(ふむ…、どうやら嘘は無いようじゃが…。)」
嘘をついている者は、あまり相手に目を合わせようとはしない。
なぜなら動揺して目が泳いでしまうのを見られたくないからだ。
学園長は今までずっとネウロの目を見ていたが、逸らすどころか、それを嘲り笑うかのようにニヤニヤと嫌な笑みをうかべている。

「…では、『謎』とは何じゃ。」
「『謎』は『謎』だ。貴様は阿呆か?」
話が全くかみ合わない。
「ふーっ…、困ったのぉ。話が全くかみ合わん。」
「もういい加減諦めて、我が輩を教員とやらに採用しろ。」
ネウロもいい加減飽きたらしく、学園長の机の上に腰をおいている。
「ならん!おぬしは魔物じゃ。そう易々と教員にさせてしまったら上からなんと言われるか…。」
学園長もネウロが机の上に座ったのを見計らい、その場で腰を落とした。
するとネウロは、隣にあった書類の塔に目をつけると、その塔を平手で思いっきり倒した。


「な…。」
書類が宙を舞う。
しかし、書類はそのまま地面には落ちず、あろう事か書類はジグソーパズルのように散らばり、学園長の周りに桜吹雪を巻き起こしている。
「いいことを教えてやろう。貴様の孫 近衛木乃香は神楽坂明日菜によって殺された。」
「な!?」
「そしてまた殺人事件が起こる。貴様らは無能だ。無能が何人集まろうが、事件解決には一歩も近づかん。」
学園長の顔がみるみる青ざめていった。
魔法教員が解けなかったトリックを、目の前の魔物はあっさりと解き、しかもその犯人が木乃香の親友。
しかも、この怪物はまた殺人が起こると予言する。
「な…、何を根拠にそんな事を…。」
「ふん、『謎』の気配を感じたからだ。」
「…」

学園長は自分なりにこの怪物を分析することにした。
まず『謎』とは、事件のトリックを示す。
そして、この脳噛ネウロという魔物は、トリックを解くことで自らの腹を満たす、言うなれば魔物の変種。
この怪物の眼には、普通の魔物のような闇が宿ってはいるが
、恐怖や狂気など人に害を及すような色はしていない。
逆にこの怪物の眼は複雑で、見ているだけで頭が爆発しそうになるほど入り組んだ迷路の眼。


恐らくこの怪物には『謎』以外の物は全て興味が無いのだろう。

そして、この男はこの学園で起ころうとしている『謎』を喰うためにここにいる。

「ふむ、わかった。おぬしを教員として採用しよう。ただし、見張りをつける。それでいいな?」
学園長は腑に落ちないながらも、仕方なく了承してしまった。
「見張りか…。まあいい、誰が我が輩を見張ろうと、我が輩は『謎』さえ喰えればそれでいい。」
ネウロは手を勢いよく叩いた。
すると学園長を軸にして舞っていた紙吹雪が一斉に地に落ちる。
「それと、その見張りに言っておけ。我が輩の食事の邪魔をしてみろ。八つ裂きにしてやるとな。」
そう言い残し、ネウロは部屋を去った。

「まったく、たいした奴が来たもんじゃ。」
学園長は立ち上がり、自分の椅子に腰をかけた。
学園長の目の前に広がるのは、一面切傷だらけの壁と床に散らばった書類の残骸。
紙がコンクリートを傷つけるなんて事は聞いたことがない。
物質の強度を変えるなど出鱈目もいいところだ。
「わしもとんでもない爆弾をかかえてしまったようじゃ。」
老人は誰もいない部屋で独り溜め息をついた。
斜陽が学園長を淋しく照らす。