※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

切り裂かれた友情


謎の暴漢による、2人目の犠牲者。
それも武道の心得のある雪広あやかが、完膚なきまでに壊された――
衝撃は、関係者の間をたちまち駆け巡った。

「もうッ、絶対許さないんだからっ! いいんちょまで襲うなんて!」
深夜の病院の廊下、収容されたあやかの病室の前。
集まっていた人々の中、分かり易く怒りを露わにしていたのは神楽坂明日菜。
この場に居るはずもない犯人を叩きのめさんとばかりに、ハリセンを振り回して怒る。
「俺のせいや……! 俺があんなこと言うたから、あやか姉ちゃんは……!」
拳を壁に叩き付け、怒りに震えるのは犬上小太郎。その彼を、長瀬楓が優しく抱きしめる。
「小太郎殿のせいではござらぬよ。そんなに自分を責めても仕方ないでござる」
「なあ、いいんちょの怪我って、ウチのまほーで治せへんの? 亜子ちゃんの傷も……」
恐る恐る言い出したのは、近衛木乃香。問いかけられた桜咲刹那は、難しい表情で。
「お嬢様のアーティファクトは、3分以内という制限がありますから。治癒魔術の方は……」
「ちと面倒な話になるんだがなー、傷痕消すのも関節治すのも簡単じゃねぇんだ、こりゃ」
刹那の説明を引き継いだのは、オコジョ妖精のアルベール・カモミール。
「そもそもヒーリング系ってのはな、実は2つの系統の魔法が合わさったモンなんだ。
 対象の持つ自然治癒力を増強して、怪我とか病気とかを治しちまう系列と。
 対象にかけられた一種の『呪い』を解いて、石化とか凍結とかを治す系列と。
 で――傷を受けた直後に術をかければ、大抵は痕も残さず治せるんだけどよ。
 『傷痕』になっちまうと、こりゃもう自然治癒力が発揮された後だ。増強しても仕方ねぇ。
 一方、関節はな。ほら、骨折とか、ギプスしないと曲がってくっついちまうことあるだろ?
 アレと一緒でよ、下手に術かけると間違った形で繋がっちまうんだ。シャレにならねぇ」
「ウチの魔力でも足りひんの~?」
「この場合必要なのは魔力(パワー)でなくて、複雑高度な術式(テクニック)だからなァ。
 このか姉さんの場合パワーは桁違いだけど、技術はまだまだ見習いレベルだしよォ」

カモの説明に、うな垂れる木乃香。暗くなる面々。
ここにいる誰もが、木乃香の力があれば怪我をしても大丈夫、と思っていた節があった。
どんな傷でも治せる2つのアーティファクトと、膨大な魔力に裏づけされた治癒魔術。
確かにどちらも、生死の縁にある人間をこの世に引き戻すには有効な能力だ。
けれど、今回の2人の犠牲者は。
命に別状はないものの、しかし取り返しのつかぬ傷を負わされた亜子とあやか。
膨大な魔力より、繊細な技術を要する種類の負傷。
まるで木乃香の能力の弱点を、悪意をもって狙い撃ちしたかのような――
「…………くッ!」
「あ、ちょっとネギ!? どこ行くの!?」
黙り込んでいた彼女たちの担任、子供先生のネギ・スプリングフィールドが、身を翻す。
「……パトロールに行ってきます。ひょっとしたら、まだ犯人が現場近くにいるかも」
「でもそれって、他の魔法先生とか龍宮さんとかがもうやってるんでしょ?
 アンタも休まないと倒れちゃうよ?! ちょっと、ネギってば……!」
制止も聞かず、俯いたまま足早に立ち去るネギ。その背を追って一緒に消える明日菜。
病院の廊下に残された人々は、大きく溜息をついた。
責任感の強いネギが動かずにはいられないその気持ち。痛いほど良く分かったからだ。

「ちょっとネギ、どうする気よ! ……ああもう、私も付き合ってやるから、待ちなさいって!」
暗い病院の廊下を駆ける、ネギと明日菜。
急ぐ2人はT字路の廊下を直進し、横道の陰にいた人影に気付かない。
宮崎のどか。先ほどの廊下での会話も、あらかた聞いていた彼女。
病院に駆けつけるのが遅れて、話の輪に加わるタイミングを失っていたのだが……
「……そうなんだ。まほーでも傷は治せなくて、まだ犯人も分からないんだ……」
彼女は考える。自分にできることは何か、彼女なりに考える。
傷は治せない。パトロールに参加しても足手まとい。そんなのどかにもできること、それは。
「来たれ(アデアット)――! いいんちょ……雪広あやかさん。
 すいませんけどー、ちょっと心を読ませてもらいますー。犯人について教えて下さい――」

――翌朝。日が昇ると同時に、あやかの一件は学園全体に伝えられた。
魔法関係者のみならず、一般人にも知れ渡ったこの事件。
3-Aの教室にも、激震が走った。特に衝撃を受けたのは――

「……ちょっと待ってよ。いいんちょが襲われたのは、私のせいだって言うの!?」
「だってそーじゃん。なんかあの後、いいんちょちょっとおかしかったし」
「だからって!」
「落ち着きなって、美砂。桜子もいい加減に……」
「外野のクギミーは黙ってて!」
「でもくぎみんだってそう思うでしょ?」
「クギミーとかくぎみんとか言うなッ! 何度言えば分かるんだよッ、このバカどもっ!?」
「何ムキになってんのさ、この釘男さんは?」
「釘男でもねぇッ!!」
険悪なムードになっていたのは、いつも仲が良いはずのチアリーディング3人組。
視線を合わさず嫌味っぽい口調の桜子。青筋立てて今にも掴みかからんばかりの美砂。
そして、2人の間で宥め役に回っていたはずが、いつの間にか一番怒っている円。
あやかが亜子に贈った銅像についての、美砂の文句。それを本人に聞かれたこと。
桜子の硬い態度も、その時の猫砂の一件があるからか。
3人のケンカは、実はこれが初めてでもない。仲良しグループといってもケンカくらいする。
だが、今回のケンカはかなり拗れてしまって。
こういう時に仲裁してくれる委員長は入院中。3人の間の険悪な空気は、尾を引いた。

授業が淡々と進む。2人のクラスメイトを欠いたまま、学園生活はしかし普通に進んでいく。
暗い顔でブツブツ呟いている裕奈。徹夜のパトロールと早朝バイトで疲れ切った明日菜。
冷戦状態が続くチア3人組。無力感に苛まれる木乃香。木乃香を心配そうに窺う刹那。
エヴァは屋上でサボリ。その空いた机の上には、今日も茶々丸と一緒に来たゼロの姿。
そのゼロの方を時折チラチラ窺うのは、宮崎のどか。胸に抱きかかえた分厚い本。
不穏の種を孕んだまま、1日の授業が過ぎて――

――その日、チアリーディングの練習が無かったのは、幸いだったのか不幸だったのか。
いつも一緒の3人がバラバラに寮に帰ってきた時、その事件は発覚した。
「居ない……! クッキとビッケがどこにも居ない……!」
悲鳴を上げる桜子。クッキとビッケ、それは彼女が可愛がっているペットの猫たちの名。
普段なら帰ってきた桜子を部屋で迎えるはずの2匹が、消えていた。
「2人とも、何か知らない?」
「そーいや、あの子らいなかったねぇ。私が帰ってきた時にはもう」
「きっと桜子が嫌になって逃げだしたんじゃない?」
「うーっ……!」
今だわだかまりの解けない円と美砂は、気のない、嫌味交じりの返事をしたが。
目の端に涙を溜めた桜子の表情に、流石に態度を軟化させる。
「……仕方ないな~。一緒に探してあげりゃいーんでしょ」
「ホント、迷惑だけどねー。あたしらのせいにでもされたら、もっと面倒だし」
2人はブツブツ文句を言いつつも、桜子と共に2匹の猫の捜索を開始して――

――女子寮が、夕陽に染め上げられる。
血のように赤い光に満たされた寮の裏庭で、「それ」は見つかった。
見覚えのある2つの首輪。地面に突き立てられた、巨大で凶悪なナイフ。
そしてその回りには、「かつて猫だったモノ」の肉片が2体分、切り刻まれて散らばって――
桜子は、その前にがっくりと膝をつく。美砂も円も、流石にかける言葉が見つからない。
いつもは陽気な桜子が、震える声で背後の2人に問う。
「……これって、どういうこと?
 ねえ2人とも。これって、いくら何でも、あんまりじゃない……?」


 4th TARGET  →  07番 柿崎美砂 11番 釘宮円 17番 椎名桜子-後編へ