※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  {深夜の寮}
アスナ「渡した?」
本屋「ええ・・・少し悩んだようですけど、後押ししたら受け取りました」
アスナ「私たちの事疑ってないわね」
本屋「あれだけ頭に血が昇れば冷静になんてとても・・・」
アスナ「とにかく明日の双子は見ものだわ」
本屋「はい・・・楽しみです」

そして朝になり学校が始まった。いつもと違うのは双子の仲が決裂したという事だけ。
ふうか「・・・・・」
ふみか「・・・・・」
ふうかはアスナからもらった小瓶を見つめ、そしてふみかもまた本屋からもらった小瓶を見つめていた。
アスナ「ふうか。使った?早くしないとお昼休みになるよ」
ふうか「・・・・・・・」
アスナ「何まよってんのよ。ふみかに少しだけ辛い思いしてもらうだけじゃん!そのタバスコで・・・」
ふうか「でも・・・」
アスナ「あんたがやらないなら私がやるよ!それでもいいの?」
ふうか「だめ!・・・・・・・・・・わかった・・・入れてくる・・・・・・・・・」
アスナ「見つからないようにね~」

本屋「ふみかさん・・・・」
ふみか「本屋ちゃん・・・・」
本屋「早くしないとお弁当の時間に・・・・・」
ふみか「分かってるけど・・・」
本屋「ここではっきりとしておかないと同じ事の繰り返しに・・」
ふみか「・・・・・・」
無言で小瓶を見つめ強く握るふみか。どうやら腹はきめたようだ。そして運命の昼休み

昼休みが始まった。食堂へ行くもの、パンを買いに行くもの、そしてお弁当を食べるもの。
ふみか「・・・・・・」
ふうか「・・・・・・」
盗み見る。目が合う。お互いそっぽをむく。それの繰り返し。首をかしげながら結局二人とも全部食べてしまった。
ふうか「あれ、タバスコじゃないの・・・」
アスナ「おかしなぁ・・タバスコのはずなんだけど」
ふうか「・・・そうなんだ・・」
アスナ「まぁ・・大事にならなくてね・・私も冷静に考えたら少し酷いかなぁ・・とおもってみたり」

ふみか「何もおこらなかったね・・・」
本屋「ごめんなさい・・ふみかさん」
ふみか「あっ・・いいの本屋ちゃんは悪くないんだし。」
本屋「それで・・ふみかさんは・・」
ふみか「・・・・話してみようかなぁ・・また喧嘩になるかもしれないけど・・・」
本屋「それは良い考えです・・」


昼休みが終わり午後の授業が始まった。穏やかな日差しが教室に入ってくる。ふうかは黒板から目をそらしふみかの方を見てみた。
ふうか「・・・・・・?」
ふみかの様子が変だ。顔は青くなり、全身から汗を噴出している。
ふうか「・・・・・・・・・・・・・・・・ふみか?」
   [ギュルルルルルル]
その時ふうかを強烈な腹痛が襲い始めた。


ふうか(痛い・・お腹が・・)
体中から汗が吹き出る。下腹部を襲う今までにない強烈な痛み。もう一度ふみかの方を見る。ふみかと目が合う。ふみかも姉の異変に気が付いたようだ。だがお互い心配し合えるほど事態は穏やかではない。
ふみか「・・・・おねぇちゃん・・」
目に涙を浮かべながら苦しみを訴えかけてくる。
  [ギュルルルルルルルルうルルウルルルウルウルルゥゥ]
ふうか「あう!!!」
一斉に皆が振り返る