※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アスナ「いんちょ、例の奴用意できた?」
いんちょ「ええ、このとおり抜かりありませんわ」
アスナ「太っ!長っ!イボでっか!いんちょいつもそんなの使ってるの?」
いんちょ「まさか。これは特注品ですわ。今日は壊れるまでするのでしょう?」
アスナ「いんちょ目が怖いよwww」
いんちょ「で、どちらから先に貫通させますの?」
アスナ「う~ん風香の方はさっき腹パンしたばっかりだから後回しかな?」
いんちょ「ちょっとアスナさん!?あなた、わかっていませんわね。それを聞かされては先は風香さんで決まりですわ」
アスナ「いんちょってば鬼畜www」
いんちょ「それで風香さんは今どこに?」
アスナ「今、トイレでゲロ吐いてるよ」
いんちょ「まあトイレ?処女喪失にはぴったりの場所ですわ」

いんちょ「風香さん?大丈夫ですか?」
風香「うぅう・・・いんちょ・・・うぐっ」
いんちょ「話はアスナさんから聞きましたわ。酷い事をしますわね。」
アスナ「ごめんなさい・・・」
風香「・・・?」
いんちょ「もう大丈夫ですわ。
    もし今度イジメられるような事があったら私におっしゃってくださいね?」
風香「・・あ・ありがとういんちょ・・・うわーん」
いんちょ「・・・・」
風香「・・・・・え?」アスナ「あ・・・・ヤバ・・・」
いんちょ「ちょっとなにゲロまみれの手で触ってらっしゃるのかしら?」風香「あ、ごんなさ・・・・・」
いんちょ「この糞ガキがぁッッ!!!」
風香「!!?」
アスナ「ちょといんちょ!顔はまずいってば!」
いんちょ「もうじっくり攻めは止めですわ!コレで死ぬまで犯してさしあげますから覚悟なさい!!」
風香「ひい!?」
アスナ「・・・(ああこれは本気の目だ)」

いんちょ「アスナさん、体を抑えてくださるかしら?」
アスナ「ハ、ハイ」
風香「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」
いんちょ「今更遅いですわ。さあいっきにねじ込みますわよ!」
風香「ぐあぎゃっあああ!!!」
いんちょ「何て汚ならしい悲鳴かしら。アスナさん、死なない程度に首を絞めてください。
    聞くに耐えませんわ」
アスナ「・・・・あ、あんたが悪いんだからね・・・」
風香「う・・むっ・・・・ぐ・・・・」
いんちょ「さあ!おもいっきり動かしますわよ!」
風香「・・むっ・・・ぐっううぅっ!!」

約一時間のいんちょの暴力的指導略


アスナ「ね、ねえ?いんちょ?もういいんじゃない?」
いんちょ「この程度ではまだまだ犯して足りませんわ」
アスナ「でもさっきから泡吹いて白眼むいてるし、
   呼吸もなんだかおかしいよ」
いんちょ「まったくアスナさんは優しいですわね。
    それじゃあアスナさんが代わりに私を満足させてくれるのかしら?」
アスナ「え?それはちょっと・・・・」
いんちょ「冗談ですわよ。
    それじゃあ優しいアスナさんに免じてこのくらいで勘弁してやりますわ。」
アスナ「(ほっ・・・)」
いんちょ「まあ風香さんはこのまま放っておいも死にはしないでしょう」
アスナ「そ、そうかな?なんか痙攣し始めたけど・・・」
いんちょ「放っておけばいいんです!それより今度は史伽さんを壊しに行きますわよ」
アスナ「ア、アハハハ(はぁ・・・)」