※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

双子「………え…?」
このか「聞こえへんかったか?」
本屋「あなたたちは今後一切お互い口を聞いちゃだめだって言ったんですー」
ふみか「そんな…やですー!」
ふうか「なんでー!?」

一同しばし沈黙…

本屋「………なんですか?」
双子「…う…だから…」
このか「仕方あらへんなぁ。…アスナ!」
アスナ「…別に理由なんかないわよ!!」ドスっ!
ふみか「うぐぅっ………!!」
ふうか「ふみか!!」
アスナ「アンタもよ…」ドスっ!!
ふうか「ふぐっ…!!」
本屋「これでクラスも少しは静かになるですー。こっそり話しても私わかっちゃいますから気を付けてくださいね」
このか「ほな私ら行くけど気ぃつけてな二人ともー」
アスナ「ペッ」 ピチャッ


双子「………………」


ニン「今日は二人とも口数が少ないでござるな。」
ふみか「……………」
ふうか「…………う、うん…」
ニン「良かったらわけを聞かせてくれないでござるか」
ふうか「あ、あのね……」
ふみか「あ、おねーちゃ…あ!」
ふうか「あ……!」
ニン「何やら話せない事情でござるか。無理強いはせんでござるが…」
ふうか「や、あの…う、うん。ごめん…」
ふみか「……………」


刹那「長瀬さん、ちょっと相談が・・・」
忍者「ん?何でござるか刹那殿」
刹那「鳴滝姉妹のいじめですが、私はもう見ていられません
    ルームメイトのあなたなら何とか助けられませんか?」
忍者「んーそうでござるなー。ちょっと考えておくでござるよ」
刹那「お願いします。私も協力しますので」

ピピピピピ・・・ピピピピピ・・・
忍者「あーのどか殿でござるか?実は先刻刹那殿がかくかくじかじか・・・・」
本屋「ふーん・・・そう・・。報告ありがとう」
本屋「木乃香~、木乃香~」
このか「ん?なんや今の電話おもろい話か?wwwww」
本屋「桜咲さんが双子を助けようとしてるんですって。」
このか「ウザwwww化けもんのくせに正義感つよいなぁwwww」

ピピピピ・・
このか「・・・せっちゃぁん。ウチが双子いじめてるとおもっとるやろ?
     でもホンマは双子がウチのこといじめてるねん。せっちゃんはウチの見方やんな・・・?グスッ・・」
刹那「そうだったのですか・・・。わかりましたお嬢様。命に替えても」
ピッ・・
このか「刹那ゲットww単純でええわあの化けもんwwウチの言うことなら何でも信用しよるwwwww」

朝、教室。
アスナ「アンタら、約束守ってるんでしょうね」
このか「隠すとためにならへんでぇ~?隠さへんでも同じやけど」
ふうか「…守ってるよ!」
ふみか「…………(お姉ちゃん…)」
本屋「それじゃ調べてみますね」ポン!!
双子(わ!!本が出た!!)
本屋「えーと………ゆうべしゃべっちゃったみたいです。お姉ちゃんって」
このか「あちゃ~!!」
ふみか「え!?あ、あれはち、ちが…」
ふうか「呼んだだけだろー!?」
アスナ「本屋ちゃん、そんなことはもうどうでもいいの。私は私のしたいようにする」
このか「(こわ…!)と、とりあえず場所変えへんか~?」
本屋「そ、そうですね!!3人とも行きましょう!!」
アスナ「きなさい…」
双子「は、はい…………」