※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ネギ「鳴滝ふみかさん。今回のテストは頑張りましたね」
ふみか「・・・・・・え?やったぁ!」
このか「すごいやん、ふみかちゃん。このテストでこんないい点取るなんて」
本屋ちゃん「ええ。見なおしましたよ」
ふみか「え・・・・・・そんなことないよ・・・・・・エヘへ・・・・・・」

ネギ「それに比べてふうかさんは・・・・・・いったい授業中何をやっていたんです?」
ふうか「・・・・・・ごめんなさい」
このか「あちゃあ、こりゃあかんわ。猿にやらせてももうちょいマシな点取るで?」
本屋ちゃん「ほんとに・・・・・・容姿だけじゃなく脳みそまで園児並みですね・・・・・・」
ふうか「・・・・・・グスッ・・・・・・」
ふみか「お、おねえちゃ・・・・・・」
このか「ふみかちゃんもそう思うやろ?」
ふみか「・・・・・・・・・・・・え?」

このか「うち、頭のいいふみかちゃんとは仲ようしたいわ。でも・・・・・・なぁ?」
本屋ちゃん「ええ。猿以下のふうかちゃんとは、話もしたくないわ」
ふみか「そんな・・・・・・そんな・・・・・・」
このか「なぁ、うちらと友達になるんと、そこのお馬鹿なおねえちゃんと一緒にいるの・・・・・・どっち選ぶん?」
ふみか「そん・・・・・・な・・・・・・」

ふみか「わたしは・・・・・・おねーちゃん・・・・・・わたし・・・・・・」
ふうか「・・・・・・っ!」
ふみか「あっ!待ってよおねーちゃん!」
このか「あーあ・・・・・・」
ふみか「お願いします!わたしと仲良くしてくれるなら・・・・・・おねーちゃんとも仲良くしてあげて!」
このか「・・・・・・ハァ?何言うてんの、このボウフラはwwwww」
本屋ちゃん「ほんとにわたし達が、あなたみたいな単細胞生物と仲良くすると思いました?ほんとに馬鹿ですね」
ふみか「そんな・・・・・・」
このか「それにしても・・・・・・唯一仲良しのおねーちゃんにまで嫌われてもうたなwwwww最悪やwwwww」
本屋ちゃん「まあ、小さいのが群れてると、藪蚊みたいにうざいからちょうどいいんじゃないですか?」
ふみか「・・・・・・おねーちゃん・・・・・・くすん・・・・・・ひっく・・・・・・」
アスナ「ああ、うっとうしいなぁ。腹パンして黙らせてやるよwwwww」
ふみか「ひっく・・・・・・ごめんなさい、おねーちゃん・・・・・・うぐっ!」