※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

何でこうなっているのか分からない。
気が付けば自分は他のクラスメイトから執拗ないじめを受けるようになっていた。

ドガッ ズガッ ドガッ
「ぅぅぅ…」
「ほらほら、あと10発は行くよ!」
学園裏で明日菜たちに殴られる毎日から始まる。
いつもなら簡単に受け流せるが、初めに受けたいじめの時にパンツを剥ぎ取られた写真を撮られた。
さらに抵抗した時に木乃香を傷つけ、古のいじめに難色を示していた刹那も怒り顔面を思いっきり殴った。
そして木乃香は掃除用具からモップを取り出して古の処女を無理矢理奪った。
そこまでの悲鳴や泣き顔もすべて撮られ、朝倉和美と長谷川千雨によって厳重に保存された。
さらにその惨劇をハルナはスケッチしてネタにし、ぼろぼろの古に対して龍宮はモデルガンの的にしていた。

その写真を部活や学園中に流されたくなかったら、絶対に防御の姿勢を取るなと命令されている。
助けてくれない仲間、疎外感、中国から来てこれほどここに居るのがいやだと思ったことはない。
だが、まだクラスの中だけで幸せだった。自分にはまだ部活があった、そこだけは本当の自分になれる。
このいじめを耐え抜けば慕ってくれる部活仲間が出迎えてくれるから。
そう思いながら古菲は耐えていた。

腹や腕の痣を包帯で隠して教室に戻ると机に描かれた落書き。
“死ね”や“中国に帰れ”などはもう見慣れてしまった。隣の葉加瀬は完全に見て見ぬフリ。
「…」
普段の明るい古菲の表情はなく、言葉すら失っていた。
休み時間ごとに何かをされる、初めはチアに着せ替え人形のように服を水商売をしているようなものに代えられた。
元あった制服は切り刻まれ捨てられ、『私の初めての相手はモップです』と描かれたフリップを首から下げられた。
その次は双子と美空、次は裕奈、亜子、アキラ、まき絵の運動部、昼休みは四葉の残飯弁当。





一時も心休まる場所など皆無であった。だがもうすぐだった。もうすぐ授業が終わり、部活に入る。
「待たせたアル…どうしたアルか?」
何も知らずにやってきた古菲は部員の視線に違和感を感じる。
「部長…これ……」
「!!」
部員の真ん中にいたのは明日菜とのどか、そしてその手には朝倉が作った古菲いじめ記事と千雨の編集したビデオフリップ。
いずれもあの時の内容だった。
「ごめーん、ばらしちゃった」
「ふふふ、ここがあなたの居場所だったようですね」
いどのえにっきを片手にのどかは笑っていた。
「―っ!」
目から涙が毀れ、何も考えることが出来なくなり。
古はその場から姿を消した…

それ以来、寮の一室で引き篭もりを続ける出席番号12番の生徒古菲。
ベッドの中で蹲るようにして外にすら出ようともしない。
そこまでしても明日菜らはいじめたりないのか古を無理矢理外に連れ出し、裸にひん剥くと街を一周するまで帰るなと命令。
「…もう…っく…嫌…アル…ひっく……」
自分の居場所もない古は泣きながら街を走り続けた。
帰っても何をしてもいじめられ、自分の居場所を奪われていく…ならもう先のことは考えないほうがいい…
「あは…あはははは…」
未来や先の夢もすべてを放棄した古は、寮に帰ってきた頃には感情そのものが消えてしまっていた。