※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作戦の全貌を話す気になった超の牢屋生活はまともな扱いとなった。

あの暗い壁で囲まれた冷たい牢屋からは出され、鉄格子の牢屋に移動した。
服は依然として何を隠しているか分からないという理由から返してもらえず、未だに肌寒いボロきれ一枚。
そして決まった時間に食事を与えられた、空腹を満たすという点では不十分だったがそれでもまだマシだった。

だがそれ以来、超は厳しい詰問と強引とも取れる明日菜らの八つ当たりに徐々に暗くなっていった。
自分を理解してくれた仲間は傷つき、朝倉と葉加瀬は代わりに自分の入っていた暗い牢屋に入れられていた。
二人の安否は全く教えてもらっていない。
すべて自分のせいなのか、混乱を引き起こしたのは自分だがこんなことが許されるのか。
だが自分がその騒動を起こさなければ、もしかすればこうならなかったかもしれない。
「………」
自虐的になっていき、牢屋の端に蹲っている毎日。
詰問される発言も、信憑性はあるのだがいかんせん覇気が見受けられない。

今にも泣き出しそうな超を遠目で眺めながら、ネギが高畑と相談する。
「彼女をどうする?決定権は君が持っているんだよ」
「そうだね…」
ネギが不適な笑いを浮かべた。

つづく


選択肢、ネギの発言は?
→ 「そろそろ許してあげましょう」
    「心が壊れるまで犯しちゃってください」
    「二度と歯向かえないように徹底的に痛めつけてください」