※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

麻帆良都市の中でも一、二を争う大きな総合病院。
そこの奥にある集中治療室に一人の生徒が眠っていた。

その日、学園であの古菲が交通事故で重症との報告がされた。
いつどこで事故に遭ったのかなど、事故の詳細はほとんど不明。
ただ分かっているのは、事故とは大よそ説明できないほどの怪我だということ。
両手足を複雑骨折、肋骨はすべて折られ、頭部裂傷、内臓にも大きなダメージ。骨折箇所は小さな物を合わせても含めて十数か所。
峠を越し一命は取り留めたが、格闘家としては再起不能に陥ってしまった。
「くーちゃん…」
小さな小窓から覗く朝倉和美は心配そうに見つめていた。

『超がこの場所に閉じ込められてるかもしれない、でもこれ以上は分からないの』
『だったら私が確かめに行くアル!』

確かな確証もないままその事実を古菲に伝えてしまい、その後この有様だ。
「私の…せいなの……」
集中治療室前では患者を刺激しないように静かにしていることが前提のため、怒りをぶつける事も出来ずに唇をかみ締めた。
きつく閉じられた口から血が流れ出た。

このことに関してネギは情報が少なすぎて分からないの一点張り。
高畑や他の先生ですらこのことを避けているような素振りから、それに対する疑念は尽きない。
徐々に魔法先生側に不信感を抱く朝倉。
この事実はあながち嘘ではない。超はその場所に閉じ込められている。
朝倉は古菲をこんな目にあわせてしまった償いとジャーナリストとしての使命感から、この事実を暴こうと決心。
刀子の変装をして、学園に少し離れた小屋に入り込む。
自分でも自画自賛するほどの変装ぶり、他の先生らは全く気づいていない。
違う意味の期待と恐怖感を抱き徐々に地下へと続く道へと降りていく…



地下に降りた朝倉は辺りを見渡す。
薄暗い部屋がいくつかあったが他の魔法先生らが扉の前にいるために行くことが出来なかった。
自分の変装は完璧だったが下手に食いつかれると厄介になる。
ひとまず部屋の探索は諦め、別の所を捜索することに。

出来るだけ人のいない場所を探すと、そこからさらに地下へと続く道があった。
そこは真っ暗でこれ以上先へは進むなと警告しているようである。
一緒にいるはずのさよは怖くて先へ進むことが出来ず、引き返して魔法先生ら以外の人にどうにかして
伝えて欲しい、そう伝言を残して朝倉はさらに地下へと降りていく。


そこは小さな豆電球しかない牢屋。
半開きの大きな壁で仕切られた独房みたいな場所。
中を覗くと誰かが直前まで捕まっていた形跡があった、鎖と水に濡れた壁は気味が悪くとても寒い。
誰かがつながれたとされている鎖を調べた。
がっちりと固定しているらしく、どんなに力を込めても外れないようになっている。
さらに床には血の跡。
「一体何が…」
愕然とする朝倉。ここで誰かが捕らえられ、想像を絶することをされているのかもしれない。
途端に背中に寒気が走り、一旦外に出て他を調べると別の牢屋が見つかった。
そこはどこの漫画にも出てきそうな鉄格子の牢屋。そこにも誰かが入っていた形跡がある。
状況から言って暗いあの牢屋からこっちに移されたのだろうと推測。

もしかしたら超か?だが物的証拠がない。やはり上の階のどこかにいるのかもしれないと判断し上へと上る。
だが階段を上りきった直後、外に事情を伝えるはずだったさよが現れる。

「逃げてください朝倉さん!」
さよの言葉に振り返った直後、朝倉の目の前の世界は暗転した。

そこにいた刀子とネギは変装を解いた朝倉をじっと見つめている。
さよは一人走りした朝倉から状況の把握が出来ず、最悪なことにネギにそれを知られてしまった。
束縛の魔法を受け、霊体でありながら身動きを封じられたさよ。
そして一瞬で本物の刀子に倒された朝倉は、さよと一緒に超の入っていた暗い牢屋に閉じ込められた。